センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


茨城県動物指導センター
2月10日(水)
見学を希望していた ボランティアさんと一緒に
茨城県動物指導センター
行ってきました。

センター見学ははじめての カイちゃんとようちゃん。
桃金さん、ローさん Fちゃん そして私の6人で向いました。

茨城県に入り、途中のサービスエリアで休憩しようと
降り立ったところ、こんなに寒いの・・と言うくらい
息も白く、本当にガタガタと震えるほどでした。

車を走らせ1時間40分 センターに到着しました。


見学のための書類に記入。

茨城のセンターに来たことがない5人
緊張しながら、職員のS先生のお話をしっかり聞いています。


茨城県のリーフレット等、よく作られています。

これは、昨年のものですが、種類や説明はわかりやすく
いろいろあり、持ち帰りやすい場所にありました。
035リーフレット


受付には、ポケットティッシュなどに印刷をして
啓蒙しています。

031AA.jpg032AB.jpg


殺処分を減らすために

迷子にしないこと、迷子札をつけること。
増やさないよう不妊去勢をすること。


職員の皆さまも県は違えど、一生懸命考え、啓蒙し
自ら頑張っていらっしゃいます。



茨城のセンターの建物は小さいですが
それでも収容頭数は多い。

この日の朝に、殺処分は行われ 私たちがセンター内に入ったときには
焼却炉が動いていました。



センター内の建物は全部で4つ。

捕獲収容のための建物
負傷の子達が入る建物
譲渡のための子犬部屋
新たに改築された収容部屋

捕獲収容の建物には 業務が終わるまでストーブがところどころに置いてあり
動物達は温かそうです。


負傷部屋の猫たちの部屋にも暖房があり
とても温かく、清潔に保たれていました。


子犬たちの部屋は、床暖房を設置されていました。


世話をする職員の方が、密着している収容部屋。
糞などは、できるだけその場で処分するため
すぐに取って下さっていたりしています。

また、収容部屋に入りやすいので、お世話もしやすいのですが
一旦、感染症が出てしまうと、完全密室ではないので
汚染は広がりやすい傾向にあるかと思います。

しかし感染症の問題は、どこのセンターも避けられないもの。

症状が出たとき、どう対処し広がらないようにするか
また、病気を抑えるため治療などをするのか。



今回、茨城に向う前に
ボランティアのみんなには伝えました。

茨城の収容期限は3日。

子犬、成犬 連れて帰れる子がいれば

その場で申請することが出来る、と・・・。




残念ながら収容期限を過ぎた子は間に合わず、成犬も収容期限が過ぎていないため
連れて帰れる子はこの日、成犬2頭。


他の収容期限を過ぎた子は、ほとんどお声がかかっていました。


1頭は子犬を産んだばかりの甲斐犬模様の中型犬と子犬5頭。
目が開いていませんでした。

生後1週間~10日位でした。



テリア風の少し小さいMIX犬は女の子。
かわいらしく、他でもお声をかけてくれるかもしれないと思いました。





子犬の中から連れて帰ることを決め

カイちゃん、ようちゃん、Fちゃんの3人が
子犬たちの部屋に入りました。


部屋に入ってすぐ、Fちゃんが1頭の子犬を抱き上げ
私の顔を見ました。


Fちゃんは、千葉県動物愛護センターでお掃除をしてくれているボランティアもしているため
弱っている子がすぐにわかります。

離れている場所から、何を伝えたいのか わかりました。

子犬白茶 茨城






そして、カイちゃん、体も小さく弱々しい子を抱き上げました。

子犬♀ 茨城B



2頭を抱いて、車に向いました。

書類を頂き、みんなもういいよね・・・と顔を見ると


『・・・・・・・』



子犬をもう1頭、連れて帰ることにしました。


離れてぽつんといた子犬。


ようちゃんが向いました。



そして、つれてきた子が

茨城から3頭子犬

子犬2月10日茨城A








白茶のFちゃんが抱き上げた子は、
感染症の疑いが強く、病院へ急ぎたいこともあり
早々帰路に着きました。




初めてのセンター、何度足を運んでも、助けて上げられる頭数には限界があり

毎日、どこからこんなに捕獲され、あるいは持ち込まれてくるのか・・・


なぜ死ななければならないのか。


命はみんな平等なのに・・・





子犬たち3頭、隔離するため執事さんにご協力をお願いし、ワクチンが打てるときまで
お世話して頂くことになりました。



私達は、その場で命を抱き上げただけ。


ここからが本当のRESCUEです。


命を繋ぐために、必死にお世話することがどれだけ大変か・・・


そしてそのバトンを ぷーさん や  かよ母さん に運んでいく・・・。


執事さん、本当にありがとう。

子犬たち、宜しくお願いします。




無理をしてもそこに命がある限り、頑張るしかない・・・・

消える前に、消さないように 私達人間が頑張らなくては!!!






