センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


失われゆく 『命』
昨夜、同じ千葉県で活動するぶんたさんから電話があった。

ぶ  『また、入ったね・・・・、知ってる?』

ボ  『知ってるよ、もちこみでしょ?』

ぶ  『違うよ、夕方だよ』

ボ  『えっ・・・・・』


私の把握している数より、さらに鳥猟犬が収容されていた・・・。
ぶんたさんも、鳥猟犬が大好きな方・・・
お互い、言葉も少なくなりました・・。








今日は子犬たちの引き取りにセンターへ。

雨の降る高速道路、視界はまるで洗車機の中のよう。

 いっそのこと、心も洗って欲しい・・・

こんな思い、忘れるくらいに・・・
                 




センターの中は、どうなってるんだろう・・・・・

     いったいどれだけの子達が、収容されているのだろう・・・

 センターに行くとき、思うことはいつも同じだ。



         失われゆく命が 今日もたくさんいるのだろうかと・・










センターに到着し、まずは今日引き出しの子犬たちを車の中へ。

006子犬

男の子、生後2ヵ月半。




鑑定室にいる母、子犬が気になり

まずは会いに。


015ママ子犬
 
子犬、育ってる。

ママの顔も心なしか、穏やかなような気がする。


子犬のお腹にはノミが這っていた。









前回もいた、ビーグル君。

とても穏やかな性格で、本当にいい子。


フード入れが、何かで外に出てしまったらしい。

戻してあげると、静かに食べ始めた。



何とか出してあげたい。


センターで会うのは3度目。

吠えた声を聞いたことがない。そしてバタバタしない。

とってもいい子、5歳位。

どなたか、預かりしてくださいませんか?

01ビーグルオス






かわいいMIXの子。

この子も、なっつこい性格と小ぶりな体。


お迎え来てくれますように!!

017鑑定室MIX


生後2ヶ月ほどの黒い子猫。
ブルーの鈴がついています。

011クロネコ鈴つき

負傷している猫ちゃん、動けずにいました。

008猫ちゃん

青い目の長毛猫ちゃんは、人のてを怖がりません。
とても小さい子でした。
子猫ちゃんは、風邪を引いていました。

013子猫とペルシャ


豹柄の首輪に鈴つき、収容情報がなくどこで保護されたのか
わかりませんでしたが、人なつっこい子です。

右目は事故でしょう。

お家に帰れなくなったようです。まっすぐに歩けなくなっています。

見つけてあげて欲しい、まだ生きているんです、ここに!!
ちゃ白、豹柄首輪 鈴つき




フラット似の子は、お腹が腫れています。
咳き込みもある・・・

センターから出られる日ももうすぐ、頑張って!

022フラットMIX




収容部屋1日目、1頭の白い子が収容されていました。

いつも狭く感じるこの部屋も、本当は広いな・・

収容頭数0頭、そんな日が来ることを願い、突き進むだけ・・

0241日目の収容部屋





隣の部屋を見て愕然としました。

ガンドックが3頭

ファニーに良く似た、スレンダーなセター
検疫をお願いしました。

032セター




この子も手足の長いセター。
美人なのかハンサムなのかわかりませんが
素敵な子です。

検疫をお願いしました。

031セター




この子は断尾されていました。
とても小さい子で、本当に大人しい。

目はこちらに来たがっているのですが、他の子がいるため
来ることができませんでした。


この子は、一般家庭でも十分暮らせそうな子です。
センター内で、この落ち着き方なら大丈夫。


上記2頭のせたーはフィールドに使われていたと思われます。
白が多い子は、実猟かもしれません。


046ブリタニー 断尾





しつこく、マウンティングされるトライカラーのセター

036セター




前回、この子はとても元気で、他の子にちょっかいを出していたのに
今日は、起き上がることもできませんでした。

ただただ、私のことをじっと見つめていました。


救ってあげられないことに、謝るしかない・・・・

どの子か救えば、必ず助けられない命はある。


差し込む光が、この子をほんのわずか温かく包んでいるように 見えました・・・。


悲しい光景です・・・







元気になって、頑張って、まだチャンスはあるんだから。

037MIX.jpg



この子もとてもいい子です。

顔のゆがみがあるようですが、とても元気な子です。

それに優しい。

お座りのコマンドもしっかりできました。

収容部屋の中で、お座りをするなんて・・・

本当に従順な子です。

まだ、年齢もいっていない、男の子です。

助かりますように・・・
041ラブ


柴犬ちゃん達、白い子はとても綺麗な子で

穏やかな性格です。

ご縁があることを願います。


吠えるでもなく、2頭してこちらを見ていました。


054柴ちゃんたち



ブリタニーの男の子。

本当にハンサムな子です。

この姿を見ていると、以前センターの職員の方と死に際に立ち会った
ブリタニーレバーの子を思い出します。

同じ格好をしていました。

君は絶対、生きるんだよ。

がんばれ!

