センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 
苦しむために、悲しむために生まれてきたんじゃない!愛されるために、愛するために、あなたに会うために 生まれてきたのです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


18年後の約束
5月30日、検疫をお願いしていた セター♂ MIX♀をお迎えにセンターに行きました。
この日は、かねてからご協力のお申し出をいただいているbambooさんと一緒に向かいました。

センターに到着すると、子犬たちの鳴き声・・・
 外にまで聞こえる悲しい声が、私たちを出迎えていました・・・・。



抑留塔に入ると、飼い主の迎えをひたすら待ち続けた、あの犬たちがまだいました。
122.jpg


飼い主はもう、迎えに来ることがないそうです。
子犬2頭のうち1頭は検疫部屋にいました。

こんなに増やし、飼いつづける事ができないのなら
するべきことは一つ。

初めの1頭で不妊去勢をすること。

そして、自分の経済能力、時間、環境、家族を考え
飼いきれない頭数は飼わないこと。


バカな飼い主のおかげで、この子達の中には殺処分される子も
出るのだろう。
何ヶ月もこの中に入れられ、その挙句は処分・・・・

この中の1頭でも来週残っていれば、助けてきたいと思う。


抑留塔入ってすぐ右手の部屋には、負傷猫が収容されている。
息絶えたばかりの白猫が、えさの器の上にのけぞって亡くなっていた・・・
苦しかったろう・・・

同じ部屋には、飼い主が持ち込んだシェパードが入っていた。
かなり大きい♂シェパードは、私のコマンドにも素直に従い
とても従順で優しい顔立ちだった。

   どんな理由があるにしても、苦しい処分をこの犬に受けさせる
 むごい飼い主だということは間違いない。

猫の亡骸にも目もくれずに、呼ぶとそばに来る。
そして、自分から、汚物に汚れた自分の『ハウス』に入った、なんともけなげなこだった。


汚れた床の上を歩くシェパ・・・
早く出られるといい・

CIMG0553.jpg
CIMG0552.jpg

131シェパ



同じ部屋にセターらしい♀が・・・
6月3日が最終期限

やせすぎの体、汚物があるためにそばに来たくても
こられないというような感じだった。

前足もつくと痛いようで、心持持ち上がっていた。

この子に決めた・・・
入ってすぐ、引き取りを申し出て次の部屋に向かった。


128メス
メス しろ



街角のカフェのポストカードに出てきそうな子犬も・・・
この日は、生後3ヵ月半~6ヶ月の子ばかりが多かった・・・

006111.jpg


こちらも見ることなく、、、、
00711111.jpg
  



震え固まる子・・・優しそうな柴雑の子

00811111.jpg


なんと声をかければいいのだろうか・・・

 期待をさせてごめん・・・

最近センターに行くのがつらくなった。

そばによれば、みんなが期待をする。

救いもしないのに・・・・

期待をさせてしまった子には、本当に罪悪感で一杯になる。

017111.jpg


最終部屋の子たち。
  とてもステキな長毛の子・・この子もレオ君のようなかわいい性格の子なのだろう。

0291111.jpg


赤くびわの♀。
かわいい子だから、きっと他団体が引き出しているだろうと思ったが
声はかかっていなかった。

本日最終期限 この部屋から救い出したい。

01911111.jpg
0251111.jpg




またもや、飼い主が持ち込んだポインター♂
 外人が飼育していたそうで、英語しかわからないということだった。

026111.jpg


腰骨がこの子も出ている。


部屋の左隅に、こちらをじっと見ているコーギーMIXの子がいた。
028111.jpg


周りを見ると、床をずった跡が・・・・
 足を見ると不自然な方向にある。
下半身を負傷しているらしい。

私の呼びかけに顔を傾ける。

センターの方に『あの子を・・』といったが
 あの子は、パルボだと思います、と断られた。

その奥でうずくまる小型犬・・・
 ほとんどの小型犬は、他団体が引き出してくれているので
最終部屋にいるのはめずらしい。

職員の方に、あの子を見せてほしいと頼み
連れてきてもらった。

後ろを向いて伏せていたが、こちらを向いた瞬間、驚いた・・・。

CIMG0549シーズー


ずるずる引きづられるシーズー

  『いいです、抱きますから』と抱きかかえた。

その瞬間、鼻をつく膿の臭い・・・

足には包帯が・・・

CIMG0546.jpg


顔がどこにあるのか、目がどこにあるのか・・・

表も裏も、これではわからない。

『この子、今日連れて帰りたいのでいいですか』と訪ねた。

今日、飼い主が持ち込んだ18歳のメスのシーズーということ。

18歳?なのになぜ持ち込むのか???
胸にはかなり大きな乳腺腫。

抱いたときに、大きさを感じた。

こんな状態になるまで飼う?いったいどこで飼育していたのか?

