L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

“ 年をとる ” ということ

6月23日(火曜日)
セター3頭のお迎えに、センターへ。

昨夜の雨もすっかり上がり、良い天気になりました。
暑くなるとの予報。
日差しもやや強く感じられました。






今日は、まず、子犬犬舎へ。



子犬1

子犬2




子犬 ビーグルmix




子犬 白



みんな、かわいい子たちばかり。

中には、自分のブースから窓枠によじ上り、隣のブースへと入り込んでいるやんちゃな子も。
終いには、ブースを遮っている壁、子犬たちにはかなり高い壁の上をとことこ、とことこ・・・。
狭い幅しかない壁の上で上手にUターンして、また窓枠に降りて自分のブースへ戻っていきました。



最後の写真の白い子は、吠える事もなく、尻尾をぴょこぴょこ。
とてもおとなしい素直そうな子でした。








抑留施設内では、まず負傷動物の部屋へ。





負傷犬 柴

早く元気になるんだよ。





負傷猫

横たわったままの猫。
 
痛いんだね。




シェパード


この子には、何度も会いました。

早く出られるといいのにね。







そして・・・








親子








前回、金子さんがセンターに行った時、出産していたお母さん犬。

子供の数が少ない・・・?









本当に悲しいことに、お母さん犬が我が子を食べてしまったそうです。

ストレスは相当なものなのでしょう・・・。

せめて、この子だけは無事に育って・・・。
















ブリタニー





ブリタニー2


ブリタニー

こちらに真っ先に寄ってくる、人なつっこい子でした。

それまで、頑張って!








2日目部屋


奥のブリタニーMIXの子も、元気そうです。

手前のあなたも、頑張るんだよ。










3日目


この部屋に入っていた、フラットコーテッドの男の子。

首に、緑色のリボンをつけていました。



フラット



廊下に出して少し歩いてみようとしても、ここでの状況に怯えているのか全く歩きません。

歯の状態からみて、まだ5ヶ月くらいの子供のようです。

検疫をお願いしています。







フレブル1




フレブル2


 
フレンチブルドッグの子。

この姿勢が楽なのか、足の状態によるものなのか、この座り方を崩しませんでした。

アパートの近所にも黒いフレンチブルドッグの子がいて、会うといつも挨拶してくれるので、一瞬どきりとしてしまいました。






かわいい子なのに、なぜ君はここにいるのだろうね。









3日目 黒



立ち上がって、さかんに寄ってくる黒い子。

こちらで保護しているジャックより、ちょっと大きな子です。

かなり、人なつこい子です。






3日目 奥




3日目 隅



部屋の奥で横たわったり、隅でじっと伏せている子たち。

なんとなく、諦めの気持ちが見え隠れしているように思えてしまいます。









オレンジポインター


ぶんたさんのところで保護して頂ける、ポインターの男の子。

とても甘えん坊の様子。

カメラを向けるたびに、ちゃんとおすわりしてカメラを見つめてくれます。




言いたいこと、伝えたいことがあるんだよね、きっと。





オレンジポインター アップ





オレンジポイと仲良し



オレンジポインターくんと寄り添うようにしていた子です。

金子さんによると、前回来たときも、やはり2頭で一緒にいたそうです。

おとなしく、優しそうな子です。








白


引き締まった体の子。

君はお散歩はしてもらえていたのかな?









この日の最終部屋。


部屋の外には  「 水曜日 」 の札がかけられていました。


24日 水曜日に、スイッチが押されます。

最終部屋



動かずに、じっとしている子。

自分の運命をわかっているのでしょうか。





最終部屋 柴



部屋の中を、ずっとくるくる動き回っていた子。





今日のこの時間、この部屋には、この2頭が入れられていました。













ケージ




壁際のケージの中の子。

他には、ミニチュアダックス。

そして、こちらで引き取るセターの男の子が入っていました。











子猫


センターに収容されて間もないのでしょうか?

体が濡れていたちいさなちいさな命。


最初はか細い声でしたが、次第に大きな声で鳴きはじめました。



元気に大きくなるんだよ。


頑張れ!