皆様の中で、里親様になってくれる方いませんか。

とても従順な性格の子で、他の子にちょっかいを出そうとしたとき

大声で『 ストップ! 』と叫んだら こちらを見てとまりました。

そして、伏せて・・。

059ブリタニーオス

067ブリタニー




当会で検疫をお願いしているセター。

他の犬に咬まれていたのでしょう。

体のあちこちが、血で固まっていました。

そして、目の前で起きました。

065セターオス キング似


引き離したくても離せない・・・・

窓を叩いてもどうにもならない・・・

首からお尻まで、咬まれてしまいました・・・

職員の方が飛んできて、離してくださいました。


079セターオス アーチ




どこの団体のセンターの記事にも出てくる男の子。

とってもいい子なんです。

どなたか、家族に迎えてくれませんか。

本当に大人しい子です。


083MIX君


ダックスも前回は7頭収容されていました。

まだまだ数は減りません。
084子犬ダックス



最終部屋には、若犬が1頭。

怯えた目で固まっていました。

身を隠す場所もなく、本当に怖いでしょう・・・。
076最終部屋

E・セター アーチ君

[広告] VPS




本日引き出した子犬の兄弟の女の子2頭。

本当に愛らしい子達でした。

この子達は、子犬の譲渡会で会うことができます。

是非家族に迎えてあげてください。

005子犬たち


前回もいた、子犬ちゃん達も、優しい家族を待っています。

003 子犬2


動物との出会いは、ペットショップだけじゃない。




犬種名はなくても、世の中に

たった1頭しかいない

1匹しかいない

       大切な、大切な命が、 このセンターにはあるのです。



現在当会で引取りをする子達は、検疫中の子を抜かし

セター4頭 です。







ks090626-012009年6月26日 2009年7月2日 旭市二 セッター 白黒ブチ メス 中 ベージュ色の布製首輪


この子は収容された次の日、亡くなりました。

可哀想に・・・・・。



本日ガンドックが5頭収容されていました。


減ることがないセンターの収容頭数


そして持ち込む人たち・・。


  持ち込む前に努力して飼い主探しをして欲しい。


私達にできることは、誰にでもできるんです。


多くを助けるわけじゃない。


あなたは、あなたの飼えなくなった動物だけ飼い主を探せば

いいだけなのに、その努力も労力も使えないのか・・・・。


そして、いなくなった子を見つけ出す努力を

是非、お願いします。



















スポンサーサイト


黒MIX 5ヶ月くらい ♂に関して
お問い合わせが多い、黒MIX フラット似の子ですが
当会にて、検疫をお願いしております。

保護場所も問題ありませんので
緊急ではございません。

皆さま、温かいメッセージとともに
ご心配くださり、本当にありがとうございます。

ガリガリのため、まずは検疫を乗り切れるかどうかです。

元気にセンターからこちらに来るよう、祈るばかりです。

※桃金さんの記事に『フラット』とあるため純血種と思われているようですが
 似ていますが、純血なのかどうかはわかりません。
 また、どこのセンターからの子か、聞いていませんので
 確実に夷隅、安房なのか今はわかりません。
 次回、センターに行く際確認してきます。


お問い合わせへのお願いです
記事にしている動物達の詳細をお知りになりたい方にお願いです。

例>
記事の子を預かりたい(里親になりたい)ので、以下のことをお知らせください。
年齢、性別、性格等他


上記ご参考いただき、お問い合わせくださいますようお願いいたします。

生死のみお知りになりたい等のお問い合わせはご遠慮ください。

また、引き取り希望でもなく、『この子、この先どうなるのですか』と
このブログをご覧になった方からセンターへお問い合わせがあるようです。

センターの職員の方も、私も、許される時間は限られています。
皆さまのお問い合わせが『詳細を知りたい』と言うのみでは
何をセンターの方に尋ねていいのかわかりません。

