L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

言い分

2009年 11月11日。

センターの最終部屋。

年老いた2頭の犬。





11/11 最終部屋 1


11/11 最終部屋 2


11/11 最終部屋 3


白い子は、病気のせいか、目が見えないためか、ひたすらぐるぐる、ぐるぐる狭い円を描きながら回っていました。


体の右側がひどく汚れてしまっています。


少し止まったかと思うと、またぐるぐると回り始めます。





もう1頭の子も、心もとない動きを繰返していました。






なぜ、なぜ、ここにいるのだろう。



老犬だから?

病気だから?





じゃ、若かったら、健康だったら、この子たちはここに来させられることはなかったのだろうか。












センタ-に居る子たちを見るたび、いつも感じることは同じ。


あどけない子犬を見れば、かわいい盛りで今から楽しみなのに。。。と思い、

若い成犬を見れば、まだまだこれからなのに。。。と思い、

もっと大人の犬を見れば、落ち着いていて、一緒に穏やかに過ごせるのに。。。と思い、

老犬を見れば、最期の瞬間まで、絶対そばにいてあげたい。。。と思い、

病気や怪我の子を見れば、何とかして治してあげたい、少しでも痛み、苦しみを軽くしてあげたい。。。

そう思います。






何歳だから、こんな状況だからセンターにいる、

そんな事は関係ないはず。






センターにいる羽目になってしまった子たちの 元・飼い主は、

いったい、何をもってここに放置しているのでしょうか。









予定していなかった子犬だから、手放すならまだ慣れないうちのほうがいいだろうし、

若いから、そのやんちゃぶりが手に負えないし、

大人だから、もうかわいくなくなっちゃったし、

老犬だから、面倒を見るのが大変だし、

病気だから、怪我してるから、治療にお金がかかるし構ってられないし。



           それに、死ぬとこ見たくないし。






だって、逃げちゃったんだし、

もう嫌なんだし、

もう飼えないんだし、

それにもう必要ないし、



       所詮、動物だし。




人間の生活の方が大事じゃないか。

人間が大変なんだから、仕方ないよ。








そんな風に思うのだろうか。

そんな言い訳で、自分を正当化するのだろうか。

いや、そもそも、そんな事すら考えない?




だから、家の子が自分の傍からいなくなっても、

そして、この世からいなくなっても

それでも平気だと言うのだろうか。

万が一でも、少し心がちくりとすることがあったとしても、すぐに忘れてしまう、

そんな程度のものなのだろうか。









確かに、それぞれ、様々な事情があることでしょう。

でも、一時は一緒に生活をし、

何より、この子たちに癒されていた時間もあったのではないでしょうか。



もちろん中には、ただ金儲けのための繁殖の単なる道具、猟の為の単なる道具としてしか見なしていない人もいます。









              道具とは、一体どういうことなんですか?





              人間が

              「 飼ってやってる 」

              「 使ってやってる 」

              「 生かしてやってる 」













                そんなんじゃない。












                彼等は、我等人間と同じ、

             大切な 大切な  “ 命 ” を持っているのです。











               命の大切さ わかりませんか?



      











         

エヴァは、亡くなりました。

2010年 1月13日に、センターで逢ったポインターの女の子。



彼女も決して若くはありませんでした。

足を負傷し、ガリガリに痩せていました。

おなかのあたりには、腫瘍らしきものもあったようです。




寒く冷たい部屋の中で、彼女は必死に立ち上がってフードの元へ歩いて行きました。
  


            生きようとしていたのです。

       
           生きたかったに違いありません。



でも、食べたいという気持ちはあっても、匂いを嗅ぐだけで、もう体は受け付けなかったのでしょう。

一口も食べられませんでした。







私達に近い、部屋の隅っこに戻り、

こちらを見上げながら訴えかける

彼女のかすれた切ない声が耳から離れません。








              彼女がセンターを出て来たら、

            今度こそ、私達が精一杯の、それこそありったけの

              いつまでも続く愛情を注ごう。






    そんな想いで      FOEVER (永遠)    という言葉から

                  
                 “ エヴァ ”

