センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鉄の扉
1月6日(金曜日)


午後、あわてて家を飛び出し センターに向いました。

昨年捕獲されたメスのセッター、どうしているだろう・・・
元気でいるのか・・。


センターに到着し
手続きをして、あの子が待つ部屋へ。

職員の方がいらして
新年のご挨拶をし、セッターがいる部屋を指差し教えてくれました。

そして、もう一人職員の方がいらして

『もう1頭いたんだよ、遅かったよ、昨日死んじゃったよ・・・』と。



どんな子だったんだろう、
いい子に違いない・・

寂しかっただろうに
寒かっただろうに

どんなに心細かったか・・・・


胸に刺さるような痛みが走りました・・。



職員の方に許可をいただき
セッターを出しました。


嬉しさの余り、飛びついて 飛びついて
どんなに抑えてもしがみついてきました。


もう大丈夫なんだよ。




そして、部屋を出ると

隣の部屋から覗いている子がいました。




003収容犬


ほんの数ヶ月前までは

どの部屋にも犬達が溢れかえり
部屋の中から唸り声 喧嘩をする犬達
弱い子に襲い掛かる犬達がいました。



そんな時、思い切り分厚い鉄の扉を壁を足で蹴りました。


思い切り何度も蹴ったことを思い出しました。



怒られたってやめるもんか!

そう思っていつもけっていました。



この扉は本当に厚く、重たい・・。

どれだけ蹴ったって、壊れもしない へこみもしない

そんな扉の向こうで、彼らは生きています。



死に向かって生きるのです。



厚い扉に一生懸命飛びついて、しがみついて

こちらを伺う可愛い子。



かすかに揺れる尻尾。

淡い期待を抱いているのだと思いました・・・。




セッターの女の子 

名前は 『すもも』

2~3歳の若い、小ぶりの子です。


0072012年 1月6日 セッター すもも

固いすのこの上に長いこと座っていたせいか

足取りはおぼつかないようでしたが

暫らくすると、ジャンプするような歩くような

元気よく引き始めました。

006 すもも

走り去る捕獲車、あの車に乗ってきたんだよね、あなたも・・。


009 すもも

後姿も素敵な子。

010 すもも

さぁ、シェルターに到着しました。

センターで見たお顔とはまるで別犬。

本当に美人さん!

022すももちゃん



ほんの一握りに過ぎない・・・
生きられる命・・


 そんな子達を迎える人も まだまだ一握りかもしれません・・。





byボン

スポンサーサイト


殺される理由
昨年は、猟期にかかわらず多くの猟犬たちが
捕獲収容されました。

千葉県動物愛護センターをはじめ
茨城、群馬、栃木、埼玉は猟犬たちが
いつでもセンターに収容されています。

この犬種は、故意に産ませない限り
増えることがない犬達です。


何のために産ませるのでしょうか・・。

首には鈴・・


飼われていたことに間違いはありません。


昨年末に収容されている以下の猟犬たち。

悔しいけれど、これ以上保護するスペースがありません。

死なせたくない・・・

新しい家族を見つけてあげたい・・・

そう願ってもどうにもなりません。


以下3頭は飼い主が見つかっていなければ、
本日、夷隅保健所から千葉県動物愛護センターに移送され
明日の朝、殺処分となります。


1227 23年12月27日捕獲 夷隅市 山田 しろこげ茶 中型 ナイロンオレンジ首輪 オス 24年1月4日 水曜まで
img_0492 1226  23年12月26日捕獲 夷隅市 楽町 ポインター 白こげ茶 オス 中型 左前足負傷 24年 1月4日水曜日まで
1221c 2011年 12月21日 茂原市長尾 セッター 白茶 オス 中型 黒くびわ 鈴付 1月4日まで 夷隅保健所


この2頭は茨城のセンターにいます。
この子達には猶予がありません。

PC260003常陸太田市白羽町 セッター 白黒 雌 中 オレンジ  2011年12月26日(月)茨城県
PC260002常陸太田市白羽町 セッター 白 雌 中 ピンク  2011年12月26日(月) 茨城県



年々、センターに入る猟犬の数は増えています。

また、捕獲収容される猟犬に変化が出てきています。


全く猟をしない子
若い子が多く、イングリッシュ・セッターの数は圧倒的に多いです。

繫殖にも変化があるようです。
近親交配だろうと思われる子も増えています。



どうしたら食い止められるのか・・・

1日も早く動き出さなければ
死なせる子を増やしてしまいます。


どの子も、どの子も何のために生きてきたのでしょう・・。

罪もなく ただ生まれて来たばかりに

殺処分になる・・・。


何の理由があって彼らは殺されなければいけないのでしょう・・・。



by ボン









Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。