また、何度もセンターに問い合わせることは、職員の方への迷惑ともなります。

お問い合わせは完結にお願いできれば幸いです。

また、当会の発信するセンターの情報に関しましては
今後当会宛にご連絡をいただきますよう、お願い申し上げます。

お問い合わせ内容によってはお返事できない場合も
ございますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。




“ 年をとる ” ということ
6月23日(火曜日)
セター3頭のお迎えに、センターへ。

昨夜の雨もすっかり上がり、良い天気になりました。
暑くなるとの予報。
日差しもやや強く感じられました。






今日は、まず、子犬犬舎へ。



子犬1

子犬2




子犬 ビーグルmix




子犬 白



みんな、かわいい子たちばかり。

中には、自分のブースから窓枠によじ上り、隣のブースへと入り込んでいるやんちゃな子も。
終いには、ブースを遮っている壁、子犬たちにはかなり高い壁の上をとことこ、とことこ・・・。
狭い幅しかない壁の上で上手にUターンして、また窓枠に降りて自分のブースへ戻っていきました。



最後の写真の白い子は、吠える事もなく、尻尾をぴょこぴょこ。
とてもおとなしい素直そうな子でした。








抑留施設内では、まず負傷動物の部屋へ。





負傷犬 柴

早く元気になるんだよ。





負傷猫

横たわったままの猫。
 
痛いんだね。




シェパード


この子には、何度も会いました。

早く出られるといいのにね。







そして・・・








親子








前回、金子さんがセンターに行った時、出産していたお母さん犬。

子供の数が少ない・・・?









本当に悲しいことに、お母さん犬が我が子を食べてしまったそうです。

ストレスは相当なものなのでしょう・・・。

せめて、この子だけは無事に育って・・・。
















ブリタニー





ブリタニー2


ブリタニー

こちらに真っ先に寄ってくる、人なつっこい子でした。

それまで、頑張って!








2日目部屋


奥のブリタニーMIXの子も、元気そうです。

手前のあなたも、頑張るんだよ。










3日目


この部屋に入っていた、フラットコーテッドの男の子。

首に、緑色のリボンをつけていました。



フラット



廊下に出して少し歩いてみようとしても、ここでの状況に怯えているのか全く歩きません。

歯の状態からみて、まだ5ヶ月くらいの子供のようです。

検疫をお願いしています。







フレブル1




フレブル2


 
フレンチブルドッグの子。

この姿勢が楽なのか、足の状態によるものなのか、この座り方を崩しませんでした。

アパートの近所にも黒いフレンチブルドッグの子がいて、会うといつも挨拶してくれるので、一瞬どきりとしてしまいました。






かわいい子なのに、なぜ君はここにいるのだろうね。









3日目 黒



立ち上がって、さかんに寄ってくる黒い子。

こちらで保護しているジャックより、ちょっと大きな子です。

かなり、人なつこい子です。






3日目 奥




3日目 隅



部屋の奥で横たわったり、隅でじっと伏せている子たち。

なんとなく、諦めの気持ちが見え隠れしているように思えてしまいます。









オレンジポインター


ぶんたさんのところで保護して頂ける、ポインターの男の子。

とても甘えん坊の様子。

カメラを向けるたびに、ちゃんとおすわりしてカメラを見つめてくれます。




言いたいこと、伝えたいことがあるんだよね、きっと。





オレンジポインター アップ





オレンジポイと仲良し



オレンジポインターくんと寄り添うようにしていた子です。

金子さんによると、前回来たときも、やはり2頭で一緒にいたそうです。

おとなしく、優しそうな子です。








白


引き締まった体の子。

君はお散歩はしてもらえていたのかな?









この日の最終部屋。


部屋の外には  「 水曜日 」 の札がかけられていました。


24日 水曜日に、スイッチが押されます。

最終部屋



動かずに、じっとしている子。

自分の運命をわかっているのでしょうか。





最終部屋 柴



部屋の中を、ずっとくるくる動き回っていた子。





今日のこの時間、この部屋には、この2頭が入れられていました。













ケージ




壁際のケージの中の子。

他には、ミニチュアダックス。

そして、こちらで引き取るセターの男の子が入っていました。











子猫


センターに収容されて間もないのでしょうか?

体が濡れていたちいさなちいさな命。


最初はか細い声でしたが、次第に大きな声で鳴きはじめました。



元気に大きくなるんだよ。


頑張れ!