                          と名付けました。











センターで出会い、再会を誓って別れた次の日の朝。


彼女は一人、旅立ってしまいました。




冷えきった体を抱きしめて暖めることも

優しく撫でることも

そして、そっと名前を呼ぶ事も、

何もかも全て出来ませんでした。





エヴァ















センターに居る子の飼い主で、いなくなってしまった子を必死に捜している方もいらっしゃるでしょう。



管轄だけでなく周辺の保健所、警察にも連絡をすること

貼り紙をすることなど、

今、犬を、猫を捜している方たちだけでなく

動物と暮らす人なら、いなくなった彼等を捜す色々な術をしっかりと認識しなくては。





これほど、情報化社会と言われながら、それがうまく機能していない事例がたくさんあるように思います。



一方的に、嫌でも与えられる情報があれば、

自ら得ようとしなければ、なかなかわからない情報もあります。

それどころか、いくら調べても、わからないことだってあるでしょう。







 
こうして、センターにいる子たちの現状を伝え、発信していくこと。

地道なことでも、私達に出来うることをひとつひとつやっていかなければ。


パソコンを使う環境になくても、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌。

誰かとの会話の中で、ヒントが得られることだってある。

電車の中での、いや、通りすがりの他人の会話からだって、得られるものもあるはず。






ですから、多くの人に今のセンターの様子を知って考えてもらえるようにしなくては。

そして、多くの人の口に、この話が上るようにしなくては。









           大勢の人の目に耳に、この事実が届きますように。





                  そして、何より

                 人としての真の心に

                 深く深く届きますように。






                                 桃金

スポンサーサイト

Comment

なつ さま

なつ さま、コメントありがとうございます。

自分の欲だけしか考えない人間がこんなにも多いとは・・・。
命を軽々しく扱える人間がこんなにも多いとは・・・。
動物たちは、ただただ私達に愛情を示してくれるというのに。

そんな人間は、こういうサイトを覗くこともなければ、報道に耳を傾ける事もないのでしょうね。
いえ、解っている、そんなこととんでもないことだけれど、自分の場合はどうしようもないんだから仕方ないと、自己正当化している人間もいるのでしょう。

人間のご都合主義に振り回され、命をも奪われていく動物たち。
でも、こんな世の中が無限に続いて良い道理はありません。

  • なつ
  • URL
インフィニティ

慈愛の精神で動物を見守り助ける人達を超える数の人達が嗜好で入手した動物を使い捨て玩具やブランド品の様に扱っているのですね。
そういった悪循環が解決せずに続いても、飼い主に対して従順で素直に生きることが何よりの喜びである動物達が消費社会の犠牲にさらされ続ける時代が何時になったら終わるのでしょう…。

セッチャン さま

せっちゃん さま、コメントありがとうございます。


センターにいる子は、飼い主に持ち込まれたり、捕獲されたり・・・。
もちろん、家からいなくなってしまった子を必死にさがしている方もいらっしゃるとは思いますが、そういう方も、まさかセンターにいるとは思いもよらないのでしょう。
一刻を争う場所にいるなんて・・・。


セッチャンさまのお宅のワンちゃんも、辛い時期を過ごしてきたのですね。
その時期を彼等なりに必死に頑張って、今は、きっと幸せにセッチャンさまと暮らしているのでしょうね。
本当に良かったです。


「 一緒に生きる 」
まさにおっしゃる通りだと思います。
そんな風に考えられない、もしくはそんな事を考えもしない人間が多いという事実に、怒りがこみあげてきます。



  • セッチャン
  • URL

こんにちゎ...新年から...なぜ?センターに~こんなに...ワンコがいるの?

野犬狩り?・自分の足できたの?

違いますよね...連れて来た人が~いるんですよね?

(どういう...場所だか...知って)

自分を正当化して~...なぜ...?

犬を~飼ったの?・かわいいから?ほしぃから?

子犬ゎ…子犬のままじゃないょ!...

やりきれないですね。
うちの~シュナウザーも...ブリーダ放置です。

繁殖だけのタメに~使われ...いらなくなって~保健所に!...

①匹の子は…ほとんど~ゲージから出た事のない生活

もう①匹は…何度も~お産・帝王切開をした後があります。

(;_;)...なんだと~思ってんの!...今でも怒りが(`ヘ´)


一緒に~生きる!!

...動物を飼うて~そういう事ですょね。


センターに~持ち込んだ飼い主さん...!


家の中から~家族が消えて...寂しくないんですか?

散らかんなくて...せいせいして~ホッとしていますか?

病院代が~かかんなくて...ホッとしていますか?


胸が痛くないんですか?


動物放置・は…動物虐待です!

犯罪なんですょ!

