センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フリマのご報告
フリマ開催ご報告クリック
無事に終了いたしました。
本当にありがとうございました!
スポンサーサイト


♂ E・セター 検疫中
まだ若そうなセター君、検疫中です。
準備も万端!後はセターちゃんが来るのを待つのみ!

元気で頑張ってほしいです。

sa081010-012008年10月10日 2008年10月17日 横芝光町新井 セッター 白茶 オス 中 青色の首輪

ブリタニーのモス君ですが、何も食べずに1週間。
補液とインターフェロンが効いたようで、夜中の1時過ぎ
ようやく鳥のささ身ペーストを少しとフードを少し、食べてくれました。
下痢は続いていますので、補液もしばらく続けます。
何とか持ち直したようです。
ご心配くださいました皆さま、ありがとうございました!


モス君も・・
こちらに来てから、水溶便のモス君。
1回目の検査ではパルボは出ませんでしたが
様子が悪く、食欲も落ち、まったく食べなくなりました。
かなりの血便です。
昨日、再検査をお願いしパルボ感染が分かりました。
かなり、厳しい状況です。
とっても穏やかなモス君、これから3日間、インターフェロンに通い
自宅での補液を開始します。


シェパード・オリア報告
10月9日 柏保健所から引き出されたシェパードのオリアちゃん。
現在、預かり先が見つからずに、アキラさんのおうちで見ていただいています。
オリアちゃんは、8歳のため預かり中に看取ることも考慮しなくてはならないため
保護主のフォルママさんのところに行きます。
今月いっぱい、こちらでのお預かりとなります。

10月13日(月)
血液検査にアキラさんが連れて行ってくれました。
体重 32.15キロ
血液検査 全て正常値でした。

これから残されたオリアの犬生が、幸せに満ち溢れていることを
願うばかりです。

フォルママさんも、大変でしょうが頑張ってください。
これからも応援しています!

フォルママさんに送り損ねている画像、ここでUPしておきます。

シャンプー後のオリアちゃん
20081012 003-oria
20081012 009-オリア
20081012 011-オリア
20081012 025-

アラン&オリア-1








シャンプーやさんでも、べた褒めされたくらい、本当におりこうさんです。
昨日、アキラさんからの報告では、明るさが出てきて
はしゃいでいるそうです。

アキラさん、急な話を快く引き受けてくださってありがとうございました。
看取り覚悟と決めたところでしたが、やはり保護主さんのもとで
皆さまへの報告も含め、していただけることが一番かと思いますので
今月いっぱい、お世話になりますがよろしくお願いいたします。



カレンダー販売開始です!
今年度もカレンダー販売の季節がやってまいりました!
カレンダーお申し込みはこちら
  
  クリック

★ 一部 1000円 (税・送料込み)
CDサイズ 卓上カレンダー 
プラケース入り(117mm×117mm)
5冊以上お買い上げで+1部プレゼントの特典付き!
表紙

千葉県動物愛護センターのレスキューを始め、半年が過ぎました。
思ったより病気の子が多く、また負傷やフィラリア、癌などの病気になってしまっている
子たちがいます。
皆さまの暖かいご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます
センターの子供たち、そして三番瀬の子供たちの医療費・食費・お家賃として
売上金は全て大切に使わせていただきます



いつもお願いばかりで申し訳ございません

★カレンダーを自宅販売してくださるボランティアの方
★カレンダーを お店においてくださる方

★カレンダー販売等のポスターを貼って下さる方

★HPなどにリンクをはってくださる方

是非、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
ポスターはこちらからお送りさせていただきますので
お電話、もしくはメールをいただけますようお願いいたします。


