L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

ロットワイラー ♀

本日、ロットワイラーの引き出しを申し出ました。

尻尾フリフリの甘ったれさんだそうです。

14日ごろお迎えの予定です。

210416kongouzi4月16日市原市ロットワイラー黒/茶メス中鎖引き綱(黄色いロープが付いていた)4月24日


ロットワイラーは、国、州によっては特別な(危険)犬に指定されています。

本来、温厚で忠誠心が強くとても優しい犬だということが
広まっていないのが残念です。


と言うのも、番犬目的で飼育する方が多く
閉じ込められた環境で置かれると、温厚な性格は隠れ
反対の攻撃性が強い犬に変わってしまうのです。




ロットワイラーは、閉じ込めたり、係留したりして暮らす犬ではなく
しっかりしつけ、室内でともに暮らすことが一番理想的です。

大型でなくても、言葉で静止できる状況まで訓練することは
双方のためでもあり、室内で自由に生活できることは
ストレスも少ないでいょう。


今の日本でも、主に室内飼育が当たり前になってきています。
しかし、犬によっては室内を拒み、室外でのびのびしたい子
お家の中で、飼い主さんの姿を見ながら足元にいたい子、様々・・。


そのこの性格や、そのこが望んでいることを見極め
人間も犬もともに楽しく暮らして欲しいと思います。


お家の中に入りたい子なのに、外飼育でいいですよ、と
新しい飼い主に出してしまうボランティアさんもいますが
『死ぬよりまし』という気持ちでしょうが

犬の感情も考え、個々に合うお家選び、飼い主探しを
心がけていただきたいです。


終の棲家は、犬にとって最高の幸せが訪れなければいけない。

この子たちが悲しい思い、苦労した分、絶対に幸せにしなくては

いけない・・それが私たちの役目・・・


時間がかかろうと、いつかはめぐり合う すべては『縁』

そうですよね・・・・皆さま・・。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。