L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

犬種分け

5月19日(水)

セッターの♀を引き取りに、センターに行ってきました。

00222年5月19日

静かに寝ているセッターの子2頭。

引き受けたのは、左側の赤い紐がついている子。





可愛いラブ風のこにも赤い紐が。

譲渡22年5月19日




次の部屋を見て ビックリした。

譲渡が決まっている子も、この中に・・。


正直な感想・・詰め込みすぎ。

小さな子犬にちょっかいを出し、ご飯が食べられない。

餌箱は1箇所、一つのみ。


無駄な喧嘩はさせたくないものだ。

0012日目 22年5月19日 





1日目の部屋に収容されていた セッターがガラス窓に近づいて来た。

職員の先生が 『金子さん、この子もですよね?』と言われ

『この子は違います。まだ声をかけていません』と伝えた。

034セッター22年5月19日


真っ直ぐな瞳で見つめないで・・・

あぁ・・・どうしたら・・・

吹っ切るように、引き出しの子をつれてきてもらうことにした。








3日目の部屋には、老犬と子犬が・・。

老犬は、ちょっとの隙間でもでてしまう。


逃げようとするのではなく、前に前にと進むことがあり

迷子になってしまうようだ。



この子は、逃げてしまったのか、それとも捨てられたのか・・・・


悲しい光景だ・・・

03922年5月19日水曜日 収容部屋



最終部屋にはゴールデン。


耳の横には大きな毛玉が垂れ下がっている。


どうして、どうして、こんなことをするのか。


なぜ、世話もろくに出来ず、首輪も合うものをつけないのか。


可愛がりもしないのなら、最初から飼うんじゃない!


[広告] VPS




この日、引き出した子たち。


セッターと思っていたが、小さなブリタニーの男の子だった。

足が骨折しているとのこと。


帰りに病院へ直行だ。



02122年 5月19日引き出し


★PINO君 オス 少し高齢?

026骨折ブリタニー ♂ 22年5月19日引き出し






メスのセッター2頭



05322年5月19日引き出し ♀セッター

05522年5月19日 引き出し



ではなく、同一犬。


右左でみると、全くの別犬に見えるが




正面から見ると こんな子。

可愛いお顔とまん丸な目。

とても素直な性格の子。

05822年5月19日 引き出し ♀




帰り際、センターの職員の方が

『あのセッターどうします?』と聞いてきた。



しばし無言になり


『引き受けます。誰もいないようなら・・』と伝えた。




嫌な言葉だ。


『誰もいないようなら』なんて。




はっきり引き受けますと言えない、今の状況。



もっと、私達のシェルターに手伝いに来てくれる人がいたのなら

『この子も引き受けます!』と言えるのに・・・。





この日、職員の先生にお願いしたこと。


■犬種別データの作成

いまや、TVでは仕分け仕分けと連日報道。


しかしこの仕分けが必要なのは、人間の世界だけではない。



ブリードレスキューをする上ではとても大事な情報であり

またセンター、管理事務所など、その自治体、地域でどの犬種が多くでているのかを

知ることは、ブリーダー、犬舎、 狩人 一般 などに 啓蒙することが出来る。



もっと細かく分ければ、オス、メスの犬種別データ。



一部の自治体では、犬種分け作業を行っている所もある。



細かく分類できなくても、大まかな(かなり大まか過ぎだが、スルーしてください)
わからない方のみ、ざっと読んでみて下さい。


★鳥猟犬系

★大型和犬

★大型洋犬

★中型MIX

★柴系

★小型


くらいは出来るような気がするが、いかがなものだろうか。



この先、センターとの連携を取るためにも、是非この

犬種による分類を実現してほしいと思っている。



各自治体でこの犬種別データがでたなら

一体猟犬は、1年間で何頭収容されたのかが、はっきりする。





また、大型犬ラブラドールの収容頭数は本当に多すぎる。



毎回、本当に胸が痛む。


穏やかなあの目、垂れ下がった愛らしいハミ。


体全体で、喜びを表す天才!



そんな彼らが、沢山収容される千葉県は、本当におかしすぎる。


どこでこんなに増えているのか。


皆さんもそう感じていますよね。。
スポンサーサイト

Comment

Nara-wanさま

Nara-wanさま、コメントありがとうございます。

頂戴したコメントを拝見して、私のほうこそ気持ちを奮い立たせて頂きました。
ご自身の進まれる方向を転換しての新しい生活。
勇気あるご決断のもと、前に進んでいらっしゃるNara-wanさまの行動力に、大きな拍手を送りたい思いです。


新しく保護した子のケージを入れるスペースが無かったり、
現・お散歩隊での人数では、世話出来る頭数にも限度があったりと、
人間の側の都合等でしばらく引き出せない状況が続きました。
その間にも、ただ手をこまねいて見送らざるを得なかった子たちの事を思うと、心苦しい日々を過ごしてきました。
でも、皆で考え、そして話し合い、
少しづつですが、また引き出しを行っています。