それしか、声をかけてあげられませんでした。







ヨーキー1


虚空をみつめているかのような子。


ヨーキー2


きれいにカットしてもらえると、よりいっそうかわいいことでしょう。



コーギー



廊下側のガラスに寄ってきて、一生懸命に声をあげていたコーギー。




管理室


おとなしく見つめる子。



























          生きているものは、みんな年をとります。



          人間だって、犬だって、猫だってみんなそう。













      
      
      
       



老犬1





老犬2





老犬3





老犬4







部屋の中で、じっと立ちすくみ、こちらを見るのにも大儀そうに顔を向けていたこの子。

背中の毛は、ぼさぼさでした。

とぼとぼと、本当にその表現がぴったりの、そんな歩き方をして部屋の隅に向かっていきました。
  








       なぜ、この年で家族と離れてこの子はここにいるのでしょうか。


       初めて会った私でさえ



 
  
             支えてあげたい


             手をさしのべたい

 



       そんな風に思う気持ちが湧き上がってくるのに。








       こんなに年をとるまで、一緒に生活していたのではないのでしょうか?






       いっぺんに年を取ってしまったわけじゃない。

       だんだんと老いていく姿を、間近でみていたのではないのでしょうか?


       そうしたらなおのこと、愛しさも募るのではないのでしょうか?


       











             そうじゃないの?














        そうじゃない人間が


        私からすれば、本当に信じられないことが出来る人間が




             やっぱりいるのですね。



       









           
         だから、この子は、この子たちは


                 ここにいるのです。







        

                               桃金
  
         

       


命の輪
6月15日(月)
検疫が明けた子達をお迎えにいきました。

センターに向う途中、里親様宅に送り届ける犬のバリケンがないことに気づき
Uターンして、メンバーの菊さんたくへ。。

バリケンのサイズを測り、注文する事にして
センターに急いで向いました。

すでに午後も回り、道も混み始めて来ました。


センターに着くと、コンクリートの壁の向こうから
子犬の悲しい鳴き声が響いてきました。



職員の方の手があくまで、先に収容部屋を見せて頂くことに・・・





なんてこと・・・・・

 収容されてから、出産したそうです。

13日か14日のどちらか・・・・


ちばわんさんが、心待ちにしていたダルメシアンの『ミルキィ』ちゃんを思い出しました。

ミルキィちゃんは、センターでお産をし自分の体をすり減らし
子犬9頭を産みました・・

そして、力尽きたのです。

ちばわんさん、スタッフ皆さんもミルキィちゃんを迎え入れる準備をされ
引き出しの日が目前の出来事でした・・・・。


この子も、心も体もすり減らしていくのだろう・・・

何とかしなければ・・

011推定6月13~14日生まれ

012母犬


子犬ちゃん、前回もいました。

かなり痩せています。

前回は吠えませんでしたが、ストレスのため
一生懸命吠えて呼んでいました。

早く出られるといいね・・。

013ゴールデンらしき子犬


鑑定室にダックスが3頭収容されていました。

ダックスフントは捕獲収容、または持ち込みの上位です。

どうしてでしょう?

あなたの家族ではなかったのですか??
017鑑定室 ダックス

どうして犬と暮らしてきたのか・・・
019ダックス2頭

このビーグルちゃんも前回もいました。


前回同様、ただじっと、こちらを見ているだけ。

まったく吠えません・・・・

目をそらすことなく、ただじっと見ています。


自分の名前を呼んで!と言っているようです・・・・

025ビーグル


子犬たちもかわいい盛りを この中で過ごさなくてはいけないなんて。

もうすぐだよ、頑張って!

028鑑定室子犬?


029検疫部屋子犬

ビーグルミックスの子達が全部で5頭いました。

030子犬

引き出しがあった後なのか・・少し子犬の数が減っているような気がしました。

子犬犬舎に移動したのかもしれません。

032子犬たち


ぶんたさんに預かって頂くことになっているポインター♂

とても性格のいい子でした。

体はやや大きめ。オレンジですね。

頑張って!

ぶんたさん、ありがとうございます!

よろしくお願いします。



033ポインター


040ポインターオレンジ


034ポインターオス



セターの前にいるブリタニーMIXの子は、ちばわんさんがお声をかけてくださいました。

同じ千葉県で活動しているボランティアとして、お互い協力し合い
声を掛け合えることは、本当に心強く、ありがたいことです。

こうして、1頭1頭 『命の輪』が広がり始めています。


どこにどの子が行くのかで、1頭でも多く救うことができます。


ちばわん Yさんいつもありがとうございます!


