L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

明日の命

冬とは思えないほど暖かな日。
12月11日(木)センターに早めに向かいました。

今日は、カミカミテリア君の引取りの日。
元気でいるとの職員さんのお話に、嬉しい気持ちと
『帰る場所も飼い主さんもいない・・』とても複雑な心境になりました。

お天気がいいので、センターのモデル犬ダックスちゃんは、シャンプーをしてもらい
気持ちよさそうに正面玄関前で日光浴をしていました。


002ダックス


テリアのいる部屋には、いつものように収容された猫たちが・・・
飼い主さんらしき方がいるようです。

怯える目・・・おトイレ場所もないためかなり我慢しているようで
敷かれた新聞紙は汚していませんでした。
006猫猫1007収容猫

とてもかわいい子達、おうちに帰れることを祈ります。

テリア君の隣には、2毛のビーグルちゃんが・・
かなり小ぶりで、吠えません。
小刻みに振る尻尾の悲しいこと・・・

一般譲渡になる予定だそうです。
お迎えが来るよ、良かったね。

011にけビーグル

この子は房総方面での捕獲だったと思います。

今から18年前、私の活動は館山から始まりました。
まだ、三番瀬の子達と出会う1年前です。

房総方面では、ビーグルの捨て犬が多く、前代表の鈴木と
骨折した子犬をかばっていた、ビーグル親子を捕獲しに
夜中12時、採石場に登っていたこと、館山のボランティアさんから
保護したビーグルを縁付けるため、引き取りに行ったり・・・


捨てられたビーグルは、今も多く、収容情報に必ず載っています。
過去に、千倉町の漁港にペットショップの名前の書いてある
軽自動車から、バセットハウンドとビーグルが投げ捨てられたのを
目撃した近所の方がいました。
そのときのビーグルは私が引き取り、世田谷にお嫁入りしました。





夷隅で捕獲収容されたビーグルは、bumbooさんがお声をかけてくれました。
bumbooさん、ありがとうございます。

またしてもラブラドール・・・・
ここずっと、入り続けています。

それに、折り返しの年齢の子が多い。
ラブラドール、多すぎます!

この子はお声がかかっているそうです。
なぜ、ここに来たのか・・・どこの子だったのか・・・
飼い主の顔が見たいものです。
013ラブ

麻酔で捕獲された犬・・・

008麻酔捕獲

負傷の柴犬・・
009負傷柴

毎日部屋が空かないほど、次から次へ捕獲収容、持込があります。



テリア君の頭上に置かれていた紙。
もう、咬傷犬なんてレッテル、貼られる事もない。
ようやく長いセンター暮らしから、開放されました。
テリア
ケアンテリアのMIXか、お顔が大きく、とても愛らしい子です。
首輪は家についてからと無理にはせず、すぐに車のバリケンに入れました。
047テリア


検疫をお願いしているセターたちは、検疫部屋ではなく大部屋にそのままいました。
白黒茶の男の子のセターは元気がないように見えました。

今日でワクチン接種5日目です。
あと1週間と少し・・・パルボでなければいいのだけど。

このお部屋の子達は全部、譲渡対象犬です。
行き先が決まっている子・・
譲渡できるけど、お声がかかっていない子もいました。




同じ場所で、いま同じように息をしているこの子たち。
どこで運命は分かれるのか・・・

0290000.jpg


MIXだから? セターじゃないから? 大きいから? 小さいから?
オスだから? メスだから? 医療費がかかりそうだから?

諦める言い訳を自分の中でいつも見つけている・・・
いつも、いつも・・・・

譲渡用2


抑留施設内はかなり寒く、
この濡れた床が乾く事などありません
020譲渡用の子達



ほとんどの子が、伏せすることも出来ず力尽きるまで
立ち続けていました。
021力尽きるまで

こちらも床が濡れています。
朝のお掃除から、お昼過ぎても乾いていませんでした。

フードの上に乗ってしまう子。
一番温かい場所・・・そこしかないものね・・。


017ぬれた床に

真ん中で見ているクロラブちゃんとMIXの子は、そばに来ることもなく
ただただじっとこちらを見るばかり。

04ラブ
042クロラブ
11日
クロラブちゃんのそばに寄り添う茶の子・・本当に優しく
ずっとなめてあげていました。

このクロラブちゃん、ボランティアさんにお願いしているようです。

とても優しい顔をしているMIXの子も、譲渡用のワンとして
まだ残っていました。
019MIX






ラブ風な子は、寒さでフードの中にいました。
この子も、ボランティアさんにお声をかけているそうです。
とってもステキな子でした。

こちらで保護しているジャックのような子でした。

014クロラブMIX

様子が悪そうなシーズー。
部屋別にしてくださいました。目やにで両目が見えません。
濡れた床の上に伏せていました・・・。
021シーズー

最終部屋からの悲しい声が聞こえてきました。
何かを訴える、コーギーMIX の子。

このようなMIXを作り出すのも人間の罪。
そう思いませんか・・
不妊去勢など考えたことの飼い主から、産ませられた・・
そう思います。

かけあわせを間違えると、水頭症、全盲、聴力障害、内臓疾患など
生まれてきても、大きな病気を抱えてしまう子も多いのです。




無知とは怖いもの、そして残酷です。
最終部屋には♂この子が多く、フードの中に向けて
マーキングをしています。
036マーキング

これが最後の食事・・・
他の子も食べることはできません・・・・


テリア君は元気一杯、お外へと飛び出しました!
あの時、触らせてくれたおかげで、この子は助けることができました。













12月12日(金)


