L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

君津から負傷セター

情報公開された君津保健所にセターが収容されていました。
負傷のため本日、千葉県動物愛護センター富里に運ばれました。

本来なら、25日が収容期限で飼い主が見つからない場合
年明けまで、君津に収容されるはずでしたが
負傷のため、君津での収容は無理との判断から本日になったそうです。

情報公開をしていただいたおかげで、このセターちゃんの飼い主が
見つからない場合は、助けることが出来ます。
情報公開、本当にありがとうございました。

26日金曜日、ポインターを迎えに行くとき
一緒に連れて帰ります。

今年は26日でセンターの業務は終了とのことです。

後ろ足は(腰?)立たないということでした。
どの程度なのかは不明です。


♀のセター

1219nisioowada12月19日 富津市

スポンサーサイト

Comment

  • ロー
  • URL
君津のみなさま ありがとう!

君津の職員様。 皆様のおかげで ここに新たな命のリレーが始まります。 

もしも、この情報公開が来春なら この子はこのチャンスを手に入れられたでしょうか。
この命にチャンスを下さって本当にありがとうございました。
これからも 皆様のお力で どうか たくさんの命を救ってください。

そして、センターの職員様、どうぞ 保護犬・猫のWEB見てみてください。
確かに、人員不足や超過勤務などの理由により センター収容中の彼らは
汚れていたりすることは事実です。 でも! 保護された後の
彼らの生気を取り戻した姿を見てください! もちろん外見の汚れや病気で良し悪しを言っているのではありません! 美容院できれいにしてもらい 適切な食事と医療を受け
その眼に輝きを取り戻した彼らを見ることが 皆様の活力となるようにも願い
我々は 発信していきますよ! どうか このコメントをみていただけることを祈っております。
ボランティア団体とセンターの方々はある意味 一心同体ではないでしょうか。 
持ち込む人の防御と 持ち込まれてしまった彼らの救済。 両方が必要ですものね。

  • ボン
  • URL
了解です

ありがとうございます。
緊急の場合はすぐに連絡させていただきますね。
いつもありがとう!

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。