センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クロラブ引き取り
1月27日(火曜) すっきりした青空が広がるセンター。

052センターにて

抑留棟の上にも太陽の光がふりそそいでいました。
この中の動物たちには、太陽の暖かさなど感じることもない・・・

中は寒いのだろうな・・・

053センター抑留棟



今日はクロラブちゃんを引き取りにきました。

このブログで、こちらでの引き取りを・・と書いたことから
詳細を知るボランティアさんたちから連絡がありました。

032おなかが大きいラブ

昨年、12月4日に収容され、他のボランティアさんが引取りを約束してくれていましたが
お腹が大きくなり、センターで子供を産ませた後、親を引き取るという内容でした。

こちらでの引き取りを決めた理由は

お産をした場合、検疫部屋がこの子のために使えなくなること

離乳時期までセンターにおくことになること(約2ヶ月近く)

妊婦ではなく、腹水なら 一刻を争うことになること

職員の方の数も足りないこと

上記の問題点も考え、こちらでの引取りを決めました。
妊婦なら子供を産めば、親は助けてもらえますが
病気なら、この子は検疫を乗り切っているにもかかわらず
引き取り手がいないと思いました。

すでに検疫が終わってから、1ヵ月半もセンターにいるのです。
(検疫は約2週間)



センターの子を引き取る際
センター内で子供が出来てしまうことも想定し
メスは引き取らなければなりません。
その覚悟を持って、検疫をしてほしいと思います。

お腹に子供がいるからセンターで生ませて・・なんて論外です。
センターで産まれても、パルボ感染で死ぬ確率は高いのですから。





12月11日、私がセンターで声をかけていた子がこの子でした。
同じ子だとは、引き取るまで知りませんでした。
ガリガリで、フードBOXに入っていた子。
ジャックによく似てると、声をかけたのです。