この足の包帯はなぜあるのか???

飼い主を教えてほしいと、喉まででかかった。

2頭の迎えに来たが、シーズーをいれ3頭引き受けた。

検疫をお願いした子は 以下3頭
この子達を残して、病院に向かうためセンターを出た。
01911111.jpg
メス しろ
026111.jpg


引き出したセター♂
0471111.jpg


bambooさんと一緒に記念撮影
0391111.jpg


職員のかたが残してくれたMIX♀
どこかで見たような・・・・
0331111.jpg


この子に似た子が、5月初め収容されていた。
そのときの画像
どこからどうみても血縁関係だ。

131 4gatu 1niti
125  4月1日


画像を撮り終わったとき、センターの回収車が戻ってきた。
駆け寄ってみてみると

回収

マッドになった毛には、糞尿が・・・
どんなに不快な中で飼育されて来たのか。

職員の方が『この子はシュナウザー?何犬だ??』と・・。
その後ろには、ダンボールに入った生後1ヶ月齢の子犬が・・・
譲渡会に出す予定だそうだ。

シュナウザーは、期限を待っての引き出しになるそう。

0561111.jpg


人はどれだけ罪を犯せば気がつくのか・・・
 後どのくらい犠牲にすれば気が済むのか・・・

毎回同じことを思う・・・


続シーズー

目も毛が固まり開けられずにいるシーズー。

0571111.jpg


この日は、病院には間に合わず
次の日の朝一に病院へ向かった。

この状態を見た菊さんがこれじゃ治療もできないと、トリミング屋さんに無理無理頼み込んでくれて
まずは病院へ。

132シーズー
133シーズー
CIMG0547.jpg


包帯の中から漂うすごい匂い・・
先生もあまりの状態に驚いていた。

はずした包帯の中を見て、驚愕した先生・・・

137包帯


ぽろぽろと落ちる 蛆虫・・・
143シーズー2


外傷から、潰瘍になり化膿しているみたいだ・・
『このままではだめだな・・・毛を刈らないと・・』と先生。

138シーズー


足の怪我の周りは先生がはさみでまずは切ってくださり
包帯を巻いてトリミングへ・・・。



病院が終わる前に急ぎで仕上げてくれたトリミングハウスさん、ありがとうございました。

あの毛の下には、こんなにかわいいお顔が隠れていました。

159シーズー
161シーズー


痛い足を引きずりながら、でも今を一生懸命に生きているシーズーちゃん。


今から18年前

この子の飼い主は、生涯飼いつづけられると思ったのでしょうか・・・
何があっても、どんな姿になっても飼い続けると思ったのでしょうか・・・
最後の息が消えるときまで、抱きしめてあげると誓ったのでしょうか・・・・・

    あなたは、今から18年後まで変わらぬ愛情をかけてあげることができますか?
  どんな病になろうと、どんなに手がかかろうと、決して手放さず
            看取る覚悟はありますか・・・・。


動物は恨みつらみの感情を持っていません。

  あるのは、いつも変わらぬ飼い主への『愛と信頼』だけです。

どんなひどい飼い主でも、どんなに叩かれても蹴られても

一番好きな人はあなたなのです。

どうか、命が終わるまで 愛してあげてほしい。

人よりも短い一生なのですから

あなたは、たくさんの愛をあなたの飼い犬、飼い猫、

そしてあなたが飼っている

ペットからもらったのですから、その恩返しをしてあげてください。

最後の恩返しが『ガス室』こんなにひどいことはありません・・・・。
スポンサーサイト


BB君移動します
ビューティーフル ボーイ こと、BB君が 今月29日に預かり様の元に行きます。
現在、BB君は超超、特大ケージにおりますが
ほかのワンとの折り合いがなかなかつかずに、フリー生活はできません。

しかし、ケージ内で動けるにせよ、ほかの犬がいなければ
まったくフリーにしても、何の問題もなく、毎日アマアマのBBを傍らに
幸せな毎日なんだと思うと、今の暮らしがいかに、我慢だけを強いている生活か・・・。

