センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鼓動
おはようございます、ボンです。

12月20日、センターにセッターのお迎えに行って来ました。
しかも、群馬、千葉、二手に分かれてのお迎えです。

群馬は執事さんにご協力いただき

千葉には私が・・。


千葉県の動物愛護センターに2頭のセッターが収容されていました。
1頭は、ビーグルRESCUEで頑張ってくださっているチップママさんが
預かってくださり
あとの1頭は、まだ収容期限内につき、性格と状態を見てきました。

連れ帰った子は、大きな穏やかなセッターの男の子。


毛も手足も長い子です。


悲しいくらいの毛玉・・・。


ボン家12月20日 030オーディン

ボン家12月20日 032 オーディン

ボン家12月20日 034





そして、収容されたセッターの子。

ks111216-02 2011年 12月16日 千葉県捕獲 旭市大間手 セッター 白黒 オス 大 なし  12月26日まで





『職員さんのお話だと、怖がりでケージから引っ張っても出てこない』とか・・。



リードを輪にして、引っ張り出しました。

体の下には大きなウンチが・・・。



許可を得て、外に連れ出しました。


口の周り、緊張しているのがわかりますね・・。

ボン家12月20日 012収容棟で



外に出ると、激しく頭を振り

逃げようと必死です。


リードに咬み付き・・・。




動きが止まった瞬間、

少し、大きな声で 『おいで。。。』と

後ろに下がりながら、手招きをしました。



   次の瞬間、恐る恐る私の脇の下に顔を埋めました・・。


ボン家12月20日 016


ボン家12月20日 018





この子を包んだ私の手に感じる

 生きているという証、鼓動・・・

           力強く響きます。 




暫らく撫でながら考えました。


人懐こい子は他にもいる・・・

こんなに怖がりで、これからトレーニングも時間がかかる子を

積極的に救い出さなくてもいいんじゃないか・・・


   自分に問いかけました。







この子をケージから出す時



  『ボクはもういいよ・・・』


あきらめ そう言っているかのようだった子が


こうして見つめ返してくる・・。









ボン家12月20日 028 バース




この先のことは、あとでゆっくり考えよう・・・。








一緒に生きてこう!


  名前は決まったね 『BIRTH バース』


ボン家12月20日 023バース









群馬から来た女の子のセッター。

放浪が長かったらしく、公園で空き缶を探しては

中のものを舐めようとします。


ご飯も口いっぱいほおばり、逃げるように食べます。


ボン家12月20日 048



この子も鳥猟犬として生まれて来たこと

メスとしてどう扱われてきたのかを

私達に伝える役目を背負っているようです。



ボン家12月20日 065 家の中へ





そして、茨城のセッターも・・・。


12月21日 収容期限が切れたこのセッターを引き出しました。

子供を何度産み、育ててきたのでしょうか・・。


この女の子は、里親様の元に直行です。


メリーちゃんと可愛い名前をいただき


これから毎日愛され生きていける・・・。


間に合ってよかった・・・。


PC150010神栖市息栖 雑種 白黒 雌 中 無 12月15日捕獲 茨城県






2日間で4頭の命が繋がりました。


繋いだ先には必ず幸せがなくてはいけません。


一人でも多くの方が、収容される動物たちのこと


鳥猟犬の置かれている現状について


知ってくださることを願います。




  ボン



広めるために、ポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト


救える道
 


  <緊急!> 預かり様募集!!!



   預かりをして下さる方を緊急募集いたします。


12月15日(木)

最終部屋にいて お座りしたままガラス越しにこちらを見ていた子。



大柄なMIXと思われますが

とても穏やかそうな、人なつこい子です。




でも 何かがおかしい。

なんだか右前足が短い?






骨折しているようです。

ぶらぶらした前足を持ち上げているため、正面から見ると短く見えたのでした。




最終部屋の子
最終部屋の子2


痛いだろうに、骨折してぶらぶらしている足をついて

ひょこっ ひょこっとこちらに寄ってきてくれました。


なんて可愛らしい笑顔。







最終部屋の子3
最終部屋の子4


毛の感じも変わっているように思えませんか?

耳の横に垂れさがっているのは固まった毛玉です。

しかもこんな毛の束が何本も。。。


体の他の部分にも、驚くほど長い毛の束がありました。

一体どのくらい放置されてきたのでしょうか。







夕方遅い時間で詳細は確認できておりません。

しかし、それを理由にあきらめたくはありません。







現在、センターアパートにはスペースがありません。

この子を預かって下さる方はいらっしゃらないでしょうか。

もしくは 今、アパートにいる子を預かって下されば

この子のスペースを確保することが出来ます。



一刻も早く病院に連れて行き、治療を施してあげたい!