014クロラブMIX


1ヵ月半ぶりのお外。
どんなに気持ちいいことでしょう。
10クロラブ
103クロラブ










子供がいるお腹にしては張りすぎている・・などなど
ボランティアみんなで心配しました。

病院へ行った結果、妊婦ではなく フィラリア末期の腹水でした。

先生があと1ヶ月早かったら、こんなにならずになんらか打つ手は
あったと思う・・と。

115のんちゃん
113ノンちゃん


のんちゃんと名づけたクロラブちゃん。
腹水が5リットル取れました。

少しは楽になったでしょう。

フィラリアの数は多く、これから時期をみて
フィラリアを取り除く手術をしなければなりません。

5リットル
のんちゃん

今の状況では、いつフィラリアが血管につまり
死に至るかわからないということです。


フィラリアは蚊にさされ感染する病気です。

フィラリアと言う虫は、本来予防で防げるもの。
毎年5月から12月まで薬を飲ませればいいだけ。
お家の中にいる子も、フィラリア予防は絶対必要です。

お散歩中にだって刺されることはあります。

予防薬さえ飲ませれば、病気に感染することもありません。

フィラリア感染症は、一番長く苦しみながら
犬が死んでいくのです。

必ず予防してほしいと思います。

長いセンター暮らしから開放されたクロラブ 『のんちゃん』
みんなに甘えて嬉しそうです。

また1頭、救うことが出来ました。


※追記しておきます

フィラリアは感染しても初期ならば、治療が可能です。
そして、怖いものではありません。
今は医学も進歩し、感染しても親虫を殺す治療があり、完治します。

簡単に説明しますと
方法は以下のとおり。

初期のミクロフィラリア(フィラリアの幼虫)ならば、毎年飲ませる予防薬を
毎月12ヶ月間飲ませ続ければ完治します。

親虫がいても上記の方法で、数年後には親虫もいなくなり完治します。

手術による方法では、直接心臓内に寄生しているフィラリアを取り除く方法があります。

薬を注射し、親虫を徐々に弱らせ殺す方法もあります。

全てを経験していますが、フィラリアは怖いものではありませんし、十分ケアも出来ます。

どの病気でも、早期発見早期治療が必要です。

スポンサーサイト


ゴールデン返還!
0121tukizaki.jpg
市町村や都道府県の境界線を超え、保護される迷い犬。

保護された場所が、その犬が住んでいる場所とは限らない。

飼い主さんは、自分の犬が逃げると住所地の、
保健所、警察署にしか
連絡をしない方がいるが、必ずご自分の住所を中心とする
周りの保健所・警察署に届出をしてほしい



今回、夷隅保健所に迷子の届けを出していた飼い主さんの
犬が、市をまたぎ市原市で保護され管轄外の保健所に収容されていた。

保護された場所、逃げた場所を地図で確認し
犬の足で移動できる距離と判断し
犬の特徴・逃げた日が一致していることから連絡を取った。

違う市で保護されているものとは飼い主さんは思わなかったらしい。
そういう飼い主さんが多すぎます。

また、高齢者が多い地域などは、ネット環境になく
収容情報を見ることが出来ないケースもおおいので
なるべく、情報提供することも命を救う結果になるとおもう。

ゴールデンは21日に逃げ、本日無事に飼い主さんのもとに帰ることが出来た。

夷隅保健所の担当の職員の方から

『無事に飼い主さんの元に帰り、1頭の命を救うことが出来ました。』と
ご丁寧にご連絡をいただきました。

迷子札、鑑札、マイクロチップが入っていたら
すぐにおうちに帰れます。


皆さま、必ずつけてあげてください。
もしつけていない方がいたら、啓蒙お願いします!


死ぬな!ロック!!
今年初めてのセンター。

昨年に会った子達はもういませんでした。

所長さんにご挨拶をし、少しお話をさせていただき
担当の職員の方の手があくまで、検疫中の子に会いに行きました。

負傷部屋には、かわいいクロのプードルちゃんがいました。
赤いリボンは薄汚れて、毛も固まりだしています。

002クロぷー

収容情報はないので、外から見るだけにしました。
甘える声で一生懸命呼んでいます。

威嚇されたほうが心が楽です。
出してあげることが出来ない・・・・

訪れるたびに、この声を聞くたびに心が張裂けそうになります・・・・

010MIX.jpg


昨年、収容されたピットブル・・・

ブルドックではなかった・・・

この子は、殺処分が決まりそうです。

人には問題がない、でも動物に対しては攻撃的でむかっていくそうです・・・。

なぜ、この犬種を飼ったのでしょう?

この犬種を飼うなら、徹底した訓練が必要です。

珍しさで飼ったのではないでしょうか?

だれも飼っていない犬種やあまり飼われていない犬種を
好んで飼う方がいますが、その子の習性や自分のライフスタイルを考え
犬を動物を選んでいただきたい。

このピットブルは、処分されるために生まれてきたのではありません。
012ピットブル

こちらでも手が出せぬ、難しい犬種です。

この目を見て何をお感じになりますか・・・・

009ピットぶる



検疫をお願いしていたポインター
MIKIちゃんが名前をつけてくれています。
あったことはないのに、ぴったりの名前です。
 
『ロック』 

  可哀想にパルボ感染しました。

冷たい床で震える ロック・・・ 


生きて!  頑張って!ロック!!

立ち上がる事も出来ずに ようやくこちらを見ました・・・
019ロック

奥には、人懐こいゴールデンとラブがいます。
頑張って!!

017ゴールデン&ラブ

鈴のついたセターは、画像で見るよりも痩せています。
お迎えにくるから頑張って!!

このセターだけじゃない!
      
 どの子も、どの子も!頑張って生きててほしい!!

  チャンスは皆様が与えてくださらなければ、この子たちには
  めぐってくることはありません!

  
025鈴つきセター

奥に横たわる子の命が終わろうとしていました・・・

とても小さい子でした。

収容されたときにはすでに弱っていた老犬です。


035ここにも・・





もう臨月ですね。
センターで子犬が産まれても、きっとパルボ感染するでしょう。

いい環境で、暖かいところで・・・
堕胎はもう出来ません。

早くここから落ち着く場所への移動をと祈ります。
引き取り手がない場合は、こちらでの保護を考えています。

032おなかが大きいラブ


胴輪がついています。

シェパードがこの部屋に2頭入り、とても怯えています。

059胴輪

どの子も怯えた目です・・・

   みんな怖いでしょう・・・
058シェパード


本日、北海道のかよ母さんに送るオパールちゃんとセターのセナ君の2頭を連れ帰りました。
           クリック!!

