センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


残念ながら・・


心配していたクロMIXの子は朝職員の方が来たとき、亡くなっていたそうです。
どんなに手を広げても助けることの出来ない子がいる。
助からない命もある。

収容期限を待たなければ、あの時助けられていただろうに。
決まりごとはなければいけない。
でもその決まりが、命を奪うことにもなる。

これは仕方のないことですね。
分かっているのですが、時々やりきれない思いに駆られます。

どんなに不安だっただろう、寒かったでしょう。

安らかに・・・。

sa081114-012008年11月14日 2008年11月20日 山武市麻生新田 雑 黒 オス 中 なし 長毛


1頭分のスペースがあきました。
ならば、この子しかいません。

『咬傷犬』のレッテルを貼られたテリアにお声をかけました。
この子は元気にセンターから出てこられると信じ、また待ちたいと思います。

咬傷犬テリア
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


可哀想にと思っても・・・
助けてやりたかったですね。
ゴミのようにというかゴミと同じに処分される場所で
病気で死ななければならないなんて
こんなことは早くやめなければ
こんなことしちゃいけない
「今日はこれだけの犬猫を殺して焼却しました」と
ニュースで流れればいいと思いますよ!
ランディのメイド | URL | 2008/11/25/Tue 14:05 [EDIT]
ランディのメイド様
今晩は。
命って、どこで分けられているんでしょうね。
人間でもそうですよね。
こんなに悪いやつ、なんでのうのうと生きているんだ!と思う人もいます。
何ででしょう・・・。
助けたいと願っても無理なこともある。

囚人扱いされる動物たちは、どこへ助けを求めたら
良いのでしょうね。
口が効けないことを良いことに、捨てたり逃がしたり増やしたり
ブリーダー崩壊の犠牲になったり・・・
いったいいつまで続けるのでしょう。
生態販売の中止とマイクロチップの義務化を早急に
しないといけませんね・・・。
ボン | URL | 2008/12/07/Sun 01:16 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。