センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シェパード2頭飼い主が放棄
本日センターへ行ってきました。
そこへ、飼い主が2頭のシェパードを持ち込みました。
尻尾をかすかに振ったその後、悲しい別れと悟ったのか・・・
表情が変わりました。


持ち込まれるシェパード


2頭ともメスです。
1頭は7歳、もう1頭は少し若そうですが・・
とってもいい子たちでした。





収容部屋に入れられ、しばらく様子を見ていましたが
攻撃する様子もなく、他の子から逃げるように
尻尾を丸めていました。


043シェパ
052メスシェパ
055シェパ


ガラスに前足を掛けて『助けて・・・ここから出して・・』と訴えていました・・・。

なぜ、最後が殺処分なのか・・・・

人間は身勝手すぎます。

どんな理由があるにしても むごいことです・・・。

この子たちは、ボランティアへの譲渡、一般譲渡をするようです。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


こんばんは。御無沙汰しておりました。もぅ本当に言葉が出ないです。あの処分の現場が今しがた行われたかの様に、鮮明に甦ってきます。一般のごみ焼却場(クリーンセンター)に持ち込む感覚なんでしょうね。特定(危険)犬種←良い表現ではないですが、飼育者には厳しい規則を定めて欲しいです。勿論供給側にもです。話変わりますが、ビーグルちゃん幸せゲット出来ました。乳腺腫も避妊と同時に取る事が出来で、後はお届け待ちです (^-^)v
書類記入終わりましたら、改めて連絡します。
bamboo | URL | 2009/01/23/Fri 06:29 [EDIT]
はじめまして
はじめまして。犬大好きな人間です。
悲しすぎて会社で拝見いたしておりましたが涙が出てしまいます。
今は主人と共働きで子供もいなく、ワンを面倒みてあげられる時間も余裕もありませんが、いつか必ずセンターからワンを引き取り家族としてあげたい!
と強く思います。
こんなに、悲しくて切ない気持ちでいっぱいになったのは・・実家のワン(シェルティー)が亡くなった時と思いが同じです。
また拝見しにきます。
ジョンタロ | URL | 2009/01/23/Fri 17:12 [EDIT]
bamboo さん
こんばんわ(^^)
ビーグルちゃん、ご縁があったんですね。
良かった~!!
頑張った甲斐ありですね。
でも、もっとやんちゃな子だと思っていたわ。
書類はよろしくね。
出来れば、お届けの際の画像もよろしく~♪

この間bamboo さんが見た土佐犬といい、今回のシェパといい
何で?だよね。
看取る覚悟がないならば、初めから商売道具にするな!
飼うな!と思う。

メスの乳腺腫瘍は本当に多いね。
こちらの動物病院の先生も、連れて行く子が難題抱えている子が多いので
いつも驚いています。

早期発見早期治療をしてあげたのなら、
bamboo さんと引き出した、あのセターのようにはならないのにね。
また、会いましょうね。
ボン | URL | 2009/01/25/Sun 04:41 [EDIT]
ジョンタロ様
初めまして、コメントありがとうございます。
ご実家のシェルティちゃんが亡くなったときと・・・
一度味わえばいい悲しみが、何度もきてしまいますね・・・。
きっと、ジョンタロさんと赤い太い糸でつながっている子が
ここには必ずいますね。
私も運命の子にここで出会いましたよ。
活動はしていても、やはり一緒に暮らしたいと思う子は
いますもの。
短い命でしたけど、本当に愛しくてかわいかった。
そんな子をこれからも我が家のことしてお世話できたら
いいな・・と思っています。
ジョンタロさんのいつかそのときを私も楽しみに待っています。
めぐり合えたら、教えてくださいね。
ジョンタロさんのハンドルネームいいですね(^^)
ワンチャンの名前から来てるのかしら?
ジョン&タロー、この次保護するなら、この名前いただきたいです。
いいかしら?
ボン | URL | 2009/01/25/Sun 04:50 [EDIT]
こんばんわ。今日はまた見たら泣いてしまいそうなので会社ではなく、家で見ています。様々な子達がいて決してこんな最期を迎えるためにみんな生まれたわけではないのに・・胸が痛いです。
はい!!!どうぞ~名前使ってください。
そうです。ワンコの名前からきています(笑)

ジョンタロ | URL | 2009/01/25/Sun 22:49 [EDIT]
うれし~~!
ジョンタロ様、ありがとうございますぅ~♪
実は、たぶん、子犬がドバット来そうです。

お名前いただきますよ~。
そのうち、お披露目いたしますからね。

ここに掲載している子やセンターの子達の事を知り
涙を流していただけることに感謝します。
誰にも知られず亡くなる子が多いのですもの。
ありがとうございます。
ボン | URL | 2009/01/27/Tue 00:22 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。