お散歩隊として参加して頂ければ
預かりとして手を挙げて頂ければ
ご寄付、フリマ物資の提供など資金面でのご協力が頂ければ
そして何より、里親さまとして名乗りを上げて頂ければ
救える命がひとつでも増えるのです。
いつかNara-wanさまのもとで預かって頂ける日も。
犬たちの事を想い、一緒に頑張っていらっしゃる方の存在は
私達にとっても、それこそ励みになります。

同じ想いを共有できるのは、
Nara-wanさまのもとで幸せに暮らしたアイリッシュちゃんのお陰ですね。
私も、100歩も1000歩も100000歩も前を走っている
ボンさんの背中との距離を縮めていけるよう、
場所は違えどNara-wanさまに負けないよう、頑張って参ります。
どうぞお体にお気をつけてお過ごし下さい。



  • Nara-wan
  • URL

ずぅ~と昔、アイリッシュを亡くしてペットロス寸前でサニー君の里親立候補の相談をして桃金さんがお電話を下さって以来・・・1年半くらいかな。引取りを再開されてたのですね。時間も経費も人手もご苦労は計り知れないでしょう。。。何も出来なくて情けなくまた焦りも感じます。しかし桃金さんのお電話で生の声でお話し頂き私の人生が変わりました。会社を辞めて今はドッグセラピーの団体に所属し9頭の犬と生活しています。残念ながら保護犬では無いし団体では繁殖もしています(本当に残念ですが)。経済的な事情もあり今の団体に所属することがるベストな選択でした。今は犬のしつけ、扱いなど勉強中です。まずは多頭OKの子限定になりますが預かれるようになるのが目標です。保護活動に否定的な団体なのでいつかは独立を考えてます。しかし少しづつ殺処分・繁殖屋の実態などを伝えていくことくらいは出来るようになりました。あの時桃金さんの力強く心のこもった声に動かされ20年の会社員生活に終止符を打ちとにかく犬に関わろうという第1歩を踏み出して1年になります。40歳過ぎて脱サラチャレンジです。しつけや世話、収入減少などしょっちゅうつまづいて凹みます。でもこのブログを見ると早くこの子達を預かれるようにならなきゃと立ち上がる力が湧いてきます。直接的な保護活動までは回り道ですが以前のようにただ犬を飼うだけで満たされなくなりました。自分の犬が目の前ですやすや寝てる姿が多くの命の犠牲の上にあると思うからです。久々にこのブログが更新されてるのを知り取り留めなく書いてしまいましたが私の人生を変え、今なおこのブログを通じて私の心を奮い立たせてくださる桃金さんに感謝しています。亡くなったアイリッシュがつないでくれたご縁だと思っています。桃金さん、お体大切に頑張ってください。100歩も1000歩も万歩も後ろからですが背中を追いかけたいと思います。

Amelieママ様

今晩は。
仕分けと今回の記事の分類とは意味がぜんぜん違いますが
分類することは本当に必要ですね。
地域毎にデータを出すことは、その地域への呼びかけにもなる。
特にセッターやラブ・ビーグルは多い!
千葉県は昔から、房総地域にはビーグルが多く捨てられるのよね。
とにかく、できることをコツコツやらなければ!!

先日ケーブルTVの方が、取材前のお話に来ていて
そのとき情報を公開するセンター・管理事務所が少ないと
言っていました。
TVカメラを入れることで、行政が攻められることを恐れている。
千葉県の動物愛護センターは、恐れる事ではなく
公開することで呼びかけていると言う姿勢は
所長様をはじめ職員の皆様の努力が伺われ
本当に変わった所です。
栃木・群馬・茨城も埼玉もそうなってほしいですね。
URL近いうちに・・。

  • Amelieママ
  • URL
同感です!

おかしすぎること。
哀しいこと。虚しいこと。悔しいこと。理解できないこと。
抑えるのがやっとの憤り。

この現状を変えなければならないですよね。

我が栃木県は譲渡に関してまだまだ閉鎖的なところがあります。
いつも行くカフェのオーナーやワンコ仲間とはいつもこの話題があがります。

栃木県下では千葉県のように保健所とボランティア団体のつながりがございません。
そのシステムが構築されていないようなのです。
まずは、わたくし達の声が行政を動かす一端となり、他県のように積極的に譲渡を行うシステムが構築されることを願っています。

"犬種分け作業"に賛同です。

今回、お引き出された子、また引き出される子は、またまた素直でいい子のようですね。
健康であることを祈ります。

追伸:この場をお借りして、、
    『URL』お待ちしておりますi-229



Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。