041収容部屋



こちらで保護している、セターのセナ君似よく似ている子。

大振りの素敵な子です。


名前はキース君と命名。

042収容部屋

ブリタニーの子は、こちらで引き受けることになりました。

とても美人さんで、小ぶりです。

甘ったれの性格は、センターでも垣間見ることができました。

頑張って!生きていてね!
045ブリタニー



この子犬たち、ぶんたさんちにも3頭、何とか命をつなげたようです。

センターに後5頭います。

子犬犬舎に移動になる予定です。


お問い合わせは、当会まで!
072子犬


この子は、引取りを考えています。

可哀想にこちらを向くにも必死です。

ビーグルのMIXのようです。

073子犬(引き取りたい子)



この日、初めて手術室に入りました。


そこには子猫たちが・・・・・。


手のひらに乗るほどの小さな命たち・・・


頑張って生きています。

この子達が求めているもの・・・・

温かい寝床、そして安住の地

終の棲家です。


是非、室内飼育で迎えてあげてください。


080子猫


救えるのは人間だけです。

082子猫


085子猫


086子猫


091子猫



若いMIXの子もいました。

092若いMIX



センターでお会いするのは2度目。


でもお話しをしたことがありませんでした。


その方とはワンコが居るしあわせのますびぃさん。

とても素敵な優しい方でした。
ますびぃさんは、収容犬のシャンプーをしてくださっていました。


お会いでき、お話できとても嬉しかったです。


また一つ 『輪』 ができました。

095ルーシー セターメス



検疫中のセターの画像を撮るのをますびぃさんに手伝っていただいて。


とてもかわいいセターちゃんです。

当会保護のサニー君と同じ行動、そして『ハイタッチ!』を披露してくれました。


もうすぐだよ。

ここから出られるからね。








この日、初めて見たセターの女の子。

負傷犬として収容されていました。


とても綺麗な子でした。


この子も、6月中にはセンターアパートにやってきます。




020セターメス

021セターメス



そして、もう1頭、♂のセター。


後ろ足を負傷しています。


足が痛いせいで、すこし緊張します。

『さぁ、来なさい!君の心の痛みに比べれば私はなんだって平気だよ!』

そう思わせたこの子の目・・・・


セターがどうしたらこんな風になってしまうの?


何があったのか聞いてみたい。


時間をかけてゆっくりケアして行きます。

079セターオス 負傷



先月から6月まで、昨年とは比べ物にならないほど
ガンドックが収容されてきます。


犬種の特性を考えたら、マイクロチップは絶対必要です!!



落としてなくなる鑑札より、マイクロチップの義務化を!!!
迷子札も必ず必要です!落ちない様に飼い主さんがきちんと考えて
あげてください。


オス・メスに関係なく、不妊・去勢は受けてほしいと思います。
増やさないからいいのではなく、犬の健康のためにも
手術は有効な手段です。

病気になってからでは、手遅れになることもあります。


予防のために有効な手段です。




ブリタニー&ポインター
お声がかかっていなかったブリタニー ブリタニーMIX ポインターは
ぶんたの家さんが、引き受けてくれることになりました!

どこもかしこも満杯状態です!
みんないい子ばかりですから、、必ず、ご縁があるはずです。
生きていれば、必ずめぐり会えるはずです!


命のリレー、最後は里親様にバトンタッチできるよう頑張ります!

ボランティアさんは365日大募集です!

15日に検疫をあける3頭を筆頭に続々こちらに来ることになります。

お手伝いいただける方、是非ご連絡をお願いいたします!!




緊急事態!!
本日、引取りの子含め、現在センターにいるガンドックの頭数を伺い
唖然としています。

こちらで引き受けた子達は

■セター ♂  白黒
■セター ♀  黒白
■セター ♂  トライカラー
■セター ♂  白茶 負傷
■セター ♀  白茶 負傷
■ポインター ♂ レバー



引き取り先が決まっていない検疫済みの子

■ブリタニー ♀ 白茶
■ブリタニー ♀ 茶白
■ポインター ♂ レモン

上記3頭、どなたかお預かりいただけないでしょうか?
もしくは、医療行為が終わっている 里親様を待っている子のなかから
お預かりいただけないでしょうか?

1ヶ月の間にこれだけの数がでてくるなんて、異常です!