060セナ&オパール


ポインターロックのことを思うと心配ですが
元気になってくれることを祈りながら、センターを後にしました。

来週お迎えに行きます。



引き受けたセター ♂ 3歳くらい
性格のいい子ですが、バリバリのガンドックでした。

063セナ
071セナ


1頭返還になっていました。
トライアルカラーのオレンジの首輪の子です。

メス、セター1頭
オス、セター1頭
オス、ポインター1頭が検疫中です。


シェパード2頭飼い主が放棄
本日センターへ行ってきました。
そこへ、飼い主が2頭のシェパードを持ち込みました。
尻尾をかすかに振ったその後、悲しい別れと悟ったのか・・・
表情が変わりました。


持ち込まれるシェパード


2頭ともメスです。
1頭は7歳、もう1頭は少し若そうですが・・
とってもいい子たちでした。





収容部屋に入れられ、しばらく様子を見ていましたが
攻撃する様子もなく、他の子から逃げるように
尻尾を丸めていました。


043シェパ
052メスシェパ
055シェパ


ガラスに前足を掛けて『助けて・・・ここから出して・・』と訴えていました・・・。

なぜ、最後が殺処分なのか・・・・

人間は身勝手すぎます。

どんな理由があるにしても むごいことです・・・。

この子たちは、ボランティアへの譲渡、一般譲渡をするようです。


まとめて5頭!
帰ると思っていた、セター&ポインターもお迎えには来てもらえず
引取りの子が増えました。

22日には♂のセター

sh081222-022008年12月22日 2008年1月5日 野田市目吹 セッター系雑 白黒 オス 大 茶革首輪

30日以下4頭
これ以上、セター&ポインターが収容されても引き受けられなくなりましたので
預かりをしてくださる方、センターから里子に迎えてくださる方のご協力を
お願いいたします。

in090108-032009年1月8日 2009年1月15日 成田市滑川 セッター 茶白ブチ オス 大 赤とピンク色布製首輪・鈴付
in090107-012009年1月7日 2009年1月14日 栄町須賀 セッター 白茶 メス 中 黄色首輪
sa090107-012009年1月7日 2009年1月14日 九十九里町作田 セッター 白黒 オス 中 赤色首輪
01071月7日(水)いすみ市深堀白茶の斑オス 中  こげ茶色革製首輪1月14日(水)

以上5頭引き受けます。

この子達の受け入れが終わり、どの子か預かり宅、もしくは里子に行かない限り
次の子は救えません。
しばらくセンターからの引き取りはお休みすることになりそうです。



かよ母さんのところに行く予定のMIX君も順調だそうです。
22日にセター君と連れ帰ります。
in090105-022009年1月5日 2009年1月9日 白井市笹塚 レトリーバー系 黒 メス 中 赤色首輪 若齢



後がない・・
1月8日 11日に記事にしているセター&ポインターは全頭飼い主が見つからず
収容期限を迎えました。

鈴つきセターもポインターも飼い主が迎えに来ると思いましたが・・・
こちらでの引き受けを考えていますが、収容場所がとうとう塞がりました。

すでに医療行為等が終わっている子に関しては
どんどん預かり募集をするつもりです。

千葉県の猟犬放棄は日本で1位。

疲れきって、やせこけて、最後の命のともし火を
センターで燃やし尽くすには悲しすぎる・・・

今日、ポインターのハニーが息を引き取りました。
私は留守で、看取る事は出来ませんでしたが
センターでなくて良かった・・

057ポインター



                        短い・・・短すぎる時間でした・・・
                           


不幸な土佐犬はあとを絶たず
私の暮らしている土地は、昔から闘犬で有名なところ。
今でこそ、闘犬をさせているところは見ないが
幼稚園小学生のときは当たり前のように
家から1分くらいの空き地で、よく闘犬祭りのようなものが
開催されていた。

いまだに闘犬(土佐犬)ファンがこの地には多い。
きちんと飼育されている土佐犬は少なく、犬舎に閉じ込められていることが多い。
昔のように、犬を飼う人が、あまり多くないのなら別だが
今では3軒に1軒の割合で犬を飼っている世の中。

本来土佐犬は人間に従順で優しい犬といわれてきたが
散歩や訓練などをきちんとせず、狭い犬舎に閉じ込められている
事が多くなり、ストレスを抱えている土佐犬、グレデン、ボクサーは多い。

先日もセンターに8頭近く土佐犬が持ち込まれ
全てその場で『薬殺』されたそうだ。
この光景を bumbooさんが見ていた。

逃げた土佐犬が散歩中の人間を襲い射殺された。
中京テレビ


鈴つき セターが・・・
またまたセターが収容されました。

期限は15日まで。

きれいな男の子ですね。

現在猟期なので、逃げてしまう子が多いのでしょうか。
それとも散歩のとき?

おうちに帰れることを祈ります。

in090108-032009年1月8日 2009年1月15日 成田市滑川 セッター 茶白ブチ オス 大 赤とピンク色布製首輪・鈴付


3頭のガンドック&レトリーバー系
今日、レトリーバーMIXの子を引き出したいとかよ母さんから電話をいただいた。
                          クリック!
昨年、引き取ったオニキス&オニールに良く似ていることもあり
出来るなら助けたいとのことだった。

まだお声もかかっておらず、明日が期限。
今日、検疫をお願いしました。
名前も決まっていました。(画像一番下)



以下3頭またガンドックが入っています。
収容期限は14日まで・・。

飼い主さん、お迎えに来るでしょうか・・・。

千葉県はどうしてこんなにも猟犬が多く収容されるのか・・・
猟犬飼育者が多いのは間違いないですね。

もし、飼い主が見つからない場合はこちらでのレスキューを考えていますが
現在、保護場所は満杯ですので、現在保護中の子達の
預かり先を募集します。

in090107-012009年1月7日 2009年1月14日 栄町須賀 セッター 白茶 メス 中 黄色首輪
sa090107-012009年1月7日 2009年1月14日 九十九里町作田 セッター 白黒 オス 中 赤色首輪
01071月7日(水)いすみ市深堀白茶の斑オス 中  こげ茶色革製首輪1月14日(水)




預かり先募集

ベンチタイプ オーク君は、医療行為は全て終わっておりませんが
状態はいいほうなので、預かり先を探したいと思います。

オーク 5歳
性格温厚で甘えっこです。


bonke-vogue8.jpg

てりぞう君 3歳くらい

甘えん坊でかわいい子です。
ウェスティを一回り大きくした感じ。

bonke-terizou7.jpg


モス君 6~7歳(去勢・ワクチン済み)
性格温厚で大人しい子です。やや散歩の引きがありますが
たいした事はありません。
bonke-moss1s.jpg

連絡先 090-8305-3718 金子まで

検疫を乗り越えたら、かよ母さんの待つ北海道へ。

名前はオパール君。
in090105-022009年1月5日 2009年1月9日 白井市笹塚 レトリーバー系 黒 メス 中 赤色首輪 若齢


2009年始動はこのセターから
皆さまあけましておめでとうございます。
昨年は、応援ご支援くださいましてありがとうございました。

今年も出来る限りセンター記を更新していこうと思います。
昨年は叶いませんでした、千葉県内の保健所抑留施設の見学など
積極的に申し入れていきたいと思います。

今の段階では、抑留施設の見学画像は許されませんが
それでもお願いして行こうと思います。

『願えば叶う』『継続は力なり』これらの言葉通り
諦めない心がいつか伝わるときがきます。

すぐには無理でもいつか必ず・・。

千葉県の改善点として、今後に活かせることですし
千葉県に収容される動物たちにとっての今後にもかかわることです。
千葉県知事に声をあげるまえに、中を知らなくては
何も伝えることは出来ない・・・
そう思っています。

年明け早々引き出し予定のセター君です。
お休みに入ってしまったので、詳細が分からず心配ですが
生きていてほしいと願います。

sh081222-022008年12月22日 2008年1月5日 野田市目吹 セッター系雑 白黒 オス 大 茶革首輪




Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。