検疫をお願いしているセター、オスの様子が悪いようで
検疫を済ませてから引き取るか、それとも明日引き取るか・・・
悩みました。パルボの可能性があったからです。

今、目の前でまだ生きている・・・
引き取ってこちらでケアすることを決め、次の日再度お迎えにセンターに向かいました。

テリア君が入っていた場所には、負傷し、片目が見えないキャバリアの子がいました。
怯えながらそばによってきてくれました。

年齢は5歳くらいでしょうか・・。

002キャバリア

流行のプードル、アプリコットもここずっと入ってきています。
しかも持ち込みです。
3頭も!!!
017流行


検疫部屋から窓の外を眺めていました。
元気で出られることを祈らずにはいられない・・・

検疫部屋





秋田犬も同じですね。
毎回、入ってきます・・・・

なぜこんなにあふれているのか・・・

023秋田


セターたちもお部屋を分けてもらっていました。

003セターたち




ロットワイラーは躾を間違えれば攻撃性を生み出してしまうこともあります。
生まれたときから攻撃性など持っている子はいない!
攻撃性だけを出し、闘犬として使われている現実もあります。

ピットブルもそうですね。

ロットワイラーは本来穏やかで、頭がよく、とても優しい従順な犬です。
この子はまだ5ヶ月から6ヶ月、まだまだこれからです。
こちらでの引き取りを希望しました。

昨日とは違って、なんだか元気がありません。

一緒にいた、クロラブちゃんもいなくなっています。

007ロットワイラー

昨日はいなかった子たちも、沢山収容されていました。
また、ビーグルです・・・

012.jpg


セター♀
お外に出たら、自分からおなかを見せてくれました。
とてもフレンドリー、目の前に来ては座ります。

他のセターたちと行動が同じです。

出産をどれだけしたのか?
乳腺腫瘍のように、大きく膨れ上がっていました。

疥癬にもなっています。
痒くてずっとかきむしっています。
同部屋だった子も、掻いていましたので注意が必要ですね。

041ローズ
039ローズ



セター♂、とてもハンサムな子です。
元気そうで良かった・・・しばらく油断することなく
しっかり、健康状態を見ていきます。

毛ははげて、かなりの脂漏性と疥癬です。
痩せているようには見えなかったのですが、やはりガリガリです。

ジーク

セターオス





いつまで繰り返すのか・・・・

この子たちが何をしたというのか・・・・

013捕獲犬



年老いて、庭から脱走したり逃がしたりした結末がどうなるのか・・・・

迷子にさせ、家に戻れない子達の最後がどういう結末になるのか・・・・


006捕獲犬

こういう子をなくすことが出来るのは、飼い主である あなた自身であり
そして、私たちです。


保護する勇気、里親に出す知恵、呼びかける心、不妊去勢の理解、飼い犬の管理
みんなが少し努力してくれるだけで救える命も増えるはずです。

この子達を見るたびに、人間である以上自分に出来ることをやっていかなければ・・
そう思います。
     

           あなたに出来ることはなんですか?



027白い犬






迷子札を鑑札をつけてください。
   マイクロチップは落としたりしない、身元が確認できるものです。
   おうちの中で育てる子も、必ず不妊去勢をしましょう。
   逃げてしまったり迷子になったりしたときに、子供を作って帰ってくることもあります。
  そのまま見つからず、どこかで子供を産んでしまうこともあります。

     



    あのクロラブちゃんは、最終部屋で最後のときを迎えていました。

025クロラブ

昨日は生きていたのに・・もう少しでここから出られるのに・・・・

                                    残念です・・・・
 028クロラブ


明日の命は誰にも分かりません。

              あなたの命も、私の命も・・・・そして動物も・・・

 
  せめて、センターで死んでしまう子がいなくなることを願って、進んでいくだけです。

            今できることをするだけです・・・・


   
スポンサーサイト

Comment

  • ボン
  • URL
ままりんだ様

おはようございます。
先日ある雑誌に、そちらのセンターのことが載っていました。
ローさんと言うボランティアさんが、私たちに教えてくれました。
私たちの住む千葉県も、そういう方向に進んでくれたらと思いながら
これからもコツコツ頑張ろうと思います。

すべては継続すること。
引き出し頭数は少なくても呼びかける、訴えることこそ
とても大事なことだと思っています。
葛藤しながらでも、前進しなきゃ、何にもならない。

人間の心は時間が経過すればどうにかなるけど
動物の命は時間の経過で失われていくだけ。
これかもいけるとこまで、行くつもりです。

心の中、読まれましたね~(^^;笑

  • ままりんだ
  • URL

ボンさん お疲れ様
いつも、センター便りをみると心の葛藤と救えてよかったという気持が後混在しているなぁと。。苦しんでいるけど、前に進もうとしている姿に打たれます。
私は現実を知ることと、ただただ立派な里親目指しますね。
これくらいしか、皆さんに協力できることはないかもしれません。

  • ボン
  • URL

コメントありがとうございます。

毎日沢山入ってくるんですよね・・・
本当に切れることなく・・。

どうしてこんなに不幸な子がいるのか?
どうしたら減らせるのか・・
いつもいつもそのことばかり考えてしまいます。

えらそうなことを言っている私ですが、一人だったら
何かをしたのか?と思います。
まずは知ることから、それが第一歩ですよね。
頭で分かっていても現実を見ようとしていなかった歳月は
長かったです。

今からでも少しずつ、私も自分に出来ることを続けていきます。



Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。