命の値札
今日、愛護センターにセターちゃんをお迎えに行ってきました。

高速を走り出すと、雨脚が強くなり前の車の水しぶきで
視界が悪く、のろのろ運転となりました。

センターに着いて、事務手続きを先にしていると
背中から、男性の声で『犬、連れてきた』と聞こえました。

振り返ると、入り口の正面にトラックが止まっており
その時、ちょうど来ていた千葉わんさんから
『2日ご飯を食べないから連れてきたんですって』と聞いて驚いた。

かなりの老犬、素直そうな顔立ちの子・・・
後そんなに長くはないであろうこの子を看取れないなんて・・・。

老衰になって食事を取らなければ、犬として、飼い犬としてもうおしまい。
そんなひどいことってない。

人間とは残酷な生き物だ。

手続きを済ませ、抑留塔に向かった。

入り口のガラス越しにシーズーが見えた。


この子は引取りが決まっているそう。
                 良かった・・・
001シーズー

負傷猫、意識はしっかりしている。
 今度生まれてくるときは、あたたかい家族に包まれる生活であることを
祈って、さよならをした。

002負傷猫


かわいい子猫、人なれしている。
どうして、ここにいるんだろう・・・・
003子猫

下から覗くダックス。
この犬種もいったい何頭収容されるのだろう。

ダックスを飼った人に聞くと、思ったより吠えるし
大人しくない・・という。

もともと、ダックスは大人しい犬種でもないし、ましてや飼い主に躾をするだけの
時間、心の余裕がなければ、どんな犬種であっても
ルールは学べません!

飼う前に、しっかり考えて!
また、ご自分のライフスタイルを考えず、犬種ばかりにこだわって
誤った選択があることも多い!

しっかり、ご自分のライフスタイルを認識し、そこに合う子を探してほしいと
心から思います。

006ダックス

手続き中、職員の方がおっしゃっていた『柴犬ブリーダー崩壊』004柴
007柴

一部屋に純粋の柴犬が5頭。
どの子も小さい柴ちゃんで、とてもかわいい子ばかり。

なんと、後に出てくる画像を見てください。

一部屋に15頭収容されていました。

かなり小ぶりの、ミニ柴犬、黒い柴、茶柴、
前代未聞の事態です。

柴犬がお好きな方、一般譲渡でこの子たちを是非
里子に迎えてあげてください!


MIXの子達、若くてかわいいふわふわちゃんでした。
触ってあげたくても、それはできない。

心を凍らせるしかありません。
008MIX.jpg


右に写っている、マウンティングをしている子、こちら引き取りのセター。
検疫をお願いします。
この中で逃げ場もなく、かかってしまうこともあります。

メスの場合、引き出しのときはお腹に赤ちゃんがいる覚悟を
しないといけません。

015セター


当初、引き出しの予定ではなかったのですが最終期限。
収容情報に負傷とあったため、この日連れて帰りました。

私たちが引き取っている子は、見て決めることはほとんどありません。
収容情報の画像か、もしくはセンターの方からの持ち込みのために
載らない子の連絡を受けて。

出してみなければどんな子かも分からない。
でも何とかなるもんですね。

全て、時間と慣れ、そして何よりも彼らの頑張りのおかげです。

017断尾




044セター部屋1

この画像、見てください。
こんなにかわいい柴たちが沢山入っています。

この日はブリーダー崩壊の柴が全部で20頭以上か・・・

ここに入れば、どの子の命も同じ。
値札も取られた柴犬たち・・・

君たちは何のために売られてきたのだろうか・・・

買う人も、買われる犬も本来幸せになる為に売られなければならないのに。

命は、本来お金には換算できない物なのに・・・

038柴5

ここ数年、日本海外とブリーダーの倒産がどのくらいあったのでしょう。
国は、このままこの問題を放置しておくのでしょうか。

都道府県、市町村の規約が絶対必要!

薄利多売をしても、飼っている方が多くなり
後は売れ残るばかりです。

その売れ残りを、可哀想だと買う。
そのお金が結局この子達を作り出しているのが現状なのです。

買わなければ、売れ残りの子は不幸になる・・・
そう思い、皆さん助けるつもりで買うのでしょうが・・。

036柴3
045柴2

コーギーも毎回収容されています。

子犬の頃だけかわいがり、手がかかってくるともてあます。

おかしいですよね・・・

026コーギー

子犬たちが最終部屋に。

世の中、どれだけの人が犬を飼いたいと望んでいるか?
せめてこの子達の中から、家族として迎えてくれる人が増えたなら・・・

025最終部屋にも子犬


027子犬

たった1頭、寄り添う犬もなくじっと座っていました。
心細いね・・・

030子犬

今日引き出したセター&セターMIX
047セター&ブリタニー?

