L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

年老いた君へ

6月30日の午後、携帯電話が鳴りました。

菊さんからの電話です。




     「 ちばわんさんのセンターレポート、見た? 」

いえ、まだです。

     「 あなたの書いたセンターの記事の件が出てるわよ。」

え?

     「 あのね・・・。 






      ( どうぞ、下記の文字をクリックして、ご覧下さい。 )

   ちばわんさん 愛護センターレポート







電話しながらだとパソコンが見られなかった私の為に、記事を読み上げてくれた菊さんの声

は、初めからそうでしたが、涙声。途中からは、とうとう詰まってしまいました。

もちろん、聞いている私も涙が溢れてきました。 










         残念な結果になってしまったけれど、

            悲しいけれど、

         何かが形になったように思います。








私達はセンターを訪問すると、


    少しでも多くの方の目に触れればと多くの画像を撮り、

       なるべく早く記事をUPし、

    なんとかセンターの子たちの生きる道を切り開けないものかと、


それだけを考えています。


それは、どこのボランティアさんたちも同じ。

本当は全部の子、でも、せめて1頭だけでも・・・と。








時には、私の書いた記事で不快な思いをする方もいらっしゃるかもしれない。

でも、今回のことは、こうやって私達の想いに応えてくださる方が、確実にいらっしゃると

いう事を、目に見える形で示して頂きました。









       「 私達、こうして発信し続けなければね。 」


この、菊さんの言葉に改めて頷き、その後何回もちばわんさんのレポートを開きました。











     ちばわんさん



     心のこもる迅速な対応をして下さったこと、また記事にして下さってこと

     本当に感謝しております。

     ありがとうございました。


   





     里親を希望して下さった方。



     行動を起こして下さったこと、全てを受け入れようとして下さったこと、

     
     本当に本当にありがとうございました。













       そして、逝ってしまった年老いた君。




  

       君のおかげで、私達人間の中での繋がりを感じることができました。


       君のおかげで、またこれからも問題に立ち向かう勇気を奮い立たすことがで

       きました。





   
       君には、最後の最後に本当に辛い想いをさせてしまったけれど

       どうか、安らかに眠ってほしい。




 


       そして、来世は、いいえその次も、またその次のときも


       君を家族にと、本当に心から望んで下さった優しいその方のもとへ

      
       まっすぐに駆け寄って行くんだよ。


       



                               桃金

    



スポンサーサイト

Comment

  • 桃金
  • URL
クロ母さま

クロ母さま、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

今回の里親希望様、ちばわんさんに限らず、ブログに拍手を下さったり、こういてコメントくださったり、こちらの発信を受け止めて下さる方々が確実にいらっしゃるというありがたい事実を改めて教えていただいた出来事でした。


涙もろい必殺仕事人・菊さん、そしてやはり涙もろいボンさんに色々と教わりながら、これまた涙もろい私もこれからまた頑張って参ります。
残念ながら菊さん、ボンさんのようなド根性は持ち合わせておりませんが、へなちょこな根性なら少し・・・。

  • 桃金
  • URL
コバヤシ@K市さま

コバヤシ@K市さま、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

今回のことでは、色々と感じるものがありました。
あの子に、これから進んでいく方向の道標を託されたようにも思います。
我々と、こうして応援して下さる皆様の心は同じ、命を救いたいという想いは変わる事はないのですから、またこれからもその基本を全うしていきたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

  • クロ母
  • URL

ご苦労様です。
菊様の目にも涙ですね^^私も涙です。
大変なこと、辛い現実の中で活動して下さり感謝です。
自分の生活がある中での活動、時間も体力も気力もお金も必要です。
毎日 忙しい中、時間の限られる中、現実を伝えるため、一頭でも多くの命を繋ぐために活動して下さり、記事を書いて下さり、それが確実に人の心に届いているんですよね。ちばわんさん、里親希望して下さった方に感謝ですね。
桃金さん、みなさんに感謝です。
必殺仕事人v-12菊様の指導のもと、どうぞド根性で頑張って下さいね。応援していますよ。

  • コバヤシ@K市
  • URL
年老いた君へ

こんにちは。

千葉わんさんの「愛護センターレポート」はよく見ていますので、この事はタイムリーに知ってました。
悲しい結果にはなりましたが、他団体さんの記事を見てすぐに行動出来た事が今回はとてもすばらしい事だと思っています。
ボランティア団体さん同士で信頼し互いに尊敬し合える存在であれば、本来の活動を応援する身としても嬉しい限りです。 

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback