センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


光と影  明と暗
4月10日、金曜日。

日中の最高気温が20度を超えるという予報が出たこの日、金子さんとセンターへ向かいました。

そう、この日はガス室から生還した、あの雄のポインターと検疫をお願いしていた雌のポインターのお迎えです。

センターの周辺も、初夏のような陽気、澄み渡った空が続いていました。








062センターの子


建物内に入った私達が、まず目にしたのは、1日目の部屋で、こんな風におなかを見せ、くねくねとしながら寝そべっていた子の姿。
不謹慎ですが、こんな無邪気な姿を見て、ちょっと微笑ましくもありました。
でも、ここはセンターの中。
それを思い起こし、その後かえって哀しみが・・・。




同じ部屋に入っていた子たち。

064譲渡の子

穏やかそうな子。

065譲渡の子

健気な目をしてみつめてくる子たち。


066譲渡の子

おとなしそうな子たち。




067譲渡の子





職員の方から、今日は譲渡予定の子たちを1日目の部屋に入れているのだと伺い、幾分ほっとしました。
無事に、ここから出ていくんだよ。
今度こそ、これからの場所でこそ、新しい家族におなかを見せて甘えて甘えて・・・。
そして、そのおなかを、その頭を、その体全体を優しく撫でてもらうんだよ。





検疫部屋の子たち。

069検疫部屋

そんなにせまい所から体を出してでも、隣の子とくっついていたいの?
せめて一緒にいられる相手がいて、良かったね。



070検疫部屋

おとなしいね。
じっとしてるんだね。





別の検疫部屋には、3月17日付けのセンター記に書かれた、「悲しき母犬」が入っていました。
流産なのか、頭と足の先がない子を産み、その子を必死に守ろうとしていた白い犬。

赤ちゃんが・・
                   (前回掲載画像)


部屋の入口に一番近い所につながれ、私達に向かって、ずっとずっと吠えていました。


          「番犬をしているのかもしれませんね。」


金子さんと、職員の方との話です。

この子と同じ部屋には、後ろ足が痛いらしく、足を床に付けられずいる子も入っていました。










07セター

体の大きさといい、顔の感じといい、こちらで保護しているメーネを思い起こさせるセターの女の子。




078セター


じっとじっと、おすわりしていました。
アイパッチが印象的です。




083ポインター


このポインターの女の子が検疫をお願いしていた子。






そして・・・。










084ポインター







・・・やっと、逢えました。








             『 奇跡の子 』








部屋の扉を開け、職員の方が導いて下さると、まっすぐにこちらへ駆け寄ってきました。






怖かっただろうけど、よく頑張ったね。

苦しかっただろうけど、よく生き残ったね。



私達のもとへ来てくれて、本当に嬉しい。

生きていてくれて、本当に本当に嬉しいよ。




今は、やせっぽちの体をただ抱きしめて、何度も何度も撫でて、そして語りかけて・・・。

それしか出来ないけれど、一緒にアパートに帰ろう。














087MIX


こんな風にのびをする姿も、




088検疫



こんな風に、立ち上がってこちらを見つめる姿も。
(積み上げられた、このケージの他のスペースには、フレンチブルドックなども入っており、満杯でした。)

写真の背景がセンターでなければ、家庭で良く見られる、ごくごくありふれた日常の1ページなのかもしれません。
そう、センターでなければ・・・。








093子犬たち


小さな段ボール箱に入れられた、ちいさなちいさな、でも大切な命たち。
体の大きさは、大人の手のひらより少し大きいくらいだったでしょうか。

この子たちの母親はどうしているのでしょう。
元気でいるのでしょうか。
子供たちだけ捨てられたのか、それとも・・・。


どちらにしても、まだ授乳期だと思われる、こんなかわいい盛りの子たちと引き離されて・・・。




096子犬たち

譲渡会で、優しい家族に巡り逢えるよう、願う事しかできません。




098子犬B


君のこともね、祈っているよ。




099持ち込み

この子は、持ち込まれたそうです。

手入れをしてあげれば、もっともっと愛らしいお顔がよくみえるのにね。
かまってもらえなかったんだね。








そして、最終部屋の子たち。

102火曜日処分


この部屋の子たちは、このままいくと 4月14日 火曜日 に天国へ召されていきます。




残された食事の回数は、あとわずか。


この子がフードの入った箱の上に寝そべってしまっているので、他の子たちはあまり食べられていないのかもしれません。

少しでも食べさせてあげたい・・・。


でも、私にはこの子を責める気持ちは持てません。

だって、君も逝ってしまうのだものね。




111白い犬

 
ずっと吠えて、私達に訴えかけてきた白い犬。





114最終部屋





115子犬とMIX


黒い子も、一生懸命何かを伝えようとしています。



117子犬とMIX


そして、吠えることなく、じっと、ただただじっと、私の目をみつめていた大きなMIXの子。隣にいるちいさい子が、どれだけじゃれついても、なすがままにさせていた温厚な子。
君は、そのままの穏やかな顔で天国へ駆け上がっていくのかな・・・。