最終部屋の子5

どうぞ宜しくお願いいたします。





最終部屋のあの子は

最終部屋の子6

帰る私たちを 立ち上がってみつめていました。























今日、センターへ行ったのは収容されているセッターの様子を見せてもらうためです。


収容されているのは二頭。




職員の方に伺うと

一頭の子は飼い主が見つかったとの事。

お迎えはまだのようですが、一刻も早く来て下さることを願います。



もう一頭の子は、まだ飼い主は見つかっていません。

白黒ぶちのこの子。

セッターの男の子

大柄な子です。




セッターの男の子2

大部屋の中にあるステンレスのケージから出す時も、すんなりと出てきました。




セッターの男の子3

ほんの少し興奮しているようでしたが

こちらに寄り添ってきて撫でられると嬉しそうにしています。




首にかけたハーフチョークの大きさを調節しようとして体に触れた金子さん。



「 うわっ ひどい。」



かなり大きな毛の固まりがあるとのこと。

体の他の部分を触っても、あちらこちらに大きな毛玉。










この子は検疫をお願いしました。







セッターの男の子4

個別のケージの中には ひどい下痢状のウンチ。



頑張って検疫を乗り越え、必ず私たちのもとへいらっしゃい。

待っているからね。















                         桃金




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村







こちらのランキングへも

いずれか一押し お願い致します。

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ



見えない表情



11月30日 水曜日。

マローのお迎え。



私とLabさんとで 収容棟へ向かいました。



収容部屋のいくつかにステンレスケージが置かれ

一頭ずつ入っています。

この形になってから、初めてのセンターでしたが

犬達も落ち着いており静かでした。



さぁ どの部屋のケージだろうか

他団体さんのレポートでは ケージの中に入っていたから

奥の職員さんに伺って出して頂こう。

そう思って廊下を進むと

大部屋にこの子の姿が。





え?

なんで?


ケージの中に入っていれば、冷たい床に直に寝そべる事もないし

体も濡れたり汚れたりしにくいのに・・・?

なにより 他の子の排泄物に触れることもないので

感染症の心配も 部屋の中にそのままいるより少ないのでは・・・?



そう思いました。



どの時点でケージから出されたのかは定かではありません。

間もなく迎えが来るから ということだったからなのか。










「 とってもいい子だよ。」

そう仰る職員の方にお願いして部屋から出して頂くと

まっすぐに駆け寄ってきました。




アパートにいる せんきち くらい大柄な子だとは金子さんから聞いていました。

でも首は細いからね と。

その言葉通り、用意していった首輪を一番小さくしても

かなりの余裕がありました。


ハーフチョークを掛け

スリップリードを使って外に出ることに。





外に出ても緊張していて 排泄は全くしません。

呼べば素直にこちらにやってきますが

尻尾を足の間に入れ、怖いのか 時には伏せて体を固くし縮こまってしまったり。







マロー

それでもまっすぐに人の目をみつめてくれていました。





多頭飼育現場に寄ってきてからのお迎えだったので

日も暮れ始めました。

正面

マロー

セッターの男の子。







アパートに着いてからのお散歩で 酷い水下痢。

この日の検便では、虫はおらずパルボも無しとのことでしたが

もしかしたらと虫がいることを想定してお世話していくことに。



車の中で鼻鳴きをすることはありましたが

一声も出さず。

アパートに着いても とても静かにすごしています。













マローを廊下に出して頂き、帰ろうとしていたその時

少し慌ただしい雰囲気に。




他所からの移送車が着いたのでした。




一つの檻の中に入れられた何頭かの犬。

あっけなく最終部屋へと入れられました。





私たちと一緒に見ていたマロー。

あの犬達の恐怖を感じ取っているであろう マローは

リードを持つ私の足に体をくっつけてきました。

「 ねぇ 早く 早くここから出ようよ 」

という彼の言葉が聞こえるようでした。



センター2回目のLabさん。

目を背けることなく 収容の様子をじっとみつめていました。

彼女の顔を見なくても

とても悲しい目をしていたことはわかります。








もちろん

確認などしなくても

一番悲しい目をしていたのは

最終部屋に入れられたあの子たちなのだということは

私もLabさんも 十分にわかっています。


  


                           桃金


 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村







こちらのランキングへも

いずれか一押し お願い致します。

人気ブログランキングへ


人気ブログランキングへ





Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。