悩んだ挙句、やはり預かり様の元で、1頭だけでお世話していただけたら、と思い
決断しました。

SN3B0037_0001.jpg



(床拭きをしているとき、こんな風に近くから見ています。
SN3B0038_0001.jpg
BBは、本当に賢く、利口なセター。
コマンドは必ず従い、、散歩中、早歩きになっているBBにコマンドを出さなくても
おトイレが終わると、必ず振り返り私のそばに戻ってきます。

いたずらもなく、落ち着いています。

SN3B0039_0001.jpg


29日からよろしくお願いいたします。


センター記(千葉市)
かよ母さんが、助っ人でセター、ハッピー♀を引き受けてくれ、訓練所にポインターDDを預け、
空いた2頭分のそのスペースを
ほかのこのために今は使ってあげられるのなら、、千葉市の子を救いたい。

そのことが、かよ母さん、撫子ママ、千葉市で保護活動しているみぞさんに伝わり
千葉市のセターが、こちらに来ることに・・。

5月16日、お迎えに行ってきた。

千葉市の動物指導センター、初めて訪れた。
富里の愛護センターに比べ、とても小さいところだった。

011センター


手続きをしてくださったみぞさんと指導センターで待ち合わせ、一緒に収容部屋へ・・・

入ってとても驚いた。

子犬たちの収容部屋、風通しがよく、人の気配をいつも感じられるところにいる。
部屋もとてもきれいに掃除され、あの独特の糞尿と消毒薬が混じったような臭いがない。

そして、事務室を通り過ぎ、抑留塔への出入り口があった。

中の様子は、1頭ずつの部屋分けはされていないが、とてもきれいに清掃されて
やはり糞もない。



職員の方が、わざわざセターを抱き上げて連れてこようとしてくださった。
お世話している職員の方も、昔とはどこも大違いだ。

008抑留部屋




残念ながら、部屋やセンター内の様子を画像で収めることは禁止されたが
動物にとっては、富里のような鮨詰めではないので

犬たちの恐怖感も軽減しているような気さえする。

収容頭数が違うから仕方ないのかもしれないが、その一言で終わらせてはいけないと思っている。

建物内を撮影できないことは、今の現状をお伝えしたくても難しい。

公開しないことは
『くさいものには蓋をしろ』という昔ながらの考えが息づいているのは確か。
『千葉市民のための千葉市民による・・』なんて考え方から是非、脱してほしい。

広く公開することによって『千葉市』の本当の発展はあるのかもしれない。
引き出し直後





かよ母さん、撫子ママ、みぞさん、そして、このセターのことをご心配くださった
皆々様に心から感謝申し上げます。

佐○様、武○様、ありがとうございました。




保護NO 20 ハスキー ♀
5月2日 千葉県動物愛護センターより引き受けました
■ ハスキー  ♀  5歳くらい  17キロ
■名前  らんちゃん

■人見知りはなく、誰にでも触らせてくれる。普段はまったく吠えず、
ケージの中でおりこうにしています。お散歩時、食事のときは
ハスキー独特の泣き声で『ヒャンヒャン』とうるさいこともありますが
これも時間と年齢とが問題を解決してくれると思います。
お散歩の引きは強め。長めのお散歩をした最後は、ついて歩いています。
お外飼育の子らしく、外の犬小屋でおとなしくすることもできます。
要求吠え、無駄吠えはありません。ほかの犬とは、食べ物さえなければOK。
飼い主がきちんとαを取れれば問題なし。猫は×
小ぶりのかわいいこです。


030ラン


保護NO 19 セター♂ 
5月16日 千葉県千葉市動物指導センターから引き出し(千葉市在住の方が手続き)
■ セター ♂ 7~8歳くらい  17~18キロ
■ 今まで保護したセターの中で一番大きい。

■性格温厚、家庭犬として育った様子
■目の下に傷跡あり

8042310  ○ 2008423 中央区星久喜町 セッター 白黒 おす 大型犬     2008430


保護NO 18 セター ♀
5月2日 千葉県動物愛護センターより 引き受けました
■ セター ♀  6~7歳  15キロくらい
■ 名前 ボニーちゃん
■かなりひどい乳腺腫瘍  5月11日緊急手術
 片側のひどいほうを切除。傷が治ったら反対側も切除。
 悪性の癌という見解。検査機関に出して組織を見ていただいています。
 今後、もしかして放射線治療等が必要かもしれません。

