L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ひたすらに・・・

7月10日(金)

横風が強く、ハンドルを握る手にも力が入り 無事にセンターに到着したのが
お昼過ぎ。


今日もコンクリートの壁の中から、悲しい声が聞こえてきます。

あの子達は元気だろうか・・


まずは、事務室に挨拶を済ませ


抑留棟に向いました。





嫌な予感は的中していました。


かわいそうに、あの子が戦っていました・・・。

パルボらしき症状・・・

015セターメス 検疫

30日の画像
031セター








あと少しなのに・・・

       来週・・・・検疫が終わるのに・・・・



  待っているんだよ・・・・・あなたのこと。


            頑張って!  また来週来るから、がんばって!


届かないかもしれない、でも声を出して呼びかけました。

          少しでも、この声を覚えていて欲しいから。


ひたすらに 待っていたこの子が、少しでも希望が持てるように・・・


 必ず来る、その希望を持っていて欲しい


              信じて 待っていて欲しい・・・



   




アーチと名付けたセター。

この子は、私を覚えていました。

そして待っていました・・

              ひたすらに・・・・

アーチも来週検疫が終わります。

アーチ、がんばれ!必ず来るから!

待っていて、迎えに来るから・・・


この部屋の前から立ち去ることが、本当に辛い・・・

今すぐにでも、抱いて帰りたい。
023アーチ








このセターは、今日初めて会いました。

収容情報には載っていませんでした。


♂のセター、本当に綺麗な顔立ち。


迎えに来るから、がんばれ!

   当初5頭の引き取り予定でしたが 1頭亡くなり

現在4頭だけが生きています。
002ジェイン
03セッター2







この子は、一般の方でお声をかけてくださっていました。

小ぶりの大人しい子でした。

本当に有難うございます。

どうぞよろしくおねがいいたします。

007s.jpg





そして、この子・・・

綺麗なセター、男の子です。

この子も、ずっと ずっと待っています。



   迎えに来るのは、本当の飼い主じゃない。



でも、それでも、

         どの子も   どの子も   ただただ   待っています。



来週まで、頑張れ!
お迎えに来るからね!

008セッター オス




ボロボロな毛に覆われた 白い犬


この中が怖くて、よたつく足で  ゆっくりと 場所変えていきます。



010MIX.jpg



  

どれだけの神経を使い、最後の日まで過ごしているのでしょうか・・・・・

目の下には、汚れなのか  ひどく固まっていました。




痛みも苦しみも、そして恐怖も    


          こんなに重い十字架を背負う理由は



                    いったいなんなのでしょう・・・。





098白い犬2日目








この子・・・あの時の子でしょうか。

6月30日にセンターにいた・・・

画像を良く見比べました。


とても似ていますが違う子のよう・・・・・

あの子は、どうしたんだろう・・・・



        あなたに   どうかチャンスが来ます様に!!




012MIX.jpg



6月30日の画像




037MIX.jpg






隣の部屋には、洋犬MIXの子が多く収容されていました。

0382日目の部屋


明らかに、ラブが入っている子犬たち。

生後5ヶ月~6ヶ月齢位


とても目の綺麗な子達でした。


        こんなに若い子、しかもとても素敵な子達。


躾も入れやすい年齢です。


    

子犬から飼うことが難しいご家族でも、この子達の月齢なら

お留守番もできます。



家族に迎えてください。



動物は、人間が思う以上に 高い順応性 適応能力があります。

ポイントを掴み飼育することで、
大人の犬や猫でも一緒に暮らすことができます!



私達ボランティアが、大人の犬でも 猫でも、保護していることが証明です。

その保護された、大人の犬や猫が、新しい飼い主さんの元で暮らしているのです。



『大人の犬はなつかない!』これは 真実ではない!

時間をかけ、焦らなければ 必ず 必ず 慣れる日は来ます!!





044洋MIX



この子だって!

ひたすらに  待っているんです。

手を差し伸べてくれる人を!

047MIX2日目




この黒ラブちゃん ♂ も、6月30日前からいます。

とても精悍で、そしてカッコイイ子です。


人が大好きで、頭のよさそうな子です。


    子犬じゃなきゃ、ダメですか?


               その理由はなんですか?

050クロラブオス



子犬を飼っても、明日の命はわかりません。

大人から飼っても、寿命を全うするくらい、長生きかもしれません。


命の期限は誰にもわかりません。

    だからこそ、ここでこうして頑張っている犬や猫達に

温かい手を差し伸べてあげて欲しい!心からそう願います!



051MIX21



犬にとって一番教えることが大変なこと、

                それはなんだと思いますか?


         『 忍耐 』  なんです。


053生後5ヶ月くらい


この子達は、ここで泣いても叫んでもどうにもならないことを学んでいます。

あきらめることを知るのです。



以前、私が引き取った 生後4ヶ月の子犬も、そして、今年引き取って

現在、飼い主探しをしている 柴MIXの子も、 洋MIXの子も


ここで『忍耐』を覚え、私達のところにやってきました。







大人の犬でもそうなのです。


誰かの助けを待っている子達。


救ってくれたことを忘れないかのように、みんな必死で懐こうと努力するんです。


052柴MIX



この子だって、ここに入らなければ、やんちゃ盛りでしょう。

でも、動けないことで 『忍耐』を強いられているんです。


抱きしめて、撫でられて、時には怒られて、いたずらをして  走り回って・・・・


飼い主さんとともに成長するはずが・・・・


センターで過ごさなければいけないなんて。


057生後5ヶ月くらい



最終部屋にも 生後4ヶ月~5ヶ月齢のこが沢山収容されていました。

060子犬4ヶ月くらい


やせ細ったこの子、まったく起きませんでした。

お腹もすいているでしょうに・・・。

063最終部屋

人間には豊かな日本。

食べ物だって豊富、世界各国の食べ物がそろっている日本。

なのに、心は貧しい・・。

この子達の姿は、日本に住む人間の心を映し出している。


日本の今の姿なんだと、毎回思います。


064 生後5ヶ月



066最終部屋21






この子もずっと眠り続けています。

この眠りは 安らかではなく 

         明日になれば 苦しみながら永遠の眠りにつくのです・・・・


068最終部屋柴

078最終部屋柴




こんなにかわいい子がなぜ?

