L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

タイミング



10月26日 水曜日。

検疫をお願いしていたセッターのお迎えにセンターへと向かいました。





他団体さんのブログで見ていると

骨と皮だけのようになってしまっていた 白い男の子。





収容されていた部屋を覗くと

一番廊下に近い窓のところにいますが、うなだれてじっとつっ立ったまま。


「 こっち こっちへおいで。

  一緒に帰るんだよ。

  おいで。」


思わずガラス越しに声をかけると、ぼんやりと顔をあげ

しばらくすると はっとした感じでこちらへと向かってきました。





やせすぎの体

あばらも腰骨も、わかりすぎるくらい、はっきりとわかります。








これは、2週間前の写真。

初めてこの子に会った時に撮影したものです。

初めて会った日
全身

スマートな子ではありましたが

2週間で、こんなにもひどく痩せてしまったなんて。









2週間前もそうでしたが

この日も尻尾を下げたまま、ただただこちらにじっと身を寄せてきます。

収容棟の廊下では、怯え、どことなく元気がないようにも見えましたが

外へと連れ出すと鳥の声に耳をすませ、落ち葉の匂いを嗅ぎ

だんだんと目も生き生きとしてきました。




『 ヴォイス 』

これから体力をつけ、体重の増加を計っていかねばなりません。














もう1頭、気にしていた子。

以前センターの方から引き取りを打診され、一度収容棟の廊下に出して頂き様子見をしたセッターの男の子。





もう一度。

今度は外に連れ出して様子をみます。






お外で

新たに首に着けたハーフチョークで合図を送ると、良く反応するようです。



寄り添う

リードを持つ金子さんに寄り添うこの子。





全身

引き受け先がなかなか決まらない中、かなりの時間をセンターで過ごしてきましたが

しっかりとお肉もついた状態で、態度も落ち着いています。






2週間前

初めて会ったこの子は、

人が側にいても、あまり関心を示さないかのように見えました。

自分が人に寄りたかったら、好きなように寄ってくるのでしょうが

声をかけても、こちらを向く事も無く。

一緒に廊下を歩く金子さんから体を離し、身をそらす感じで落ち着きなく歩を進めていました。

時折見せる、目の表情や体の動きなどから

お世話する人が代わる代わる出入りするシェルターでの生活は、

この子にとってはストレスになるのではないか、

それが高じて問題へと変わっていくのではないかと

その時は申し出をお断りしたという経緯があります。






この日の彼は、あの時とは違いました。

夕陽を背に

一時、リードを持った私の足に頭をつけて甘えてきました。

そっと頭を撫でると、嬉しそうに尻尾を振っていました。

目をみつめてということはありませんでしたが

気持ちがこちらに向いているように感じ取れました。

金子さんと歩く際も

前回とはだいぶ態度が変わっていたそうです。






ボンさんと



「 今日 このまま一緒に連れて帰ろう。」




『 ソング 』

バリケンへも素直に入り

すぐに伏せて大人しくしていました。





どちらも帰りの車の中で、声を出す事なくずっと静かにしていました。


2頭ともパルボは陰性でした。

ですが、どちらもひどい下痢をしています。




これから注意深いケアが必要です。









      犬の見極めの難しさを、またもや痛感したこの日。

      その子を見る時期、そしてタイミング。

      そんなある種の ” 運 ” も大きく作用してしまうのでしょうか。

      センターで生きのびるチャンスが与えられる時間は、とても短いというのに。


      
      わかってはいるのですが

      わかっているつもりではいるのですが

      やはり心が痛みます。




                       桃金






にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村







こちらのランキングへも

いずれか一押し お願い致します。

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

ぴろおかさま

ぴろおかさま

ヴォイスのことを気にかけて下さいましてありがとうございます。
とても穏やかで、甘えん坊で、可愛らしい子ですよ。
いつも人のことをケージの中から見つめています。
一途でまっすぐな瞳を向けてくれるヴォイス。
必ずや幸せになれる子です。


動物達の命と向き合えない人たちというのは、
同じ人間として悲しいことですが、とても多いのですね。
それに翻弄されて辛く苦しい思いをしている動物達に
自分が出来る事をしていきたい、そう思います。
場所は違えど、ぴろおかさまのように心を同じくして下さる方がいらっしゃることは、本当に励みになります。
コメントありがとうございました。


ぴろおかさまも保護犬と暮らしていらっしゃるのですね。
ありがとうございます。
そのワンちゃんも、きっときっと幸せになれますように。

初めてコメントさせていただきます。
「お散歩いっくよ~」のブログから
こちらを知りました。

先日、他の団体さんのHPで
ヴォイスの姿を見ていました。
沢山の子がいるけれど
あぁ、どなたか、この子を助けて!
と祈っていました。

ヴォイスを助けてくださって
本当にありがとうございました。

どうか彼が幸せになれるように。

追伸:我が家にも今保護犬がいます。
彼も幸せになってもらいたい
そう思って日々過ごしております。
とてもいい子です。
どうして捨ててしまうんでしょう。
人間の勝手さに腹立たしく思います。
沢山の人に保護犬の事を知ってもらいたい
保護のボランティアが必要なくなる世にしたいです!

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。