L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

東葛飾支所へ

26日(月)
初めていく、千葉県動物愛護センター東葛飾支所

昔からある古い収容所。

市川から松戸方面へ抜ける道は旧道で、軒並み梨園が続いている。
のどかな場所。

梨園を過ぎ、街中を走り、またのどかな風景が広がる。

センターに続く細い路地を探せずに何度も行きすぎ、また戻り・・・

ようやくたどり着いた。

正直、富里へのアクセスは本当に楽だ。
高速があるから。

しかし、東葛飾は下道、旧道、しかも混み合う道路で行きにくいし
富里に行くよりも時間がかかった。

8月東葛飾支所コピー0045

入り口を入り右には管理人さんがいる建物

左奥には子犬の収容されている建物

8月東葛飾支所コピー0047

事務局
8月東葛飾支所コピー0048

事務局の前に抑留塔がある。

8月東葛飾支所コピー0046

そして、正面には動物慰霊碑が建っていた。


8月東葛飾支所コピー0024

この日は、大粒の雨・・・
その中に、犬の姿が・・
8月東葛飾支所コピー0023
8月東葛飾支所コピー0019
8月東葛飾支所コピー0021

3頭が抑留塔の裏につながれていた・・
白いMIXの子は、雨にぬれ、満足な小屋もない。
なぜ?
8月東葛飾支所コピー0017

そして、抑留塔の入り口には、どこかで見たフレブルが・・。
収容情報に載っていた子だ・・・
8月東葛飾支所コピー0014

とてもいい子で、ボランティアに引き渡してくれたら
縁も早くつけそうなのに、この子は出さないという・・。
なぜ??

疑問がいくつかでてきた・・。



続きは少しずつUPしていきます。

子犬犬舎の前の囲いの中から声が・・・

8月東葛飾支所コピー0025

この子は譲渡しないのですか?の問いに

『ここで面倒見ているので』と返ってきた・・・

出る子は出す、これは基本だろう!
でもなぜ?

この件について、所長様よりお話を伺わないといけない。
きっと、他団体の方もそう思っているだろう・・。

私たちは主に、中型を引き出したいので
小型犬に力を入れてくださる団体なら、この子達は
引き取り対象に入っているのではないだろうか。

問題もなく、とても良いこだし。

抑留塔は、右と左に扉があり

左は大部屋右は1頭ずつの部屋わけがされている。


左の大部屋は覗くこともできない、まさにコンクリートの塊。

右の小分けされた部屋のこの中に、今回引き出しのMIX犬がいた。


その中の1頭にこんな紙が貼り付けてあった・・・

とてもハンサムな顔で、檻の間から見る顔から瞳から
ただむやみやたらと咬みつくようには見えない。

この子も、飼い主によって『咬み犬』にされた、被害犬。

8月東葛飾支所コピー0002
8月東葛飾支所コピー0003

譲渡用になった、犬たち・・
8月東葛飾支所コピー0001
8月東葛飾支所コピー0005
8月東葛飾支所コピー0011
8月東葛飾支所コピー0012


里親募集をしているメスの子犬 生後 3ヵ月半くらい
とても甘えんぼで、かわいい子だった。

現在、子犬犬舎にて新しい家族を待っています。

コクシジュームが蔓延しているので、センター犬を引き受ける際は
検便をまず先にしていただけるようにお願いします。
8月東葛飾支所コピー0032
8月東葛飾支所コピー0041

あと少し続く・・・


子犬たちがいる犬舎
広くはないが、パドックがあり、お天気の良い日には
お外の空気が吸える。

収容頭数はこの日は5頭

どの子もかわいい2ヶ月未満の子達だ。
8月東葛飾支所コピー0042

東葛飾は収容頭数は施設も小さいので
富里ほどではないが、しかし、毎日運ばれてくる犬やねこは絶えない。

まして、アクセスの悪い場所とくれば
引き取り手も地元の人たちが主だろう。

しかし、この中にいる子達にも富里と同じ位の
ボランティアさんたちの手が、一般の方たちの手が必要なのだ。

富里ばかり行っていたが、今後はこちらの子達も
頑張って受けられたら・・と思っている。

抑留塔に収容されている子達の鳴き声が、雨の音に混じり
とても悲しかった。

どうして、こんなにも多くの動物たちが苦しく悲しい思いをするのか・・
やりきれない思いだ・・・。
スポンサーサイト

Comment

はじめまして

私は昨年こちらから成犬のダックスを引き取った者です。
とてもいい子なので、センターから譲り受けた子でもいい子がいることを
知ってもらいたくて自分のブログに時折記事を書いています。

当日早く連れて帰ろうと可愛そうな一心で写真を撮りませんでした。
ありがたく画像使わせていただきます。

  • ボン
  • URL
カリメロ様

こんばんわ~。温かいお言葉ありがとうございます。

本当に一日に捕獲、持込される動物の数は日本だけでもかなりの数ですよね。探さない飼い主もいれば、見つかっても引き取りにこない飼い主までいる。
それもどうしてなのでしょうね。

動物と暮らすことは、人間の子供と同じ、まさしくそうですよね。
でも引越しや家庭の事情で、子供は手放さずに、動物は手放す。
やはり犠牲は全て動物が受けてしまう。
だから救い出した命は、今度はしっかりと最後まで見届ける役目を
していきたいとお思います。
これからも、1頭ずつ確実な橋渡しができるように
頑張ります!その前に、ウィルス退治ですけどね(^^;;

  • カリメロ
  • URL
どうして

毎日お疲れ様です。それにしても千葉に限らずどうしてこうたくさんの動物達が収容されてしまうのか・・・もと飼い主達に憤りを感じます!私も犬を飼っていますが何があっても見捨てることはできません!もう老犬ですが今までずっと一緒に暮らしてきた家族の一員。たくさんの幸せももらいました。ワンのおかげで沢山の知り合いもできました。具合が悪そうであれば病院に行きみてもらい治療をしてもらう。予防接種をするのも。全て人間の子供と一緒なのになぜ見捨てることができるのでしょう!不思議でたまりません!
なんかよく分からないことを書き込んでしまいすみませんでしたm(__)m ポイ君達も早く完治するといいですね。命が繋がった子達の幸せ、一匹でも多くの子たちの幸せ祈っいてます。ボン様これからもお身体に気をつけながら頑張ってください。応援してます。



Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。