L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

君津保健所へ

26日(火曜)

市川から車で1時間ほどで到着。
この日は、助っ人Oさんにもご同行願い(かなりお待たせしてしまい申し訳ございませんでした)
木更津にある君津保健所に行った。

犬たちが抑留されている場所は
保健所とは別方向で、保健所から車で15分くらいの山の中だった。

自力でたどり着くことは土地勘がないと分からない。

山の細い轍が残る道をあがり
抑留所へ向かった・・・。

そこには抑留場所だけで、他には何もない。
とても寂しい場所だった。

頼まれていた超大型犬とご対面。
(飼い主の事情により、公にすることができないので超大型にしています)

お散歩も自由散歩だったようで
とにかく引きが強いが、Oさんが縄を持った瞬間、きちんと聴いている。
犬も分かるんですよね。
さすがに慣れています、Oさん。

画像等とり終え、事情も理解し引き取りを決めました。
さすがに大きく、こちらでは保護できないため
Oさんちにお願いし、預かっていただくことになりました。

Oさん、本当にありがとうございました。
助けたいと願う気持ちがびしびし伝わってきました。

持込のまだ赤ちゃん猫・・・
お腹もぺっタンコでノミだらけ・・・

この子猫たちも『これもご縁、私が連れて帰ります』とOさんが・・・

明日になれば、富里に運ば処分になった子たち。

その前にきっと持たなかったかもしれない・・・

子猫
助けていただきました。

小さなダンボールにタオルを敷いてもらい、連れて帰ってきました。

Oさん、帰りは病院に直行。
お疲れ様でした。

そして、3頭の命を助けていただき本当にありがとうございました。


大型のほかにゴールデン、ラブ、ビーグルMIX、洋犬たちが
収容されていました。

抑留塔

ここにもかわいくて、良い子達がいました。

君津で収容期限が切れそして最終処分に富里へと行きます。
5日間の間にも、もしかしたら飼い主になる人が現れるかもしれない。

だから、収容情報の掲載、リンクを急いでほしいと
お願いしました。

ボランティアたちが、センターの成犬や猫たちを引き取れるようになって
1年。
なのにまだ、リンクもUPもされていない君津保健所。

千葉県では、この君津だけがUPされていません。

この1年、どれだけの子が、人目にも触れることなく
死んでいったのでしょう。

こんなにかわいい子達なのに・・・・。

001君津保健所




スポンサーサイト

Comment

  • ボン
  • URL
misa様

今晩は。
猫ちゃんのご冥福をお祈りします。

この記事をUPした年の暮れには
当時の所長様が、申し入れた私達の目の前で
君津保健所に連絡を入れてくださり
掲載を期限を決めてするようにと言ってくださり
掲載をしてくださるようになりました。
今はUPされています。
持ち込む理由む様々ですが
まずは、飼い主を探すことですが
そうなる前の不妊・去勢をしていれば
不幸な命を増やさずに済むのにと思います。

  • misa
  • URL

先日猫が亡くなってしまい、新しい猫を引き取ろうかと思いここにたどり着きました。
君津在住ですが、君津だけがUPされていないことはとても残念です。
アレルギーなどいろいろな理由で手放さなくてはいけない人もいるとは思いますが、保健所に持ち込むことだけはしてほしくないと思います。

  • ボン
  • URL
おちびさん

こんにちは。
先日はありがとうございました。

命を助けること、連れて帰るだけがレスキューではないですね。
今やるべきこと・・君津への働きかけかもしれません。
しばらくは、こちらのほうで頑張ります。

  • おちび
  • URL
近くに住んでいたら...

ほんと、近くに住んでいたら、ワンコたちやら三番瀬の皆さんにお会いできるし、非力ながらも、お手伝いできたのに、残念です。

そんな私でも、何か出来るかと思い、先日、千葉県知事さんにメールを出しましたよ。
知事には、一度センターを実際に見てもらって、少しでも現実を知って頂きたいこと。
また、譲渡会を週末に行って欲しい事。
週末だと、職員の手配や経費の捻出が厳しいといわれるならば、愛護団体に協力してもらってはどうか。
それも駄目ならば、せめて、譲渡会の会場の斡旋くらい出来るでしょ。
ってな事を、拙い文章では有りますが、私の意見を伝えさせてもらいました。

こんなメール、きっと相手にもされないと思いますが、でもこれからも、気付いた事をメールし続けようと思います。
そうすれば、そのうちちょっと考えてくださるかもしれませんし。

せめて、同県内のセンター・保健所の情報公開や、保護動物の管理システムは、統一して欲しいものです。


  • ボン
  • URL
おちび様

ご無沙汰です。いつもコメントありがとうございます。
おちびさんが、近くにいたら、私はきっと毎日会いに行くかもしれません(^^)
おちびさんがコメントしてくださる内容は、私が言いたいことがぎっしりです。
同じ思いの方がいることは、本当に励みですね。

同じ千葉県でも・・そうですよね。
この子達、君津保健所にもUPされていないんです。
ですから、電話での問い合わせをしないといけません。

先日、迷い犬を保護したんですが、そのこは東京の子で
仕事の行きに保護。
千葉県に連れて帰ってきたんです、私。

今はネットの時代、飼い主さんとネットでの画像確認で
間違いないことが分かり、すぐにおうちに帰れました。
こういうこともあるので、一日も早い情報公開をしてほしいと思います。

また、千葉県のセンターの規約も少し違うんですよね。
行ってない千葉県の保健所はあと2箇所。
この2箇所をたずねてみようと思います。
中をこの目でしっかり見てこようと思います。
そして、職員の方の対応や、動物の待遇も見たいと思います。

  • おちび
  • URL

ボンさん、お久しぶりです。

同じ県内の収容所でも、情報の開示には凄く差が有るんですね。
なんだか、そういったことでも犬や猫の命の明暗が分かれてしまうのは、居た堪れない気持ちです。

↓の記事にあった、咬傷犬の背中に付けられた赤いバツ印が、眼に焼きついて、離れません。
どんな犬だって、生まれながらに、むやみやたらに人を噛んだり、吠え立てたりするなんて事は無いと思います。
犬や猫を、人間と一緒に生活する動物(愛玩動物)として扱ってきたのが人間ならば、その動物達をきちんと躾けるのも人間の責任だと思います。
責任をまっとう出来ずして、なにが万物の霊長なんだか?

それにしても、収容所の管理体制って、全国的に統一できないものでしょうか?

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。