L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

聞きたいこと







5月28日 金曜日。

快晴。

久しぶりにセンターを訪れました。







まずは、子犬たちの居る犬舎へ。






子犬舎 1



子犬舎 2



子犬舎 3


あどけない表情で見つめてくれる、可愛らしい子たち。





子犬舎 4

ちょっと、こわいかな?

何もしないよ。





子犬舎 5


私達のいるドアに近寄ってきていましたが、外から何か音が聞こえてきたので

興味はそちらへ移ってしまったようです。









あれ?

6

なぜ、そんな位置にあなたのお顔があるのでしょう。




塀の上

仕切りの壁の上に立ち、得意げにこちらを見ていました。














収容棟内に入ります。

担当の先生がお忙しかったため、私達だけで見学させて頂くことに。





まずは、負傷動物等がいる鑑定室へ。






ステンレス製のケージが置かれ、子猫たちが入っていました。

鑑定室 ケージ


子猫 1


子猫 2


子猫 3

まだ小さな子たちです。

ここにいた子たちは、大体同じくらいの体格でした。






同じ部屋にいたこの子。

人の姿を見つけ、とても嬉しいのでしょう。


ぴょーんぴょーんと、かなりの高さまで跳ぶ、垂直跳びを披露してくれました。

鑑定室 ジャンプする子

でも、床は固いし、濡れていたら危ないから、

ほどほどにしてね。





鑑定室 白い子

この子も、後ろ足で立ち上がり、必死にアピールしていました。

毛が伸び、かわいいであろうお顔をはっきりと確認する事は出来ませんでした。





1日目の部屋には2頭。






2日目の部屋にいる子たちも2頭




2日目 茶色の子

ぽちゃっとした体を起こし、こちらを向いてくれました。







この日、3日目の部屋にいた子たちの数が、一番多いでした。




3日目 1

じっと見つめる子。




3日目 2

動かずに、視線を投げ掛ける子。



3日目 黒柴の子

フードの上に寝ていた子にどいてもらい、

のんびりとお食事している子も。




3日目 ゴールデンMix?

部屋の隅からただ見つめる子。









4日目の部屋には、誰もいませんでした。










大きなステンレスケージが置かれた部屋。

子犬たちが2、3頭ずつ入っていました。





それぞれのケージで、みな体を寄せ合いくっついてました。


子犬ケージ 1





子犬ケージ 2





子犬ケージ 3





子犬ケージ 4


このように見上げて撮影せねばならぬほど、上の空間を利用してケージを設置してあります。

そうすることで、検疫を受けられる子が少しでも増えるのですね。




子犬ケージ 5





子犬ケージ 6





子犬ケージ 7





子犬ケージ 8





子犬ケージ 9


子犬ケージ 10


大部屋ではなく、ここにいるからといって

皆が皆、検疫期間を乗り切れる訳ではありません。


無事に子犬犬舎へ移れますように。





同じ部屋の別のケージには小型犬。



鑑定室 ヨーキー




鑑定室 2


もの静かにまっすぐ見つめる子たちでした。








別の鑑定室でも、検疫中の子たち。






鑑定室 セター

先日、こちらで引き出したPINOくんと同時期に収容されていたセッター。


一般の方がお声を掛けて下さったそうです。


良かったね。






鑑定室 2

あなたも、


鑑定室 3

あなたも、



鑑定室 ポメラニアン

そしてあなたも、無事にここから出られるといい。

















最終部屋。

2頭いました。




最終部屋 黒い子

伏せていたのに、立ち上がって近寄ってきてくれた子。




最終部屋 茶色の子

誰に言われた訳でもないのに、

ずっとお利口におすわりしたままの子。



2頭とも、なんて可愛らしい。

なんて、切ない・・・。

















この日、センターに来たのは、この子のお迎えのため。




金子さんの姿を見つけるや、ガラス越しにご挨拶。


セッター 1



綺麗な顔立ちの、やや大きめの子です。

セッター 2






お外へは、実に元気よく飛び出しました。


体や動きに、まだまだ幼さが感じられるところも。


セッター 3





一緒に見学した、智美トレーナーに促され、

お利口におすわり。




セッター 4

素直な性格のようです。

人のことも大好きな感じ。











フォワードくん。


フォワード


病院では2歳くらいでは?と言われた

イングリッシュ・セッターの男の子です。


























フォワードを引き出す前に、見学した猫の鑑定室。



そこには負傷動物たちの部屋のステンレスケージの中にいた子たちと同じくらいの子が一頭だけ。


小さいのに、近付くと必死に威嚇してきます。


それ以上興奮させないようにと、部屋を出ようとしたところ、

先程から感じている違和感の正体が・・・。








一頭しか見えない部屋の中で、

何かがかさこそと動く気配。

そして、今度ははっきりとした声。










え?

どこ?











それは、入口近くに置いてあった箱からでした。



















子猫たち 1










段ボールの中に、十数頭でしょうか?

片隅に折り重なって丸まっています。

下敷きになっている子は、ちゃんと息ができているのでしょうか。


















携帯電話を買った時に、本体が入っている箱。

大きさを想像して頂けますか。





その箱の中には、まだ目が開いていない6~7頭の子たち。











子猫たち 3


















そして、コピー用紙が入っていた箱には














子猫たち 2



まだ、体が濡れた状態で、みーみーと、か弱く鳴くちいさなちいさな子たち。























この子たちが、どのような経緯でセンターにいたのかは、わかりません。






持ち込まれたのか、捨てられたのか、捕獲されたのか。













この子たちを箱に入れた人がいる。


おそらく一般の人。










そんな人たちにおたずねしたい。








その時、どんな気持ちだったのかと。
















箱に入れる時、その手に感じられませんでしたか?