それしか、声をかけてあげられませんでした。







ヨーキー1


虚空をみつめているかのような子。


ヨーキー2


きれいにカットしてもらえると、よりいっそうかわいいことでしょう。



コーギー



廊下側のガラスに寄ってきて、一生懸命に声をあげていたコーギー。




管理室


おとなしく見つめる子。



























          生きているものは、みんな年をとります。



          人間だって、犬だって、猫だってみんなそう。













      
      
      
       



老犬1





老犬2





老犬3





老犬4







部屋の中で、じっと立ちすくみ、こちらを見るのにも大儀そうに顔を向けていたこの子。

背中の毛は、ぼさぼさでした。

とぼとぼと、本当にその表現がぴったりの、そんな歩き方をして部屋の隅に向かっていきました。
  








       なぜ、この年で家族と離れてこの子はここにいるのでしょうか。


       初めて会った私でさえ



 
  
             支えてあげたい


             手をさしのべたい

 



       そんな風に思う気持ちが湧き上がってくるのに。








       こんなに年をとるまで、一緒に生活していたのではないのでしょうか?






       いっぺんに年を取ってしまったわけじゃない。

       だんだんと老いていく姿を、間近でみていたのではないのでしょうか?


       そうしたらなおのこと、愛しさも募るのではないのでしょうか?


       











             そうじゃないの?














        そうじゃない人間が


        私からすれば、本当に信じられないことが出来る人間が




             やっぱりいるのですね。



       









           
         だから、この子は、この子たちは


                 ここにいるのです。







        

                               桃金
  
         

       
スポンサーサイト

Comment

フレブルに関して

7月3日現在、検疫中で検疫部屋の奥のほうにいたそうです。
譲渡先は検討しているようです。
もし、家族にと思ってくださる方が下りましたら
私宛にご連絡をお願いいたします.

ご連絡先、お電話番号を明記して頂くと
助かります。

090-8305-3718

  • 桃金
  • URL
poohママさま

コメント、ありがとうございました。

アパートの近所のフレブルちゃんも、お散歩などで会うと寄ってきてくれ、こちらがしゃがむと鼻先にちゅっとご挨拶してくれます。
人なつこくてかわいい子が多いですよね。


この子は、ただだたじっとしていました。
自ら心を深く閉ざしてしまったかのようでした。


poohママさまが捨てた人と変わらないなんてことは決してありません。
犬を捨てた人間は、こうしてご自分の心の痛みをこういう場で綴り、悩む事は少ないでしょうから・・・。

poohママさまのお家のわんちゃんは、優しい飼い主さまのもとで幸せですね。

拝見しました・・・
どの子も淋し目をして、自分の置かれてる状況が分かっているかの様で切ないです・・・我が家6ブヒを飼っていますがフレンチの座りこむ姿がかなしいですね・・・フレンチは人好きで姿が見えただけでも寄ってくる。まして見てるのが分かれば飛んでくる・・・それが見られてる事が分かってるのに・・・何故・・・かなしいですね。人間として何も出来ない私も結局は捨てた人と変わらないのかも・・・申し訳ないです。

  • 桃金
  • URL
フラットについての鍵コメ R様

コメント、ありがとうございます。

また、温かいお申し出、本当にありがとうございました。


1つでも命を救いたいというR様と同じ想いで、これからも活動して参ります。

  • 桃金
  • URL
レオママ様

コメントありがとうございます。

若い子には若い子の、そして年をとった子には年をとった子の良さがありますよね。
こちらで保護する子たちも、それぞれがみな個性を持っています。
それぞれがかわいく、そして愛しい子たちです。


命を、なにかモノとしか見ていない人間は、残念ながら多いようですね。
本当に意識を変えてほしい人は、しつけ教室にも参加しないでしょうし、このようなブログも
見てはくれないのかもしれませんね。


完璧な人間がいないように、完璧な犬もいないでしょう。
完璧ではないもの同士、うまくやっていく方法は何かしらあると信じたいです。

コメントを寄せて下さる皆様が、私と同じ想いを代弁して下さっていることが、とても嬉しく有難く思っております。


*センターでも、しつけ教室を開催しているようです。

  • 桃金
  • URL
ヨーキー似の子についての鍵コメ Y様

コメントありがとうございます。
 
どの子にもお心を痛めて下さるのでしょうが、特にご自分の身近にいる子と同じような犬種の子は、やはり気になられるでしょうね。


何をすべきなのか、そして実際に何が出来るのか、私も常に考えております。

  • 桃金
  • URL
jjmama様

コメントありがとうございます。


相手が年をとっていれば、人間であっても動物であってもいたわる気持ちを持つのは当たり前のことだと、私達は幼い時分から、そう育てられてきたように思っていたのですが、どうやらそうではない人たちもいるようですね。