あ~ぁ・理解出来んし~いいたい事が止まりません。

ののぶぶ さま

ののぶぶ さま、コメントありがとうございます。

なぜ?なぜ?
そう思いますよね。
センターで最期を迎えなければならなくなった子たちは、今、一体どんな思いで寒さをこらえているのでしょう。


自分が見て、知って、辛くなることは、なるべくなら避けて通りたいという考えもあることでしょう。
その一方で、ののぶぶさまのように、知ることで悲しみを感じてもなお、更に更に知ろうとして下さる方も・・・。


センターにいる子たちの写真は、たった1枚でも、人間に訴えかけてくるものがたくさんあります。
これからも、センターの子供たちの命を懸けた力を借り、少しでも多くの人に伝えていきたい。
そう思います。


ポール家 さま

ポール家さま、コメントありがとうございます。

今、この瞬間にも、人知れず命を落とす子たちがいると考えるのは、
たまらない現実です。
許されるべきではないはずなのに、それでも現実なのですね。


ポーラ、元気にしています。
良く食べ、興味深げに元気よくお散歩する毎日です。
まだ、落ち着かない部分もありますが、
それでも、今の環境に慣れようとしてくれています。


ポール君に、お顔立ちといい、毛色といい、似ていますよね。
ポール君のように、とても可愛らしい子です。

名前を考える時、金子さんの頭に中にもポールくんの姿があったのではないでしょうか?
ポールと言えばポーラと・・・。
ポールとポーラを歌った歌もありますものね。

アパートでの暮らしぶりを、そのうちブログでご報告いたしますので、
どうぞ、あたたかくお見守り下さいませ。


ブログリンクのお申し出、本当にありがとうございます。



どうしてこの子は最後ここに入れられなければならなかったのでしょう。
そして今、ここに入っている子達、どうしてそこに閉じ込められてしまったのでしょう。
温かい場所に戻って欲しい。。。本当に。

私もこちらのHPを見させてもらい、この冷たい現実を知りました。
だからもっともっとみんなに知って欲しいです、ここに連れらた子達の姿を。。。

迷子になってしまった子達の探し方、方法を知らない人がこんなにもいるものかと、そしてセンターに行ってしまった子たちの最後を知らない人達がこんなにもいるのかという知りました。
悲しい現実ですね。

でもでもこちらのHPから学ぶこと、そして伝わってくるものは絶対にあります。
伝わってほしいですね、本当に。。。

毎日消えていく大切な命、どうしてこのような現実が
許されてしまうのでしょう。
皆さんの日々の苦労に頭が下がります。

ポーラちゃん元気にしてますか?ポールにそっくりで
ほんとにびっくりでした。

PS、ブログリンクさせてください。宜しくお願いします。

emi さま

emi さま、コメントありがとうございます。

emiさまのお宅も、センターからのワンちゃんを迎えて下さったのですね。
ありがとうございました。
emiさまの元へ行くべく、そのワンちゃんはセンターでの苦しい時を耐え抜いたのでしょう。
本当に良かったです。


この現実に目をつむりたい、耳を塞ぎたい。
そう思われる方も多い事だと思います。
そう思われるくらい、実際、辛すぎる悲しすぎる事実なのですから。

でも、その思いから一歩も二歩も踏み出して、
知ろうとして下さったことに感謝致します。


どの子も、この世に生を受けてきたからには、

幸福であってほしい。

そうあるべきだと思います。


emiさまのおっしゃる通り、命が繋がった子が「 幸運 」だなんて・・・。

マスコミなどで取り上げられた時だけの、そんな一過性のものでなく、
「 可哀想 」だけで終らせてはいけませんよね。

そのために、これからも頑張って参ります。


emiさまのブログでもご紹介下さるとの、ありがたいお申し出に感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

ウィリーMom さま

ウィリーMom さま、コメントありがとうございます。

エヴァはきっと今頃天国で、

痛みも苦しみも悲しみもなく、静かにいられると信じています。

おいしいものをいっぱい食べていてほしいなと思います。



ウィリーMom さまのように、知ろうとして下さること、

心を痛めながらも行動を起こそうとして下さる方がいらっしゃること。

活動をしていく上で、どんなに心強いかわかりません。




金子さんにくっついて、センターへ足を運ぶ私に出来る事は、

せめて少しでも多くの方に現状を知って頂くよう、ブログの記事を上げることです。

もちろん、それでもお伝えしきれていない部分はたくさんありますが、

これからも私に出来る事を見つけ、考え、努力してまいります。



ウィリーMom さまのブログにもリンクして頂けるのですね。

温かいご協力のお申し出とともに

改めて感謝申し上げます。


本当にありがとうございます。





  • emi
  • URL

はじめまして。お邪魔いたします。
私は一昨年、センター出身の保護犬をわが家の子に迎えました。
私も以前は無知でした。いえ、うすうすは知っていたのですが、そういう現実は
見たくないと思ってしまっていたんです。
でも、今では大事な宝物になった愛犬が、どんなところに、どんな思いで
いたのか、見ぬふりをしてきた現実がどういうものか、知りたい、知るべきだ、と
愛護センターのレポートは欠かさず見るようになりました。
辛いです。ほんとうに切ないです。
どの子も、傍でくつろぐ私の犬とダブります。
この子は命を繋げた分、幸運でした。けれどこんなことが、
まるでクジでも当たるみたいに「幸運」なんかであってはいけないんです。
「可哀相」から始まる何かはあるけれど、「可哀相」で終わらせてはならないです。
こちらのブログ、私の小さな拙い日記でも、紹介させていただきたく思います。

