L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

飼い主現れず・・・

毎日開くセンター情報。

このところ、開くたびに猟犬たちが収容され
ため息ばかりがでてしまう・・・。

こんなこと、あっていいのか・・・
家庭犬だとしても、猟犬だとしても

飼い主が探していないなんて・・・
探す方法も知らないなんて・・・

捨てた???


そんなことってあり?



先日、CACIのボランティアさん、私も含め
3人でそれぞれ犬を保護。

3頭保護し、飼い主が見つかったのは1頭だけ。

私が保護した栗太郎(MIX)は全く連絡なし、手がかりなし。
そして、先週保護したのは、ダックスの女の子。

探す人は必死で捜すはず。
たった1時間いなくなったって、血眼で捜すはず・・。

警察署にも、保健所にも届け出てるのに
もう1週間を過ぎようとしている。


このダックスは、腰に咬まれ傷があり
動けずにいるところを保護。

今はボランティアさんのお家で飼い主を待っている。






もし、飼い主が見つかったら?

返す価値のある飼い主なのだろうか・・・・・

保護ダックス


犬にとったら、どんなバカな飼い主でも
一番なんだとわかってはいるが

このまま飼い主が見つからないほうが・・・
むしろその方がいいと思えたりする・・・


時が経てば経つほど、その気持ちがどんどん強くなる。


怪我が早く良くなるといいけど・・。






にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村







こちらのランキングへも

いずれか一押し お願い致します。

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • ボン
  • URL
yumeko様

おはようございます。
またしても、またまたしても・・なかんじです。
4頭出せば、次にまた入っている・・・
もう、言葉もありません・・。

置き場があっても人手・・人手があっても置き場・・
上手くいかないものです。

救い出すのならと、天秤にかけられる犬達は
なんなんでしょう・・。
具合の悪い子はやめて、元気なほうを・・・
自分の心をしっかり持っていなくては
どうにかなりそうです。

ダックスの飼い主も現れません。
ワイヤーとか言う犬種だそうで
病院の先生からも可愛い子だと
言っていただけましたが、飼い主捨てたんでしょうかね・・
命って、何のために産まされ売られているのでしょうか。
生体販売は本当にきぼしい規制が必要ですね。
個人で生ませることもしかりですが。

  • ボン
  • URL
えびし様

えびし様
遠くカナダから・・・本当にありがとうございます。

日本人が買って捨てていった?
とんでもない話ですね。
日本のみならず海外にまでいましたか・・。
日本の収容所も様変わりし、20年前はほとんどMIX犬でしたが
今では、純血種の多いこと・・・
その中でも猟犬は、家庭犬に向いていることも知られず
殺処分対象でした。
今は、多くのボランティアさんたちのおかげで
猟犬も救い出されていますが、それでも
積極的に・・と言うわけではありません。

カナダでの活動や行政のこと、是非教えてくださいね。
リンク、ありがとうございます。
私達も限られた中での活動ゆえ、
大きな事もできないのですが、それでも
猟犬たちのために、自分が縁あって保護することたちのために
頑張って行きたいと思います。
えびし様も頑張ってください!
本当にありがとうございます。

  • えびし
  • URL
リンクを貼らせて頂きました

まだ開始して1月もたっていないブログですが、1人でも2人でも目に留まっていただければ、と思いこちらのリンクを貼らせて頂きましたので、御了承下さい。
私はカナダ在住で、もともと日本人女性が「買って捨てていった」珍犬と暮らしています。

こちらでも、犬を飼うための良い環境があるにも関わらず、狩猟犬のエネルギーをもてあます、というケースが非常に多く、私のサポートするレスキュー団体でも里親探しの多くがジャーマンショトヘアーポインター等の狩猟犬です。
頭のいい子達で、良い飼い主さんに出会えればすぐに開花できる子達ばかり。
レスキュー団体までたどりつけず、シェルターで順番待ちの子の事を考えると、本当に自分の無力さを感じます。
私は金子さんたち程の事はできませんが、遠く離れたカナダで、里親・フォスター(一時預かり)等、自分にできる事を、地道にしていますので、金子さんも、今後もどうぞがんばって下さい。尊敬を込めて。心から応援しています。

ほんとにひどい話ですね・・・

私も同感です・・・
センター情報を開く度に、セッターの姿が・・・ガックリしてしまいます。
ボンさんたちの活動が喜びとともにあっていいはずなのに、一方でこういう状況に胸を痛めている・・・何とかならないものでしょうか。
猟をするための犬を飼うことに、もっと規制が出来ないものなのででしょうか。
あまりにも身勝手な話です。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。