L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

命の輪

6月15日(月)
検疫が明けた子達をお迎えにいきました。

センターに向う途中、里親様宅に送り届ける犬のバリケンがないことに気づき
Uターンして、メンバーの菊さんたくへ。。

バリケンのサイズを測り、注文する事にして
センターに急いで向いました。

すでに午後も回り、道も混み始めて来ました。


センターに着くと、コンクリートの壁の向こうから
子犬の悲しい鳴き声が響いてきました。



職員の方の手があくまで、先に収容部屋を見せて頂くことに・・・





なんてこと・・・・・

 収容されてから、出産したそうです。

13日か14日のどちらか・・・・


ちばわんさんが、心待ちにしていたダルメシアンの『ミルキィ』ちゃんを思い出しました。

ミルキィちゃんは、センターでお産をし自分の体をすり減らし
子犬9頭を産みました・・

そして、力尽きたのです。

ちばわんさん、スタッフ皆さんもミルキィちゃんを迎え入れる準備をされ
引き出しの日が目前の出来事でした・・・・。


この子も、心も体もすり減らしていくのだろう・・・

何とかしなければ・・

011推定6月13~14日生まれ

012母犬


子犬ちゃん、前回もいました。

かなり痩せています。

前回は吠えませんでしたが、ストレスのため
一生懸命吠えて呼んでいました。

早く出られるといいね・・。

013ゴールデンらしき子犬


鑑定室にダックスが3頭収容されていました。

ダックスフントは捕獲収容、または持ち込みの上位です。

どうしてでしょう?

あなたの家族ではなかったのですか??
017鑑定室 ダックス

どうして犬と暮らしてきたのか・・・
019ダックス2頭

このビーグルちゃんも前回もいました。


前回同様、ただじっと、こちらを見ているだけ。

まったく吠えません・・・・

目をそらすことなく、ただじっと見ています。


自分の名前を呼んで!と言っているようです・・・・

025ビーグル


子犬たちもかわいい盛りを この中で過ごさなくてはいけないなんて。

もうすぐだよ、頑張って!

028鑑定室子犬?


029検疫部屋子犬

ビーグルミックスの子達が全部で5頭いました。

030子犬

引き出しがあった後なのか・・少し子犬の数が減っているような気がしました。

子犬犬舎に移動したのかもしれません。

032子犬たち


ぶんたさんに預かって頂くことになっているポインター♂

とても性格のいい子でした。

体はやや大きめ。オレンジですね。

頑張って!

ぶんたさん、ありがとうございます!

よろしくお願いします。



033ポインター


040ポインターオレンジ


034ポインターオス



セターの前にいるブリタニーMIXの子は、ちばわんさんがお声をかけてくださいました。

同じ千葉県で活動しているボランティアとして、お互い協力し合い
声を掛け合えることは、本当に心強く、ありがたいことです。

こうして、1頭1頭 『命の輪』が広がり始めています。


どこにどの子が行くのかで、1頭でも多く救うことができます。


ちばわん Yさんいつもありがとうございます!


041収容部屋



こちらで保護している、セターのセナ君似よく似ている子。

大振りの素敵な子です。


名前はキース君と命名。

042収容部屋

ブリタニーの子は、こちらで引き受けることになりました。

とても美人さんで、小ぶりです。

甘ったれの性格は、センターでも垣間見ることができました。

頑張って!生きていてね!
045ブリタニー



この子犬たち、ぶんたさんちにも3頭、何とか命をつなげたようです。

センターに後5頭います。

子犬犬舎に移動になる予定です。


お問い合わせは、当会まで!
072子犬


この子は、引取りを考えています。

可哀想にこちらを向くにも必死です。

ビーグルのMIXのようです。

073子犬(引き取りたい子)



この日、初めて手術室に入りました。


そこには子猫たちが・・・・・。


手のひらに乗るほどの小さな命たち・・・


頑張って生きています。

この子達が求めているもの・・・・

温かい寝床、そして安住の地

終の棲家です。


是非、室内飼育で迎えてあげてください。


080子猫


救えるのは人間だけです。

082子猫


085子猫


086子猫


091子猫



若いMIXの子もいました。

092若いMIX



センターでお会いするのは2度目。


でもお話しをしたことがありませんでした。


その方とはワンコが居るしあわせのますびぃさん。

とても素敵な優しい方でした。
ますびぃさんは、収容犬のシャンプーをしてくださっていました。


お会いでき、お話できとても嬉しかったです。


また一つ 『輪』 ができました。

095ルーシー セターメス



検疫中のセターの画像を撮るのをますびぃさんに手伝っていただいて。


とてもかわいいセターちゃんです。

当会保護のサニー君と同じ行動、そして『ハイタッチ!』を披露してくれました。


もうすぐだよ。

ここから出られるからね。








この日、初めて見たセターの女の子。

負傷犬として収容されていました。


とても綺麗な子でした。


この子も、6月中にはセンターアパートにやってきます。




020セターメス

021セターメス



そして、もう1頭、♂のセター。


後ろ足を負傷しています。


足が痛いせいで、すこし緊張します。

『さぁ、来なさい!君の心の痛みに比べれば私はなんだって平気だよ!』

そう思わせたこの子の目・・・・


セターがどうしたらこんな風になってしまうの?


何があったのか聞いてみたい。


時間をかけてゆっくりケアして行きます。

079セターオス 負傷



先月から6月まで、昨年とは比べ物にならないほど
ガンドックが収容されてきます。


犬種の特性を考えたら、マイクロチップは絶対必要です!!



落としてなくなる鑑札より、マイクロチップの義務化を!!!
迷子札も必ず必要です!落ちない様に飼い主さんがきちんと考えて
あげてください。


オス・メスに関係なく、不妊・去勢は受けてほしいと思います。
増やさないからいいのではなく、犬の健康のためにも
手術は有効な手段です。

病気になってからでは、手遅れになることもあります。


予防のために有効な手段です。


スポンサーサイト

Comment

  • ボン
  • URL
みほさま

お問い合わせありがとうございます。センターからの引き出しの場合
本人が行かないと引き出しはできません。
千葉県にお住まいの方に限ります。
ボランティアからの譲渡の場合ですが
その会の規約にのっとり、センターのからの子を譲渡していただいてください。
当会の場合は、お見合い(事前に動物と対面)のため
どの地域にお住まいでも、お越しいただくことが条件となります。

犬引き取りたいんですけど

広島県に住んでるんでけど、そちらに行かないと引き取れないんですか?

  • ボン
  • URL
カギコメ様

ごめんなさい。
誤ってコメント削除してしまいました。
ありがとうございました♪

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。