L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

捨ててしまったもの

6月15日 水曜日。この日はセンターへのお迎えの日。まず引き出したのは、セッターの男の子。小柄な子らしいというお話も。収容棟の廊下で初めて会ったその子は、その通り小さな子でした。モッティくらいでしょうか。不安だったのでしょう、人恋しかったのでしょう、そして嬉しかったのでしょう。首輪をつけようと近づいた私に、尻尾を振りながら体をすりつけ、顔をなめてきました。建物の外に出て、それこそ喜びいっぱいの姿で歩...

post image

音のない鈴

3月29日(火曜)千葉県東葛飾支所より ポインターのメスがやってきました。執事さんにつれられたポインターは尻尾の先が切れ、肉が見えていました。セッター、ポインターでは、この尻尾の先が切れてしまうことはとても多く、それだけ尻尾を振っているということが分かります。エリーと名付けたポインター。年齢でいえば、8歳位ではないかと思います。初めての人、場所に少々怯えながらも性格の良さは、よく分かりました。毛はごわ...

post image

ようやく君に・・・

3月7日(月)千葉県動物愛護センターに収容されていたポインターの女の子。8日、会いに行く前にセンターに連絡をしました。     『朝きたら亡くなっていました・・・。』   間に合いませんでした・・・。この子が亡くなり、すぐに夷隅保健所へ問い合わせ収容されていた、ポインターの女の子の引取りを希望し、9日・・・富里に送られてくるこの子を夕方、トラックから降りたと同時に引き取るつもりで向うはずでした・・...

post image

急がなければ・・

3月7日期限のポインター、引き受けたいとご連絡をしました。状態は悪そうです。検疫明けまで待てないかもしれない・・。収容期限が終ったらすぐに、迎えに行くから待っていてね。部屋分けも保温もできない状態・・。頑張れ!頑張れ!待ってて、もうすぐだから!千葉市に1頭 白茶のポインター♂が収容されています。千葉市のボランティアさんより、レスキュー要請がありましたが千葉県に全部で上記の子も入れて3頭が捕獲されていま...

post image

足音

2月21日(月)どんよりと曇るちばの空・・・寒さは幾分、和らいだように感じる2月。なのに・・・    センターの中はとても冷たい空気が流れていた。収容棟に入る時、なるべく大きな音を立てずに静かに入る。サイズの合わない長靴がすれて、重くかすれた音を出す。ちょこんと座り、じっとこちらを見つめていたラブの男の子。胸が苦しくなるほど、言葉に代えることができない目で私を見つめる。 その傍らに、ビーグルの可愛い大...

post image

小さな成果

朝には一時、雪も舞ったこの日。2月9日 水曜日。私にとっては今年初めての、そして久しぶりのセンター訪問となりました。1日目の部屋で、まず目を引かれたのがこの3頭。ここで知り合った3頭なのでしょうがぴったりと寄り添ってお互いを暖めあっているかのようです。微笑ましいと 一瞬 頬が緩みかけますがすぐに切なさで胸がいっぱいになります。今日 お迎えに来たのは この子。[高画質で再生]セッター メス[広告] VPS ...

post image

ボランティアの現実

2月2日(水曜日)茨城のセンターに久しぶりに行ってきました。この日、引き出し頭数も多いので執事さんの力を借りて連れ帰ってきました。茨城のセンターに着くと、軽トラックの幌の隙間から大きなバリケンが見えました。『持ち込みだ・・・』嫌な予感が的中・・・すでに収容棟に入れられた後でしたが飼い主の姿から、大型犬かもしくは猟犬だと思っていました・・・これもまた的中・・・・1歳未満のシェパードの女の子でした。受...

post image

未来へ繋ぐために・・・

今年に入り、何頭の猟犬がセンターに収容されたのか記憶にとどめておく事さえもできなくなる・・・・茨城県のセンターに続々と入ってくるセッター・・・迷子ではないのだろうか・・・それとも・・・・悪質な放棄をなくすため、マイクロチップを必ず装着することはやはり、必要なこと!茨城県、現在以下3頭 こちらで当会にて保護予定。千葉県富里に1頭 当会保護予定昨年、頭数制限をして来たがここに来て、新しい飼い主さんとめ...

post image

2頭目のセッター

1月21日(金)千葉県のセンターに続き2頭目のセッターです。茨城のセンターから、友人Sさんの力を借りて運んで頂きました。15キロほどの女の子です。期限ギリギリ、間に合いました。とても美しい子です。もう1頭(1月27日引き出し予定)預かってくださる方が見つかり、引き受ける予定です。センターには連絡済。(※ ポインターは24日飼い主さんが見つかったとの連絡ありました)一番はお家に帰れることですが、もし迎え...

post image

愚かなハンターへ・・・

昨年12月、センターにGUNDOGが収容され、センターの先生から、ご連絡を頂いた・・・そう、命を繋げるために・・・・なのに、引き受けることができなかった。12月に開いた里親会。ご縁があれば、年内に決まる子がいる。そうしたら、先生からご連絡を頂いた子を迎えられる・・そんな中、時は待ってくれなかった・・・・1つ目のご縁が決まり、保護スペースが空いたのに・・・・。遅すぎた・・・・。そして、またGUNDOGが収容され...