■とても穏やかで、決して吠えません。
 我慢強いこなので、今まで母犬として産んできたと見られます。

2008 04 14 2008 04 18 本埜村笠神 セッター 白茶ブチ メス 中 なし


保護NO 17 セター ♂
5月2日 千葉県愛護センターより引き受けました
■ セター ♂ 2~3歳くらい  15キロくらい
■ 名前 スター君
■ 付け 待て 伏せ 完璧です。
鳥は追うものの、ストップが利きます。
ほかの犬ともフレンドリー。ケージも車OKです。

2008 04 15 2008 04 21 佐倉市山崎 セッター 白茶 オス 大 茶色首輪




センターのセターブログ
新しいブログセンターのガンドックをUPしました。

日ごろの生活ぶり、おふざけぶり、甘えぶりをとくとご覧くださいませ。
セターのよさがにじみ出るような、そんなブログにしたいと思います。
管理人は『ガンドックシスターズ びびりまめきちさん』が仲間入りしました!


今後の予定
昨日愛護センターの職員の方とお話をしました。
現在入っているセターに検疫をお願いしたいと申し入れたとき、
金子さんが声をかけてくれるかもしれない・・と思い若いMIX犬を最終日から
分けた・・ということでした。

職員の方はご自分が勝手にそうしたのだから、引き出しを無理にとは言いませんと
おっしゃっていましたが、その子も引き受けようと思います。

菊さんはじめ、シスターズ全員、正直くたくたです。
でも、今まで収容されたセターは、3頭死亡とこちらが気がつかず
処分されていましたが、後の子は全て引き出しました。

どこからどう見ても血縁関係はあります。
新たに引き出したセター2頭は、親子関係かもしれません。

かよ母さんのお力も借り、今回は3頭預かりたいと思います。



若いセターMIX風の子♀
kt080509-01 2008 05 09 2008 05 15 香取市津宮 雑 白 メス 中 なし


セター白黒ぶち♂
in080512-02 2008 05 12 2008 05 16 成田市久住 セッター 白黒ゴマ オス 中 ひも状の首輪


千葉市のセター♂
8042310  ○ 2008423 中央区星久喜町 セッター 白黒 おす 大型犬     2008430


千葉市のセター
皆さまにご心配していただいている千葉市のセターですが
里親希望者様が2名いるとのことでしたが、ご縁が決まらず
こちらで引き受けることになりました。

引き出しのご協力をしてくださった
かよ母さん、撫子ちゃんのまま、千葉市のボランティアさんありがとうございました。
本日午後に引きだしてきますので
ご報告はまた後ほど。。。


保護ワン NO1 NO13 NO14 里親様決まりました
保護ワン NO1 ポインター アンちゃん  NO13 アイちゃん  NO14 ラヴちゃん
の里親様が決定いたしましたのでご報告させていただきます。
応援ご支援くださいました皆様、本当にありがとうございました。


生への扉
最終部屋を出たセター。
            光のあるほうへ走り始めました。

外へ出る扉を開けると・・その瞬間、足が止まりました。
        そして木々が揺れる方向にまた、走り出しました。
  

      命の続きはこの扉の向こう・・・  

           061.jpg


     長かったね、今日まで。
                   
 063生へ
 

5月2日 センターに行ってきました。
飼い主のいる子たちは、相変わらずこの間いた部屋にそのまま。
1ヵ月半ほどだった子犬たちももう、大きくなっていました。
子犬たち、このまま人の手も知らずに大きくなるなんて。