顔のゆがみがあるものの、かわいい女の子です。
まるで メーネのよう。

050せたーMIX?

ブリタニーなのか?尻尾が短い。
車を開けると、一生懸命に前足をかけ乗ろうと試みる・・・



051車に

『ここから、早く連れ出して!』

言葉にできるなら、そういったのかもしれない。
この姿に、思わず涙が溢れ出した・・・

052車に2

この車の行く先など知らないのに、助かったことが分かるのか?
ここから連れ帰る子は、ほとんど自分から車に乗るのだ。

054引き出し2頭

検疫をお願いしていたのは、メスの子だけなので
2頭とも、今日はガレージに寝てもらうことに。

♀セター マリア 5~7歳
シャドフラパパさんがリンダのためにつけてくれた名前。
この子にいただきました。

057セター


モス君 ♂ブリタニー?
5~7歳

負傷は見当たらず。
かなりの水便・・キッドではパルボ-。
今後もしっかり管理していかなければ。

056ブリタニー?


安心して眠るこの子達を見て、救えたことに感謝し
また、この子達が元気に里親さんのもとに送り出せる日が来ることを信じて頑張ります。


ドックスクールアイルの主催者 シャドフラパパさんは
当会から卒業する猟犬たちの躾等の訓練、遊ばせ方などご相談を受けてくださる訓練士さんです。
また無償で行ってくださいます。
※当会の協力訓練士さんですで、どの子でもと言うことではございません。



不要な命と見放されたガンドックたちに、シャドフラパパさんの下で
フリスビーや、競技など教えていただき、飼い主さんもガンドックも
きっと楽しい時を共有できる、そう願っています。




ジャーマン・シェパード引取り
本日、フォルママさんの助っ人で、柏保健所より ジャーマン・シェパード ♀の一時預かりとして
       クリック    
連れて帰ってきました。

オリア ♀ 8歳

008.jpg

性格温厚・従順 無駄吠えもなく しっかりついて歩きます。
長い間閉じ込められていたのか、つめは伸び放題。

センターを後にする時『キューン』と職員の方のそばに行こうと泣いていました。

004オリア

頼るところもなく、心細いときに手を差し伸べてくれた優しい職員の皆さま
本当にありがとうございました。

オリアは職員の方のそばに行こうと必死に引いていました。



縁あって、我が家に数日、ステイすることになったオリア。
今日来たばかりというのに、不思議なほど我が家の一員になっています。

他の犬や猫には攻撃性もなく、我が家の保護ワンハスキーのランと
尻尾フリフリのご挨拶でした。

11日以降預かり先がない場合には
三番瀬パワーマックの里親様 アキラさんのおうちにて一時預かりとなります。

オリアは今、自分の居場所を求めています。
私の目を見ては、匂いを確かめては、また歩き出す・・その姿がいじらしく
お散歩に行っても、帰り道は我が家にまっしぐらでした。




フォルママさんは、このブログを通して知った、愛護センターに収容されていたシェパードの
シーザー君の里親になってくださった方で、センターに入るシェパードが多いことを知り
1頭でも救いたいと頑張っています。

皆さまの暖かいご支援を是非お願いいたします。
口座等はフォルママさまのブログにございますので、お問い合わせを
よろしくお願い申し上げます。

里親募集他はのお問い合わせもフォルママさまのほうに
お願い申し上げます。

こちらへお問い合わせをいただきました際は、フォルママさまに転送させて
いただきます。


015オリア

優しい顔立ちのオリア

016オリア

お散歩もまっすぐ、お利口について歩きます。
コマンドに従う素直なオリア。
とっても魅力的なシェパードちゃんです。

014オリア

画像は全てクリックで拡大されます。


保護NO 35 訃報
残念なご報告をしなければなりません。

グレデンちゃんが、10月6日 腸捻転のため亡くなりました。
不妊後、一時は具合が悪くなりましたが、とても元気になって来た矢先のこと。
ご協力いただいたO様にも、最後の最後までお世話をおかけしました。

皆さまに応援いただきまして、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

動物病院の先生、O様ご尽力いただきありがとうございました。




Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。