L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

一年の区切りに・・

3月31日、言葉にはできない感謝とそして寂しさとがこみ上げてきました。

千葉県愛護センターが大きく変わる中、ご尽力くださいました
所長様が、この日をもって異動になりました。


お会いしてお礼を申し上げたいと思っていたのですが
都合がつかずに、お見送りもできませんでした。


MR DD君と言うポインターを引き出したとき
書面への記入等々があり、私の手からリードを受け取り
『手続きしてください、お散歩してますよ』と声をかけてくださった方が
所長様でした。

私は職員の方と思い、『ありがとうございます~』と帰ってしまいました。
気さくに話しかけてくださり、ボランティアの気持ちを聞いてくださったり
時には厳しく、決して話だけして終わるということはなく
そのときそのとき、きちんと答えを出してくださいました。

その一つ一つが、今形になって現れています。




31日所長様がおっしゃったこと・・・

『時代の流れに乗っただけです』とおっしゃいました。

『いえ、そんなことはないです、時代の波に乗れないセンターもあります』と
申し上げました。

私たちボランティアを信じ、動物を託してくださることは
本当にご心配だったことでしょう。

そこから、信頼関係が築かれ、今こうして活動ができること
本当にありがたく思っています。


所長様を初め、センターの職員の皆様の異動がこれからあったとしても
今までと変わりなく、今まで以上にセンターとボランティアの連携が
取れることを願っています。


私は所長様に沢山のことを教えていただきました。
まだまだお話したいこと、教えていただきたいことがありましたので
異動されることを知ったときは、本当に残念でした。

高校の卒業式のようです。
涙がこぼれてしまうほど、残念でした。

所長様本当に1年間ありがとうございました。

私たちも頑張ります。



スポンサーサイト

Comment

  • ボン
  • URL
桃金さん

なんだか、お会いできないと思うと寂しいですね~。
私たちにとっては、大きく変わった一歩があったし。
所長様のことは忘れられないですよね。
感謝感謝です・・本当に!

今度のセンター行き、明日連絡しますね。

  • 桃金
  • URL
ありがとうございました

異動になられたのですね。
お会いしたのは2回だけでしたが、こちらの目をいつもまっすぐに見つめてお話して下さいました。
犬、猫たちのために・・・。多くの職員の方がそう思われている事でしょうが、それを目に見える形でしっかりと表して頂けたと思っております。
所長様のお気持ちを無駄にすることなく、これからも頑張って活動を続けて参ります。
本当にありがとうございました。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。