                                辛い。











146満開


センターのすぐ横にはたくさんの桜の木。

きれいに咲き誇っていました。

ここがセンターでなければ、綺麗綺麗と素直に観賞できたでしょう。

センターでなければ・・・。


桜を見て、こんなに胸が締め付けられるような思いをしたことはありませんでした。





2頭


抑留施設から、まぶしい光の中へ飛び出した2頭のポインター。






ポインターメス1


満開の桜の木の前で、のびのびとしている女の子。

ひらひらと舞い落ちてきた、1枚の桜の花びらをじっと見つめ、そして、それで遊びたそうに、楽しそうにしていました。




143ポインターメス



 
心が苦しいセンターでのお花見も、それでもあなたたちに見せてあげられたのだと考えればいいのかな。

この日、光の中へ帰ってきた君たちが、来年も、再来年も、これから何回も桜吹雪の下を歩けますように。

そして、その横には君たちのことを慈しんでくれる家族がいてくれますように。



                   (撮影は全て金子さんによるものです。)




                               桃金
スポンサーサイト


願わくば・・・
本日、センターの職員の方からお電話をいただき
こちらで検疫をお願いしていたセターのメスを、他団体のボランティアさんが
譲渡を希望している、とのお話をいただきました。

こちらで、検疫をお願いした段階から、このセターの命はつながっているわけで
できるならば、お声をかけている子ではなく、まだ引き取り先がない子を
お願いしたいと思いました。


このお話が、先月にあったのなら、私たちが救いたい子は
他にもいたのです。

そう、シェパードMIXの子です。


こちらでの引取りには、頭数制限があるため
ガンドックが、多く出ているときには、助けたくても
他の子はできません。

しかし、その段階で、このセターに他のボランティアさんが
声をかけてくれていたら、このセターを他のボランティアさんに託し、
他の子を助けることができたのです。
あの時、私たちはあの子を見送らずにすんでいました。


検疫中の子以外の引取りをなるべくすることが
多くの命をつなげることになります。
同じ子にお声をかけることがないようにしていきたいと思います。




これで1頭スペースができました。
引き取り先のない子の中から、私たちは
救いたいと思います。

現在、負傷している子がいますので、そのこの引き出しを
明日お願いしようと思います。


こちらを見てくださるほか団体のボランティア様
以上、よろしくお願いいたします。
このセターの子、どうぞよろしくお願いいたします。
望まれていくのなら、私たちも嬉しいです。


sh090319-012009年3月19日 2009年3月26日 野田市岡田 セッター 白 メス 中 革製・黄色首輪



4月7日
本日、セターメスを希望されたボランティアさんからご連絡をいただきました。
里親になりたい方がいるとのことでした。
もし、トライアルが上手くいかなかった場合についても、この子の将来、必ず
幸せにしてくださるとのお話でした。

今回のことがあり、また一つ、ボランティアさんとつながり
今後の連絡もできますので、本当に良かったです。

Y様、ご連絡ありがとうございました。
お考えも、今回のこともご丁寧にお話くださったことに感謝申し上げます。
私こそ、ごめんなさいね。




こちらで検疫をお願いしている子は、こちらのブログで
これからも掲載しますので、今後はセンターを通さず直接
ご連絡をいただけるとお話がスムーズに運ぶと思いますので
よろしくお願いいたします。(Y様もこのようにおっしゃってくださいました)
ありがとうございました。


それではお互い頑張りましょう!


一年の区切りに・・
3月31日、言葉にはできない感謝とそして寂しさとがこみ上げてきました。

千葉県愛護センターが大きく変わる中、ご尽力くださいました
所長様が、この日をもって異動になりました。


お会いしてお礼を申し上げたいと思っていたのですが
都合がつかずに、お見送りもできませんでした。


MR DD君と言うポインターを引き出したとき
書面への記入等々があり、私の手からリードを受け取り
『手続きしてください、お散歩してますよ』と声をかけてくださった方が
所長様でした。

私は職員の方と思い、『ありがとうございます~』と帰ってしまいました。
気さくに話しかけてくださり、ボランティアの気持ちを聞いてくださったり
時には厳しく、決して話だけして終わるということはなく
そのときそのとき、きちんと答えを出してくださいました。

その一つ一つが、今形になって現れています。




31日所長様がおっしゃったこと・・・

『時代の流れに乗っただけです』とおっしゃいました。

『いえ、そんなことはないです、時代の波に乗れないセンターもあります』と
申し上げました。

私たちボランティアを信じ、動物を託してくださることは
本当にご心配だったことでしょう。

そこから、信頼関係が築かれ、今こうして活動ができること
本当にありがたく思っています。


所長様を初め、センターの職員の皆様の異動がこれからあったとしても
今までと変わりなく、今まで以上にセンターとボランティアの連携が
取れることを願っています。


私は所長様に沢山のことを教えていただきました。
まだまだお話したいこと、教えていただきたいことがありましたので
異動されることを知ったときは、本当に残念でした。

高校の卒業式のようです。
涙がこぼれてしまうほど、残念でした。

所長様本当に1年間ありがとうございました。

私たちも頑張ります。







Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。