センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよなら・・・
収容情報にでた日、すぐさまセンターへ連絡し
飼い主が現れない場合、私のほうで引き受けたいとお伝えした。


センターの職員の方から


『かなり痩せていて、立ち上がれません。立てないようですがいいですか?』と・・。




『ならば、すぐに治療してあげたいので、一旦預かれないですか?』とお願いしたのですが
やはり、収容期限までは、このままセンターにと言うことで引き取りはできませんでした。

こんな話も過去何回もしています。


収容場所によっては、そのセンターの職員の方が
自腹を切り、薬を投薬してくださったり、できうる限りの手を尽くしてくださる。

もし、飼い主が見つかっても、死んでしまったら何もならない。

決りがあるのなら、センター内での治療をしてほしい。
ましてや、引き受け先があるのなら 尚更に・・・


sa110722-032011年7月22日 2011年7月28日 山武市小池 セッター 白 メス 中 なし



もし、立てなくて本当に手がかかって誰も里親さんがいないのなら
私の子としてお世話してもかまわない。


そう思えたこの子の目・・・・




残念ながら、昨日の午後 亡くなってしまった。


  どれほどの苦しさだったのだろう・・・



   なぜ、日々繰り返されるのだろう。

毎日、沢山の動物達が苦しんで、死んでいくのに

人間はなにを学んでいるのだろう・・・


犬と暮らすことは人間の道楽と言った人がいる。
それが、保護犬を里子に迎えることだとしても・・。



この子達は、その人間の道楽のために犠牲になっているのだ。



せめて、里親になってくれる人には、道楽ではなく
この子達の命をつなげるために自分にできることの一つとして
『伴に暮らす』と思ってくださる方がいい。


確かに道楽・・
犬を飼うことが趣味・・・



道楽のために、人間の趣味のために私達は活動していない。

この子達を助けたい、ただそれだけ・・・。


今度こそ、幸せになってもらいたいと願っているだけ・・・




それだけだ・・。




ボン



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村







こちらのランキングへも

いずれか一押し お願い致します。

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ









スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


この子、亡くなってしまったのですか。。月曜のセンターレポで見た時、異常に痩せているように思えて。規則、規則って。緊急事態、時と場合によって対応出来ないのはおかしいです。所詮動物だから?人間だったらどうなんでしょう。助かる命も助けられないなんて悲しすぎます。悔しいです。
りりまむ | URL | 2011/07/27/Wed 15:45 [EDIT]
ご無沙汰しております。
日々、拝見しているブログには緊迫感があり、胸が痛くなります。
ペットショップでの仔犬の購入や知人からの仔犬の紹介などを断りつつ、金子様の更新される情報を拝見しております。
気持ちは既に決まっており、ご縁があればどの子でも、馬と一緒に暮らせる太っ腹な気立ての犬であれば、私を選んでくれる心の広い犬であれば神様が引き合わせてくれると信じております。
この気持ちを励みに通勤しています。
まだ準備段階ですが、あまりに心痛み書き込みました。
暑いですがどうぞお元気で。
応援しております。
okano | URL | 2011/07/27/Wed 22:33 [EDIT]
苦しい・・・

言葉がでてきません。

確か27日が期限だった子と覚えています。

何を思い逝ったのか、、、

ごめんなさいと謝る事しかできないです。
Noah | URL | 2011/07/28/Thu 12:36 [EDIT]
りりまむ様
りりまむ様、いつもコメントありがとうございます。
センターの温度差、職員の熱意、全く違います。
かかった金額も、飼い主が見つかった場合
請求しない、そこまで言ってもだめでした。

緊急事態ですよね、命にかかわる・・・
こういうときこそ、ボランティアとの連携って必要なことだと思います。
これじゃ、放置・・・
期限切れまで苦しむ子が多すぎますよね・・。
ボン | URL | 2011/07/28/Thu 13:43 [EDIT]
okano様
先日は、ありがとうございました。
世の中には、沢山不幸な子がいますよね。
でもその不幸だった子達が、大切な家族として
伴に暮らせる人と巡り会える。
きっとokanoさんも巡り会えます。
私もその時がくることを心から願います。
コメントありがとうございます!
ボン | URL | 2011/07/28/Thu 13:47 [EDIT]
Noah さん
足の毛を見ても歩いていないこのようですね。
もしかしたら、ずっと半身が動かなかったのかもしれません。
救いたかったな・・・
みんなで愛情一杯、お世話したかったよね・・。
ボン | URL | 2011/07/28/Thu 13:54 [EDIT]
犬を飼うことが道楽だなんて・・・かんがえられません。家族と同じで、私ががんのうたがいがあると言われた時、主人に 思わず娘は、人間だから皆が大事にしてくれるけれど、ベリー、サリーをくれぐれも大事にしてほしいと言いました。今では笑い話のようになっていますが、それほど大事です。でも大事な存在を橋渡ししていただいた、ボランティアの方々に感謝です。辛い想いをいっぱいなさっていますね。どうぞご自愛ください。またフリマにもお邪魔させていただきます。
ベリーサリーママ | URL | 2011/08/01/Mon 23:05 [EDIT]
ベリー&サリーママさま
ママ、いつも応援ありがとうございます。

動物達は、時に人を支え生きる力を与えてくれますよね。
ママの辛い時、保護犬であった子達が
支えてくれたこと、本当に良かった、そして
ワンズに感謝の気持ちで一杯です。
私達は今回の体験を忘れることなく
前進します!傷口はふさぐことができませんが
そうであるからこそ、慎重にそして強い心で
これからも活動して行きます。
お言葉に感謝します!
ボン | URL | 2011/08/10/Wed 22:31 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。