茨城県では撮影が禁止されていますので
言葉のみですが、本当に考えて温かく、清潔にお世話してくださっていました。
ストーブなどは夜はつけられなくても、日中暖を取れるのは
体力消耗も少なくなります。
お腹を出して寝ている子犬も、遊んでいる光景も見られました。

S先生、お忙しいところ本当にありがとうございました。


















スポンサーサイト


ぬくもり
2月5日(金)

センターの木々に小さな芽。

春の訪れが近いことを告げていました。


しかし、この日の収容棟はとても寒く、
子猫たちには堪えます。

しかも負傷している子、
食事も出来ず小さな息をしている子・・・・


なぜここにいるのか・・・

          人になれているこの子たち。



人間の身勝手さを今日もまた、感じています・・・。


子猫


クロラブ風の子もかなりのストレスを感じているようでした。


この中に閉じ込められている時間が長い・・・・

お散歩に出してもらえても、その後は誰もいない部屋。


本来甘ったれの性格なのでしょうに・・・・

22年2月5日黒ラブ 



手前の部屋から そっと近づくと

22年2月5日 1日目 子犬生後5ヶ月くらい


こんなに可愛い子のお顔が見えました。




そして、続く部屋に・・・・

子犬と寄り添い、寝ていました。

22年2月5日

大きなゴールデン、前回もいた子です。



(1月27日にいたゴールデン)
1月27日ゴールデン2日目
※ちばわんさんにて預かり先を探してくださいました。
 ありがとうございます。




セッターの後ろには、顔が白くなりかけているビーグルの姿が・・・
体格のいい子です。

迷子札があれば、マイクロチップが入っていれば
すぐにでもおうちに帰ることが出来る。

もし捨てたのなら、飼い主が特定できる。

一日も早く、マイクロチップ装着が義務化されること、

マイクロチップの必要性を行政が感じてくれればと思います。



ビーグル老犬風 セッター ♂2月5日金曜日



甲斐犬風 22年2月5日


子犬 22年2月5日


22年2月5日 子犬5ヶ月くらい

22年2月5日金曜 2日目


3kame.jpg


2日目22年2月5日金曜日



ポメ 老犬 2月5日



22年2月5日金曜日 最終部屋



人のぬくもりの代わりに、初めて会った犬同士、暖めあい 寄り添う・・・・


本来、この子達の横には 一生伴にする飼い主のぬくもりがあって当たり前なのに・・・


           その当たり前が、なぜ出来ないのか!






殺処分を迎える動物達を目の前に、人間はその『殺処分』を当たり前だと思っている。

仕方のないことだと思っている。

そう思っている人間がいるとしたら、その人間はただの傍観者で

本来の問題を深く考えることもなく、他人事のように捉えているのだと思う。


不幸な動物が増えることは、その国の人の心が『病』に侵されている証拠。


心が貧しい国。


自分さえ良ければいい人間の集まる国。


そんな人間の中で、与えられた運命を受け入れるしかない動物達。


野良のほうがどれだけいいだろう。


逃げ切れ!逃げ切って生きればいい!

センターに収容され殺処分にならないようにと 祈る自分がいる。


センターは命を守る場所!


 そう、心から思える日が いつか 来るのだろうか・・・・・









ヘンリー オスのセッター。
本日連れ帰りました。


今まで保護したセッターの中で、一番訓練が入っており

室内でもすぐに暮らせるほど、本当にいい子です。

また、お散歩も本当に楽で脚側走行です。



捕獲収容時、首には訓練用の電気が流れる、

トレーニングカラーが装着されていました。

機械部分は外れていたので、怪我もなく本当に良かった。


ヘンリー2月5日NO3

22年2月5日 ヘンリーNO1
首輪 ヘンリー22年2月5日



ヘンリーは、犬と暮らせば
さんが一目ぼれでお声をかけてくださいました!

14日、移動します。

ゆかさん、ヘンリーを引き受けてくださりありがとうございます。

里親様探しも全てお願いすることになりました。

皆さま、応援よろしくお願いいたします。






Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。