そんな人たちも、やはり私達と同じ人間なのですね。
おそらく解り合える事は少ないであろうけれど、同じ人間。


jjmama様のおっしゃる通り、私達は私達にできる事を探して、そして行動に移していきましょう・・・。

  • 桃金
  • URL
おちび様

コメント、ありがとうございます。
おちび様が、こうしてお心を綴って頂くことで、同じ想いの皆様の気持ちを表して下さっていると思います。


たとえ側にいても、急激な衰えというより、何かふとした事がきっかけで犬の年齢を感じるという事の方が多いのでしょうね。
そんな事が繰返され、積み重なって行く事で、いたわりの気持ちや慈しむ想いが人間の側にも溢れていくのかもしれませんね。
きっと、おちび様のお家のわんちゃんも、愛され続けて18年過ごして来たのでしょうね。
うらやましいわんちゃんですね。
おちび様との穏やかな日々が、もっともっと長く続きますように・・・。

  • 桃金
  • URL
鍵コメ HーM様

コメントありがとうございます。
私も写真を撮りながら、いえ、撮らない時でも胸が詰まる想いです。

お母さん犬、今はどんな想いであの子を育てているのでしょうね。私には想像もつきません。

おっしゃる通り、センターにいる子は氷山の一角ですね。
人知れず葬りさられている子もまだまだたくさん居る事でしょう。

こうしてコメントを寄せて下さり、何か良い方法はと一緒に考えて下さる事、有難くまた力強く感じております。
これからもよろしくお願い致します。


ヴィヴィアンちゃんは、とてもかわいらしい子ですよ。

  • レオママ
  • URL
あんまりです

長い間一緒に暮らして、最後にこんな扱いを受けるのはあんまりです。
歳を重ねた犬には、若い犬にはない良さがありますよね?

また最近、センターにはいつでもダックスがいますね・・・
可愛らしい外見とは裏腹に、吠える声は大きくてよく通るからなんでしょうか・・・
(マズルに縛られた跡がある子も時々いますよね)

捨てたりセンターに持ち込む前に、「しつけ教室」に通うなり、できることは沢山あるはずなのに・・
以前住んでいた大田区では、地域の獣医さんたちがボランティアで半年に1度
訓練士さんを呼んで、無料で「しつけ教室」を開催してくれていたりしていました。
こういうのを利用して、相談したりしたらいいのに・・・と思います。
(センターでもたしか、「しつけ教室」やってましたよね?)
もっとも、「しつけ教室に本当に来て欲しい人(問題のある人)は来てくれない」
と、訓練士さんはおっしゃっていましたけど・・・

人間だって完璧な人なんていないのだから、犬だって完璧な犬なんていないはずです!
捨てたり、持ち込んだりするような人には、もう2度と生き物は飼ってもらいたくないですよね!


なぜでしょう…

年老いたなら
尚更、食べ物や健康に気を使ってあげて
少しでも快適に過ごせるようにしてあげる
これが、家族のつとめですよね
悲しいかな今の世の中
人間が仕切っているので
わんこは人間がいないと
いきていけません
信頼し疑うことをしらない
そんな子たちを平気で
捨てる…
同じ人間がしてるんですよね
私と同じ赤い血が流れた人間が…


いっそのこと
その人たちが
私と違う種の生き物ならば
気持ち消化できるのに…

悔しいかな
人間がした愚かな行いに
本当に謝るしかないし
何とか、自分達が出来ることを模索していかねばいけませんね…

  • おちび
  • URL

桃金さん、センターのリポートありがとうございました。
いつも心が痛む現状を見ながら、なにも力になれない自分の非力さを痛感しています。

自分が飼ってた、それも長年一緒にいたであろう犬を、最後の場所としてセンターに持ち込む飼い主って、飼い主としての責任や、自覚云々よりも、人間としての感情があるんだろうかと疑問に思います。

犬は人間よりも、ずっと早く年をとり、「知らない間にこんなに年をとっちゃって」とか、「なんで今まで出来ていたのに、急にできなくなったんだ」と思うんですよ、人間は。
私も、そう思っていました(家には、もうすぐ18歳になる老犬がいます)。
でも、だからこそ、残された日々を、今まで以上に大切に一緒に暮らしてほしいと思います。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。