080最終部屋テリア






子犬たちも沢山収容されていました。
検疫を乗り越え、子犬の犬舎に移されます。

081子犬



今、子犬の募集をしています。

希望者さんの中に、このような方がいました。


『後何頭か、他にも声をかけています。みんなかわいくて全部会って決めたい。
                                        迷ってしまうんですよね』



思わず、『ふざけるな!』と怒鳴るところでした。



こんな、大変な思いをして生き抜いた子犬たちのこと
知っているのか?1頭すくわれれば、1頭の命がつながること、知っているのかと。



募集掲載の中に、皆さま預かり日記や、経緯が書いてあります。

なぜ、日記をつけているのか?

ただ、もらって欲しいからではないのです。

預かり親さんの、その子への思いや、啓蒙、

この世に不幸な子が増えないように、その願いがこめられています。

掲載記事も目を通さず、犬の外見だけにとらわれ犬選びをする方に

このセンターの子達は差し上げる気にもならない。


必死に生き抜いているからこそ、このこの命を守りたい!

そう、思ってくださる方でなきゃ、啓蒙にもなりません。



犬を飼いたいという気持ちだけを満たすための

飼い主探しではないんです。




ここから、すべてが始まる!


この子達の思いを、そして経緯を知ってから


応募して頂きたい。




このように言うと、必ず返って来る言葉は『ペットショップで買います』



私は、こういう方に『是非、そうしてください』と答えます。



沢山の命の犠牲があって、この子達がここから引き取られて
行くことの重みを、知ってくださらなければ
このブログも、そして他のボランティアさんの思い
センターの職員の皆さまのお思い、何よりも犠牲になって死んでいった
動物達がいることなど、この世の中に不幸な子が
沢山いることなど、関心もないでしょうから。

082子犬

087子犬検疫

089子犬



091 ダックス



この子達の飼い主になることは、決して楽なことではなく

責任が重い、そうお感じになるかもしれません。


しかし、その責任は、ペットショップだろうが

近所からもらおうが、すべては同じです。


動物を飼う責任は重いのです。

094最終部屋

102ダックス




赤いハートの型抜き首輪をしているこの子は、5キロくらいの成犬です。

こんなに小さくて愛らしい子、なのになぜ、最終部屋にいるのでしょうか。

072クロMIX5キロくらい



どの子も、みんなかわいく、処分がないように
どの子も生きていて欲しい・・・

期限なんてないのなら、この子達だってチャンスはあるかもしれないのに・・。



074最終部屋21



自分の名前を呼ばれたら、飛んできそうな子。
じっと、見つめていたのが本当に悲しい。


077最終部屋


負傷している猫ちゃん達。
苦しい時間が短いことを祈ります。

101負傷猫

100白猫





本日引き出した、フラット似の子。
状態はあまりよくありませんが、でもセンターから出られたことは

本当に幸運なことなのだと、沢山の明日なき命の子達を前に思いました。

111フラット似





そして、気になっていた母子。

やはりお声は誰からもなく、私が引き取ることに決めました。

検疫などできないほど、警戒心が強く 首に捕獲用ロープをかけることも

大変な作業となりました。



暴れ、もがいて、自分の顔を傷つけ、かけたロープを数秒で咬みちぎり

あちこち血がたれるほどの大暴れでした。



『野良上がり』と聞いていましたので、咬みちぎったロープで
口輪をし、とにかく簡易の首輪とリードを着け

鑑定室にバリケンを持ち込み、入れました。


職員の方と一緒に車まで運び、家に到着して

家の中で、その後のことは考えようと思いました。
125柴MIX

ワクチンもできず、このままパルボになって親子諸共死んでいくくらいなら
せめて、我が家でその時を迎えさせてやりたい。

懐かなくてもいい。


散歩ができなくてもいい。


親子そろって、少しは静かに暮らせればいい。


我が家の子として迎えよう。

そう思い、つれてきました。


首輪を着けた瞬間、昔のことが蘇る事もある。

過去の経験ですが、長い間放浪していて野良をしていた子でも

昔飼われていた経験があれば、すぐに家庭犬に戻れるものです。



この子もそうでした。

人の手を知っています。

お散歩の経験はないようですが、人に触られた経験はある子です。



子犬は、親を車に乗せてから
連れ出しました。


そして、我が家のリビングでスヤスヤ寝ています。

親が興奮しているため、引き離すしかありませんでした。


016つぶ男


6月30日の画像

015ママ子犬


   この子達が、病気にもならず生き抜いてくれる命の強さを信じて


        私達もひたすら お世話に励みたいと思います。


    
 この記事の中で、お気にかけていただける子がおりましたら
 ご連絡くださいますよう、よろしくおねがいいたします。




スポンサーサイト

Comment

カギコメ様

コメント有難うございました。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。