ギブアップはしたくない!
でも、これ以上は当会のシェルター収容はできません。

フィールドタイプのセターは、大型ではなく
中型犬で、体重も 16~17キロくらいです。

今回のポインターも20キロくらいの小ぶりの子です。
体重は筋肉の重さによって違いますが
大きくなく、バリケンにも入りなれている子も多いため
お世話することは、そんなに大変ではありません。

ブリタニーの親子と思われる子達は本当に愛らしくかわいい子でした。
家庭犬として、すぐになじむでしょう。

どうか皆さま、助けてください。
お散歩ボランティアとしてどうか助けに来てください!!

お願いいたします!!


お散歩ボランティア 募集!!!!
このブログにて ご紹介させて頂いている通り、 現在収容中の
ガンドッグ 多頭おります。


ボランティア 緊急 募集します!!!


人数が増えれば 救えます。
当会は あくまで 個人運営です。(認定団体ではあります) 
ボランティアのほとんどが 仕事あり・子供あり の状況です。
限られた時間の中での お世話にも 限界があります。

現在 幸せに巣立った子を抜いて 14頭を 2人で朝夕2回お世話してます。
平均4時間超のお世話は 上記条件の人にとって 決して 余裕のある
お世話ではありません。 お散歩・ご飯・お薬・お掃除は必然ですので
それを何とかこなしている状況です。


そこに 新たな子を迎えるには

皆様のお力を お願いするほかありません。

ボンさんが(代表)が以前言ったとおり、

救いたいのです。 今 緑の床の上で

悲しい悲鳴を上げている 彼らを救いたいのです。

一緒にお世話していただけませんか?

でも われらの シェルターは 現在検疫中のワンの場所を
確保するので 精一杯です。

預かりさん 緊急 募集します!!

検疫にかけたと言っても 期限があります。

どうか 赤い糸をつなぐ 時間の猶予を下さい。

里親さん がんばって探します。

その時間を どうか つないでください。

ガス室で 苦しんで殺されることだけは 避けたい!!!


どうか 時間の猶予を下さい。

現在5頭は引き取り依頼してますが、 このままでは
ガス室行きへ 送ってしまわなければいけない子もいます。



助けてください。 ボランティア 預かり 共に
この子達を救ってください。


平伏してお願いします。 お力を貸してください。


ご賛同頂ける方は コメントへ メールアドレスを載せて
ご返信下さい。 ボンさんorローよりご返信させて頂きます。
二人とも 仕事を持つ身故 若干お時間頂くこともありますが、
どうぞ ご理解下さい。 必ず返信申し上げます。


ご自身が ボラ 預かり共に無理な場合(理解しております) は
どうぞ ご友人等 ご転送いただけること 心よりお願い申し上げます。



センターのガンドッグ アパートお散歩ボラ ロー☆









第15回フリマ集計報告
お蔭様でフリマ無事終了しました
こちらに集計結果をUPしておりますので、どうぞご覧下さい。
フリマのご報告


6月2日にセンターへ
ゴールデンぽい子犬
期限が来たら譲渡対象になります。
皮膚疾患があり、痩せていますが元気ないい子でした。



003子犬
005負傷
008MIX
011ぼる
014ビーグル
015シバ
018シャム系
019秋田系
021ビーグルMIX



023ボーグルMIX
024検疫部屋


5月13日、会ったときも子犬に背中を貸していました。


0205月13日
025収容部屋
026セター
028マジック
035マジック
037収容部屋MIX
039ガンドック
043セター
044、キース
047ブリタニー
048ブリタニーMIX
053ブリタニーMIX
057ポインターメス
059収容部屋
060スコッチ
075検疫済み
078生まれたばかりの子犬
079子犬


ダンボールは棺となり

この子達にはとても大きすぎるものでした。

1匹だけ、息をしていました・・・・





082子猫





085子犬



今日お迎えに行った子達3頭です。


086ガリガリセター
093ポインターメス
095ビーグルMIX
103ビーグルセターメス
114ビーお散歩の帰り
105ビーグルセター
101ポインターメス






日記を今日は細かくUPできませんが
取り急ぎ、画像をあげます。


この日、ガンドックは最終期限が来ていない子を含め
9頭いました・・・・・









最終部屋に1頭。
処分が近いです。
助かることを祈ります。


■コーギー位 
足は短く、とても小さい子です。
性格はとてもよく、動きはコーギーそのもの。
誰からも声がかかっていない子です。
年齢は推定2~3歳くらいだと思われます。
073最終部屋




Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。