L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

猟犬を飼うならば!

またまた、捕獲収容されました。

猟犬は、特性もあり他の犬よりもかなり慎重に飼育しなければ

ならないと思います。

家庭犬としては、とても優しく温厚で、従順、フレンドリー。

とても暮らしやすい犬種です。


しかし、外に出たとたん、本能が強く出てしまう場合もあり

その特性も知らず飼育することは『無知』の何者でもありません。


千葉、茨城、群馬、埼玉 どの県も猟犬が多く保護される県だと

この1年、ガンドックレスキューを行い思いました。


他県から、利根川を超え迷い込んでしまうことも多いような気がします。


埼玉県で、同じ顔、模様、当会保護そっくりなセターが収容されていたこともあります。


また、保護される地域には水辺があります。



当会で引き取った猟犬たちの中で、家庭犬として育ったであろうセター・ポインターは

35頭中、わずか7頭。


後の子達は、外に出ると呼びかける声さえ聞こえないほど、本能が強くなります。



千葉で保護する猟犬は、猟に使っていたか競技に使っていたか

と思わせる子たちが多く、訓練が入っている場合は、同じ行動パターンが

見られます。




また、セター・ポインターの個人ブリーダーが多いこともわかってきました。


そして、競技を行っている場所もわかってきました。


捕獲犬達が、収容されている付近でもあります。


猟犬には、何をおいてもしっかりとした首輪とマイクロチップが必要です!

鑑札 迷子札は外れてしまうかもしれません。


猟・競技に使うのなら マイクロチップ装着の義務化、猟友会からの啓蒙をもっと積極的に行って頂きたいと
思います!

(今現在、啓蒙を行っている法人もありますが、まだまだ前面に出てきていないような気がします)


in090525-031.jpg


sh090522-012009年5月22日 2009年5月28日 野田市柳沢 セッター系 白黒 オス 中 赤色の革製首輪


猟に使うばかりでなく、水辺付近での競技に出す猟犬についても
義務化し、マイクロチップ未装着の場合は
競技に参加できないという規則を作るべきと思います。


猟も競技も、囲いがある中で行うものではありません。



見つけ出されない猟犬たちが多すぎることを

もっと知っていただき、早急な改善と対策を呼びかけて行きたいと思います!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。