菊さん

ほんのちょっとでも、それがエヴァにとってこの世に残された最後の時間であったのなら、

傍にいたかったです。

菊さんにも、

優しく声をかけ

そして撫でて

それからじっとエヴァの事を抱きしめてほしかった・・・。

そう思います。


優しいお顔の子でした。

  • ウィリーMom
  • URL
本当に・・・。

いつも日記を見せて頂いております。
日々の活動、本当にご苦労様です。

私も友達のブログから、こちらのセンターを知りました。
毎回、涙せずに見られる日が無いほど、やるせない気持が込み上げてきます。
エヴァちゃん、どうか天国で幸せになって欲しい。
そして、皆にこの子達の事を知ってほしいと思われる気持がとても良く解ります。

こちらのブログを見るまでは、私自身、ぼんやりと解ってるようではっきりと実感が無かった。
でも、知れば知るほど
少しでも多くの人に現状を知って頂いて、みんなが何か協力すれば、不幸になる犬達が減るような気がします。
私の出来る事は協力したいと思っています。
足りない物、必要な物はドンドン書いて頂きたいです。
これからも、頑張って下さい。

PS 私のブログにも、リンクさせて下さいね。

  • URL

連れて帰りたかったね・・・

たとえ一日二日だったとしても・・・

クロ母さま

いつもコメント、本当にありがとうございます。

クロ母さまのおっしゃる通りだと私も思います。
私が記事でお伝えしきれていない部分も、こうやってくみとって頂けていること、ご理解下さる方がいらっしゃるということは、とても励みになります。


自分の考えと全く相容れない人たちに、どうすれば話を聞いてもらえるのか。
どうすれば、解ってもらえるのか。

自分は何が出来るのか、そして何をなすべきなのか。


ずっと考え続けなければならない課題であり、結論はなかなか見えてきませんが、それでも、まずは “ 今 ” 自分にできることから、と思っています。

エヴァ...さま

コメント、本当にありがとうございます。

辛いとわかっていても、自分が撮影した彼女の動画を、何回も何回も再生しました。
彼女の訴えを少しでもわかりたいと思い・・・。

私達の所へ来てくれても、一緒に居られる時間は長くはなかったかもしれませんが、安らぎを感じて過ごしてほしかったなと思います。

持ち込みはもちろん、捕獲された子も、ちゃんと飼い主の判別ができるようにし、飼い主には最後の最後まで、その責を全うさせるべきですよね。


センターの方々、ボランティアの方々。
みんな、心を痛みですり減らす毎日でしょう。


しかし、それ以上に、動物たちの心からは血が吹き出していることだろうと思います。

例え、可愛がられていなくても、
例え、虐げられていたとしても、
彼等が生きる為に頼りにしていた人間から裏切られ、
そして死を感じ続けながら、その時を待つのでしょうからね。

こうして犬たちに想いを馳せ、我が事のように感じて下さる方もいらっしゃれば、これっぽっちも痛みを感じない人もいる。
悔しいですね。

ご苦労さま。
現状を伝えて頂き、ありがとう。
桃金さんの気持ちは、十分すぎるほど伝わります。

無責任な人間の都合で、命が消される。
救って、保護場所は満室状態なのに、きりがない。
同じ事が繰り返される。

個人的に思う事は、個々の意識改善は当たり前だけど、
飼い主の最後の責任、最低限の責任として、自分の犬の死に立ちあうべき。

こんなに多くの動物の命が消される、処分されるのに
動物を増やす必要があるのかな?

「命」を簡単に売り買いできることも、私には謎だらけです。
もちろん捨てること、放棄することも。

義務、罰則は必要ですよね。

  • エヴァ…
  • URL

本当に…
悲しくて
涙がとまらないし
悔しくて
はらわたが煮えくり返ります

後一歩で
後少しで
幸せがまっていたのに…

それより
本当にどうして
若くないだろう
エヴァが
こんなところに
来なくてはいけないのか…
彼女の痩せ方が
飼われていた状況を物語っていますよね…

全ての飼い犬にマイクロチップの
装着を義務つけて
持ち込みの飼い主に
センターで最後まで
責任を持って見届けて欲しいと思う

でも
センターの方々を始め
ボラの皆様の
心の痛みは
本当にはかりしれません
ありがとうございます

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。