L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

爪痕

10月21日 (雨)

朝からうっとしい雨に降られ、気温も随分と下がっています。
センターの寒い冬の訪れまで もう長くはありません。


しばらく、センターからの引き出しを制限してきましたが
ここに来て、ご縁にも恵まれ新しい家族の元に行った子もいるので
保護スペースができました。


センターに残されて、引き取り手のないポインターを
迎えようと即決し、車を走らせました。







センターの扉をあけ、収容部屋に入りました。




ぞくっとするような冷ややかな空気・・・・・






温度は下がっています。
コンクリートの冷たさが、犬達の、猫達の体にも
影響していました・・・・





00110月21日センターにて
0022ヵ月半~3ヶ月の子猫
003子猫21日
006子猫21日
00521日子猫


小さな子猫たち・・・
2匹なら、暖めあえる・・

でも1匹の子は、ただうずくまっていました。


子猫にとっての保温は必要です。

この日、センターに来ていた満月さんが
『この子、ずっとここにいるから・・』と1ヶ月も長居していた
上記画像の白子猫ちゃんを保護してくださいました。

満月さんは、前にも長居していたMIXのわんちゃんを保護してくださっています。
いつもありがとうございます。
   クリック!

満月さんのセンターレポこちらも是非!



同じ部屋には、ミニピン、ダックス、パピオン、イタグレ
純血種のオンパレードです。


こんなに可愛いこの子達は、一体どうしてここにいるのか・・・。

012ミニピン21日
013小型犬 21日
024イタグレ21日
025ダックス21日
026 21日
016ダックス21日

気温が下がればきっとこの子達も
生き延びることは難しくなってきます・・・

毛布を敷いても、それでも冷蔵庫のような寒さは
しのげなくなります。

せめて・・・毛布だけでも・・・・


一生懸命、この子達のために毛布を集めてくれる
ボランティアさんたち。



でも、みんなの願いはここに収容されないこと!








部屋を出ると、目の前は収容1日目の部屋・・・・

02821日



黒い子犬ちゃん、首には赤い紐がついています。
譲渡用になっている子犬ちゃんですが、元気がなく下を向いていました・・・

029MIXの子犬21日

まだ若くあどけない犬達が 沢山いました。


031収容犬 21日



クロラブちゃんが、しきりに吠えていました。

033ポインターのいた部屋


その声におびえるように、隅の方で震えていたポインター。

君を迎えに来たんだよ、もう少しだから待っててね・・・

035ポインターオス21日


隣の部屋には、老犬たちが・・・
右の壁にいる子は、腰が痛いのか座る事もなく、腰を落とした状態で動かずにいました。

首には古いクサリがちぎれてついていました。

036MIX老犬たち21日

振り向いた大振りの老犬の顔には、あきらめが伺えるようでした。

085老犬 2010


疲れているのか、起き上がることもなく寝ている子。

087  MIX10月21日2010

私の姿に気づいて寄ってきてくれた白い子の首には
新しい首輪がついていました。

保護した人がつけたのか、それとも飼い主がつけてくれたのか・・・

0922010 10月21日 





子犬部屋・・・・

   驚きました。


この部屋に、なんと子犬が30頭・・

この子達は、新しい飼い主さんと巡り会うために
ここで頑張っています。

056子犬収容部屋
05410月21日
061子犬10月21日2010
057子犬20102月10日
058子犬10月21日2010-1



チワワ、パグちゃんも同じ部屋に

059パグ10月21日

クリッとした目が印象的な子でした。

070チワワ





21日の最終部屋・・・


部屋を覗いたとたん、目に飛び込んで来た小さなダックス。

真っ直ぐにこちらを見つめていました。

050最終部屋のダックス10月21日


05210月21日最終部屋
04610月21日最終部屋
044最終部屋



この日が最後だったのかもしれない・・・

もしかしたら、まだ生きているのかもしれない・・・・

051最終部屋10月21日



あなたが犬を飼うとしたら どんな子がいいですか?

MIX?それとも純血種?


犬種にこだわりはありますか?


その犬種を選ぶ理由はなんですか?



ここには、純血種も
白い子、黒い子、茶色い子も沢山います。




この子達は、自分からここに来たのではありません。


ここに来る理由はただ一つ・・・

身勝手な人間のために来たのです。




犬と暮らしたい
猫と暮らしたいと思ってくださるのなら

センター(保健所)から迎えることも考えてみてください。

沢山の子が出会いもなく命を奪われています。



よく画像をみてください。

どの子も、年老いていても、きれいな澄んだ瞳だと思いませんか。


センターでは、里親会を開催しています。
詳しくはセンターのHP左リンクからご確認ください。















無数に重なり合う、壁に窓に刻まれた 爪痕・・・・

悲しみ苦しみ 助けを求めてつけたであろう爪痕・・・・


こんなに上のほうまで・・・




収容部屋の全ての壁に窓に、無数の夥しい傷跡が、


彼らの最後の悲しみが

          深く、ふかく、刻まれています・・・。

042最終部屋10月21日



 


皆様にお願いです。

日々頑張っている保護活動ですが、多くのボランティアは財源が不足しています。
そのために、救いたくても救えないのが現状です。


このプロジェクトは、そんなボランティアに支援するためのものです。
CDを購入して頂くと、その収益の一部がボランティアさんに寄付されます。

『まだ間にあうから』小さな命を救うプロジェクト

こういうプロジェクトを立ち上げてくださったこに感謝しています。


そして、この歌を多くの皆様に聞いていただきたいと思います。
動物達の声が、きっとあなたの心に届くはずです。




このプロジェクトのリンクはフリーとなっています。
CDは 1000円(切手代80円)
1080円となります。

お申し込みは上記サイトにて。
ご協力、よろしくお願いいたいます。

    CACI 代表 金子理絵(ボン)






この日迎えたポインターは、骨格異常でした。
昨年、引き出した、同じ色のポインターも、同じ場所が異常でした。

108 新入りポインター
107  ポインターオス 10月21日2010
109骨格異常

BOYと言う名のポインターでした。
大病と闘い燃え尽きました・・・。






ランキングに参加しています。
現状を広めるためにご協力お願いします。

いずれか一つ一押しお願い致します。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



こちらのランキングにも参加しております。
いずれか一つ一押しお願い致します。

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comment

ダックス

おはようございます。
捕獲されたり、持ち込まれると、まずは最終部屋に入れられることが多く
そこから、部屋わけされることがあります。
ダックスちゃん、チャンスを掴んでることを祈ります。
他の子にも、チャンスが訪れることをいつも願っています。

  • URL

最終日のダックスどうにもならないのですか?
検疫に回されてるダックスもいるのにあの子は最終日…何の違いがあるんだろう
せつないですね

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。