L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

最後の姿

先日、飼い主が見つかったと記事に追記をいれたあのポインター。
sh091009-012009年10月9日 2009年10月19日 鎌ケ谷市道野辺本町 ポインター 白・こげ茶 オス 中

この子は、飼い主が見つからずにセンターにいるとちばわん吉田さんよりお聞きしました。
そして、ちばわんさんのレポートに・・・・・
10月23日の記事にいました。

帰ったというポインターは別の子だったようです。

再度センターに検疫の確認をしたところ、ワクチン接種はしてくださっていました。

なのに・・・・

f0078320_1012617.jpg
(ちばわんさんのセンターレポート10月23日よりお借りしました)


昨日、センターから電話をいただきました。
獣医師のO先生でした。

『手を尽くしたけど、亡くなってしまいました・・・
もう1頭 白茶のセッターも亡くなりました・・』


どうして・・・
来週の金曜日会えるはずだったのに。

もう少しだったのに・・・


感染症により亡くなったとのことでした。



センターに入る猟犬たちは、ケアをされていない
ワクチンを打ったことがない子が多いのか、センターに収容されると感染症で
亡くなる子が多すぎます。

ちばわんさんの画像を見て、悲しくて悔しくてやりきれない思いです。
こんなにきれいな、素敵な子だったのに・・。
不安で寂しさに溢れているこの画像そのままのサイズで載せました。

この画像を撮って下さったボランティアさんに心から感謝します。
ありがとうございました。



このポインターが生きていた最後の画像となりました。





そして、この子も・・・・・

ks091019-012009年10月19日 2009年10月26日 旭市ニ セッター 白茶 オス 中 黒色首輪

かわいそうに、苦しかったでしょう。

北海道のかよ母さんが君を待っててくれていたんだよ。
心待ちにしてくれていたよ・・。



今現在、センターには4頭のガンドックが収容されています。

この子は、ガリガリで骨が浮き出ているとのことでした。
頭を下げて歩いているそうです。
状態が悪いので、感染症にかかる可能性が高いと
O先生がおっしゃっていました。
足もいたそうですと・・・

kt091027-022009年10月27日 2009年11月2日 香取市大角 セッター 茶白 オス 中 黒色首輪、白布付き




この子達は 楽しいことがあったのだろうか・・・
          
         一時でも幸せなときを過ごせたのだろうか・・・・

 こんなに悲しい目にあうくらいなら、生まれてこなかったほうがいい・・・

飼うなら最後まで!!

命がある限り、最後まで大切にしてほしい。

この子たちが頼れるのは、人間しかいないのですから。






スポンサーサイト

Comment

  • ボン
  • URL
コテママ様

ポインターちゃん、保護してくださりありがとうございます。
メールにてご連絡させて頂きますね。
かわいい女の子、助かってよかったです。

  • コテママ
  • URL

はじめまして。
ただ今、放浪しているポインターを保護しているものです。

どうやら、猟犬として飼われていたのを捨てられたようです。
ポインターを保護飼育するのは、初めてなのですが、特に注意しなければいけないことなどありましたら、ご教授いただけないでしょうか?
お忙しいところ申し訳ございません。

こちらのサイトで初めて猟犬の扱いのひどさをしりました。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。