この日、持ち込まれたアラスカンマラミュートがいました。

理由は引越し

こんなに大きな犬は引越し先に連れて行くことができないためという理由でした。

今まで見たことがないくらいの本当に大きなマラミュート。
顔も体もピレよりぜんぜん大きい。

怖くて威嚇していたけど、顔はとっても優しい。
心もそうなんだよね・・・。

バカな飼い主を恨むことなど、しないのだろう。。。
バカな人間に飼われたせいで、こんな運命になるなんて。

058マラミュート


042マラミュート


人なつこい顔の洋犬、この子もいい子なのだろう・・
029洋犬


続々入る、同じ顔の犬たち。
 一番左手前の耳垂れの子、4月にも同じ顔の子がいた。収容場所も同じだ・・・

特定できないのか、この飼い主・・・野良とは思えない
030収容犬


宙君に良く似ているワン。
   
幸せになる子、命を奪われる子・・・世の中不公平なことばかりだ・・
033寄り添う犬




031収容部屋

035シーズー


チビのようなみみの子・・・
  吠えることもなく、ただただじっと見つめるだけ。
034収容部屋


038セターオス



食事もせずにじっと壁に張り付いている兄弟

    このかわいさを誰が喜んでくれたのだろうか。
アイ・ラヴ・ユウと同じくらいの月齢

 人間にできることは何か・・・
  自分が手にした命は最後まで責任を果たし管理し看取ること。

 それができないなら、里親を探すこと。

それができないのなら、自分が抱いて安楽死をしてあげること。

人がなんていおうと、このガス室処分よりいい。

苦しんで死なせない方法を・・・。

  彼らは囚人ではないのだから・・・。

043子犬


051ハッピー子犬


  もう、言葉なんて必要がない・・・この画像だけでいいだろう

046老犬

049老犬


055柴


海や花が背景なら笑顔に見える柴犬・・・
  緊張から、口角も上がっている・・・・
この日は同じ部屋に柴犬が3頭・・・首輪付き
   この子達も繁殖に使われていたのかもしれない・・・

053柴



センターの子達をレスキューし始めもう少しで半年。
 セターばかりを引き出してきたが、今回のセターはみな猟犬用に育てられているため
正直、ここから先訓練をつけることも難しく、また癌になっている子もいる。

資金面、訓練の時間、本当に労力がいる。
しばらくは、センターの子達を救うことができない。

今、手元にいる子たちの心のリハビリや、お散歩等の訓練に時間を費やし
この子達のなかで里子にいくことができたら、そのスペースをまたセンターの子たちに
使いたいと思う。

命を助けることは最優先だが、今手元にいる子達を確実に幸せへの橋渡しができてこそ
次の子を救うことが大事だと思う。
お散歩や、家庭のことも知らずにいい加減に里親様に渡してしまえば
最後に泣くのは動物であり、その子についての把握・説明を怠った自分に跳ね返ってくること。

すべては私の責任であるということ。

だから、今は次の命を救う前にやるべきことをやりたい。
助け出した命だから、だから、、しっかりと見送ってやりたい。

そう思っています。。。


引き取りワン
5月2日、センターに行きました。
3頭を無事引き取ってまいりました。


♂セター
元気そうです。
大部屋にずっといたため、かなり興奮状態です。

065.jpg



♀ハスキー 

小ぶりでなかなかかわいいお顔。
何週間も大部屋にいたため、やはり興奮状態です。
元気そうです。
059ハスキーメス



♀セターは、かなり重症の乳腺腫瘍

前足は腫れ上がり、つくこともままならず。

乳腺腫瘍は、重症のため、緊急にて手術に成りました。

性格は温厚、とてもいい子で7歳くらい。

おとなしいいい子です。

069メス

068.jpg


オスは分離不安症?閉鎖恐怖症?

ハスキーは社会性もあり、吠えませんがまだ落ち着きなし・・

メスのセターはセンターアパートへ。




センターに向かっている途中に、SOSが入りました。
ドット君がいた、ショップの店長さんからでした。

095イタグレ


お散歩中の親子が、かわいいですねと声をかけてきた女性に
『飼ってあげてください』といって放棄。

その女性が、ショップに相談に来ました。

里親探しを引き受けましたので、去勢が終わり次第開始します。
預かってくださる方がいますので、この子は里親さんを待つだけです。

♂1歳 イタリアン・グレーハウンド
とてもおとなしく、かわいいワンチャンでした。




訓練所に
本日ポインターDD君が、北海道の訓練所に旅立ちました。
半年間、訓練と体のケアをしていただき、里親様を探す予定です。

菊さんご夫妻が空港まで送ってくれました。
センターのこのお散歩に病院がけ、空港までの運搬、連日忙しくさせて
すいませんでした。
本当にありがとうございました。

Mr.DDしばらくお別れだね。
頑張るんだよ・・。
CIMG1612.jpg

CIMG1602.jpg


セターのハッピーは北海道かよ母さんが預かってくださることになり
DDと一緒に北海道へ
CIMG1601.jpg


北海道からの里親募集となります。

これからもDD&ハッピーを応援してくださいね。
以上、ご報告です。





Copyright © センターの子供達を救おう! CACI センター訪問記 . all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。