post image

1本の糸

11月25日 木曜日。久しぶりに、センターへ向かいました。まず、負傷動物たちがいる部屋へ。他団体さんの記事でみた時と違い、洋服を着ていたミニチュア・ピンシャー。寒いので、職員の方が着せて下さったのでしょうか。静かに伏せていた大きめの子。子犬を守るため、私たちにずっと唸り、威嚇していたお母さん。子犬たちも、お母さんの体から離れず身を寄せ合っていました。私たちが部屋に入ってから、ずっと吠え続けていた子...

post image

赤い糸

縁が結ばれることを 『赤い糸』 という。その赤い糸は、誰が握っているのか・・。収容情報を見て、すぐに検疫をお願いしたポインター。収容されたその日のうちに、連絡をしておいた。検疫明けは25日(木)お迎えに行くと伝えていたがセンターの先生より電話があった。引き取りたい人がいると・・・。連絡の手違いがあり、セッターではなく、ポインターを引き取りたいとのことだった。何度もブログに書いているように、電話で伝...

post image

『運』

運がいい、運が悪かった・・・私達もつい、言ってしまう言葉・・・運が悪いって、でも違う。『運が悪かった・・』ではなく『運を奪った』これが正しいのかもしれない。先日、茨城県動物指導センターに行った際、引き出したポインターの横の部屋にセッターが収容されていた。ポインターの引き出しは決まっていたがセッターは、その日が収容期限切れ。引き取るか止めるか、決断しなければ明日はないかもしれない。『運』がよければ、...

post image

処分からの生還

救いたい子は沢山いるのに、タイミングやもろもろの事情で見過ごして来た猟犬達。収容情報を見るたびに、いてもたってもいられない気持ちになるけどどうすることもできずに、最終期限が過ぎ収容情報から画像が消える日を、ただ待っている・・・そんな日が続きます。里親さんが見つかった子をお届けし空いたケージに、どの子をつれてくるか、そのとき収容されている子達の中から、またさらに選んでしまう。殺処分のその日の朝、この...

post image

爪痕

10月21日 (雨)朝からうっとしい雨に降られ、気温も随分と下がっています。センターの寒い冬の訪れまで もう長くはありません。しばらく、センターからの引き出しを制限してきましたがここに来て、ご縁にも恵まれ新しい家族の元に行った子もいるので保護スペースができました。センターに残されて、引き取り手のないポインターを迎えようと即決し、車を走らせました。センターの扉をあけ、収容部屋に入りました。ぞくっとす...

個人繫殖反対します!!

前々から、感じていることですが里親希望者さんの中に、先住犬に子供を産ませたい と考えられている方が多いことに一抹の不安と寂しさを感じます。先住犬がいるのなら、今の日本のペット事情を少しはご存知のはず。TV番組でも、あれだけ大きく『殺処分』について取り上げられているのだから。個人繫殖をされる方の中に、里親として迎えた犬で繫殖をしている人がいる。里子に出す際、不妊や去勢をしていただくことがお...

post image

船橋動物指導センター

今年は蝉の声があまり聞けません。地域によっては、早くから蝉が鳴き始めた・・と言うところもあるようですが。私の地域は、昨年より半月遅れの蝉の声しかも、今ではその声も少なく・・異常気象ですね・・・。この暑さ、エアコンはフル回転。温暖化防止を考えていても、犬達のシェルターは止めることができないので、電気代もかさみますがしかたない。そんな毎日の中で、嬉しい話がありました。あの人が、あの人が帰ってきたんです!...

命を繋ぐ確実な方法

今年に入り、動物愛護センターから引き取った犬の問題行動が目立つようになった。私達の会は、毎日ボランティアが入れ替わる。このような体制の中では、問題行動の出た犬の世話は非常に厳しいものとなった。この問題行動を、動物愛護センター内で見極める方法はないものか・・・常に考えている。私達ボランティアが、動物愛護センターから引き受ける犬の条件は●攻撃性がないことこれが一番なのだが、引き出した当日はそのこともわ...

post image

大型犬の最後

先週から今週にかけて、相談電話が2件どちらも大型犬を飼う高齢者のかたからだった。1頭は、ゴールデン13歳相談内容ご主人が亡くなった後、自分ひとりになり足腰が弱くなって散歩に行けなくなった。現在、スクールに預けているが、これ以上お金が払えない。引き取ってほしい。大きな団体から、こちらを紹介されたと言っていた。本当かどうかはわからないが・・。2件目はラブラドールご主人が入院、自分だけでは世話ができない。子...

post image

赤い印

6月23日 水曜日。朝から猛烈な雨。センターへ向かう高速道路でも、ワイパーを最速にしなければ前が見えないようなところもありました。まずは、負傷動物たちがいる部屋へ。積み上げられたステンレスケージには、小さく可愛い子猫たち。みゃ~お みゃ~お と、まったりした感じで鳴く成猫も。ケージに近付くと、体をケージの格子にすり寄せ、撫でられたそうにしていました。この子は、左後ろ足を負傷しているようで、床に足が...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。