この子たちの体の重み。


この子たちの体のぬくもり。


そしてこの子たちの命の重み。








鳴き声に心は動かされませんでしたか?



この声を聞き続けながら、次々と箱に入れたのですか?
















なんともなかったのですか?



あなたの心は、なんにも感じなかったのですか?





かわいそうだなんて、これっぽっちも思わなかったですか?



仕方が無い、ただそれだけですか?











      この必死に生きる小さな命、無くなっても別に構わない、



        

               本当にそう思ってこの箱のふたを閉じたのですか?






















                 私にはわかりません。



























午後から子犬の譲渡会が開催されていました。

その場を取り仕切る、担当の先生に帰りのご挨拶をしに、また子犬犬舎へ。






譲渡会 1

残念ながら、この子たちには、この日ご縁は無かったようです。



でも、譲渡会は今回だけじゃないんだからね。

きっと、素敵な家族が君たちをお迎えにきてくれるよ。







この子は、新しい家族と巡り会えたようです。


譲渡会 2


良かったね。

幸せに、きっと幸せに。


あなたも、新しい家族もね。











                                   桃金
スポンサーサイト

Comment

チャチャままさま

こんばんは、チャチャままさま。


そうなんですか?
あの子の預かりママさまでいらっしゃるんですか?

外から子犬犬舎を覗いていた時は、ちゃんと床にいたのに
私達が中に入ろうとすると、あの仕切りの壁の上に上り、
出迎えてくれました。
元気があって、とても可愛い子ですものね。
きっと良いご縁がある事でしょう。

さまざまな思いをなさりながらも、
預かった子たちを本当の御家族のもとへ送り出すことに
幸せを感じて下さる、チャチャままさまたちのような預かりさんの存在は、また、大きな力です。
そうしてセンターの子たちを迎え入れて下さることで、
また一つの命が、更に繋がるのですから・・・。
本当に本当にありがとうございます。


嬉しいご報告、とても励みになりました。
コメント、ありがとうございました。


チャチャくんの足、早くよくなりますように・・・。

  • チャチャまま
  • URL
いつもお邪魔しています

桃金 様

初めまして
「ちばわん」にて預かりをしておりますチャチャままと申します。
先日のセンターの子犬舎にて、仕切りの上に乗っていた月齢のいった子犬を
今日より預かります。
桃金様や執事様のような事はできませんが、私なりに少しでもワンコ達の「命」を救えたら・・・・・
とセンターの様子を画面で見るたび思っています。
「引き出す子・預かる子がいなくて寂しい~」と言える日が早く来る事を願ってやみません。

チャチャまま より

ちじゅさま

こんばんは、ちじゅさま。

こうしてちじゅさまのお気持ちを、言葉になさったことで
いつかは・・・という思いを新たにされたのではないでしょうか?

悲しいかな、千葉だけでなく全国で辛い目にあっている動物たちはたくさんいます。
北海道にも動物の収容センターがございますよね。
保護活動なさっていらっしゃる団体さん、個人の方も
たくさんいらっしゃると思います。

ちじゅさまより年齢が上の方でも、仕事をなさっている方でも、里親様として名乗りをあげて下さり、幸せに暮らす方もいらっしゃいます。


人間に様々な事情があるように。
犬たちにも様々な子たちがいます。


お散歩時に引きが少ない子は当然いますし、
お留守番が大丈夫な子だって、もちろんいるでしょう。
子犬だけでなく、成犬だって、老犬だって
立派に家族の一員となれます。


犬と、猫と、動物たちと暮らすということ、
ましてや、一度ならずとも地獄を見た子たちの心をまるごと受け止めるからには、本当にしっかりとした覚悟が必要かと思います。
でも、その覚悟とは
その子の命が尽きるまで、共に暮らし、その子の事を想い、大切に慈しみ、愛し続けることであって、本当に動物を大切にする人たちにしてみたら、
ごくごく当たり前のことでもあると思うのです。



ちじゅさまは、犬のための良い環境について、
ご自身と向き合い、そして考えようとなさって下さるのですね。



いつの日か、ちじゅさまのもとで
願わくばセンターからの子が笑って暮らしていてくれますように・・・。


コメント、本当にありがとうございました。

こんにちは
心痛めて読んでるのは私だけではありませんが、何も出来ないからと何もしないで落ち込んでる私。情けないです。
引き出し希望です!
希望犬種はゴールデン
こう叫べたらどんなにいいか 私の方にいろいろ問題があります。場所は北海道と遠いです。57歳です。フルで働いてます。娘は一緒にいますが、やはり働いているので留守にする時間が4~5時間あります。 しかし、あんなところに居るよりうちにいるほうが、ひとりでもうちにいるほうがどれだけいいか!夜は一緒だし、休みの日は朝から晩までいっしょだし。
こんな考え方って安易でしょうか?誰かに聞いてもらいたくて書いてしまいました。 そんな戯言をとお思いでしたらスルーしてください。お忙しいのに申し訳ございません。
私のこの2本しかない手でどうやったらあの子達を抱けるのか考えていきたいと思います。。。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。