L
o
a
d
i
n
g
.
.
.
post image

セッター ポインターやはり今年も・・・

現在、CACIでは頭数制限の中でセンターからの引き出しをしています。昨年末から年明けにも捕獲収容される、セッター ポインターはまだ多く、助け出せない子、低体温衰弱などで亡くなってしまった子もいます。1月15日最終期限となった、セッター ポインター2頭を引き受ける連絡を、管轄保健所、千葉県動物愛護センターにいたしました。特にポインターは、引き受け団体、個人の方が圧倒的に少なく、また、里親希望者さんも少な...

post image

猟犬迷子、放棄多すぎます!

12月3日 昨日が収容期限切れのセッターを迎えに千葉県動物愛護センター 東葛飾支所まで行ってきました。今年は猟期に入って各県の収容情報にも鳥猟犬が多く収容されています。昨年以上の数かと思われます。目立つのは病気による放棄かも知れないと思う子たち。若い子も多く、猟に向く性格ではないと判断し捨てたのかあるいは、散歩が大変、吠えるなどで捨てたのか・・。鳥猟犬、獣猟犬は故意に産ませなければ産まれない犬種です...

確実に!

ブログ更新しました。センターでチャンスを待っている子は沢山います。引き出し候補者がいる可能性があった場合そのこをよけて、他の子を優先します。そして、だれも画像をあげたり、またセンター側も一般譲渡用として公示しません。見に来る人がいても同じことです。その時点でセンターにいるのに、誰の目にも触れなくなる。そして時間だけが流れていく・・。気にかけてくれる人がいるのなら他の子を助けたいとみんな願っているか...

post image

2頭センターから。

全国猟犬収容情報(E・セッター J/E・ポインター)クリック17日(木曜日)CACIさくらさんが セッター君の引き取りに。18日は私がポインター君を引き取りに行きました。千葉県動物愛護センターに 猟犬が収容されているのは収容情報から知っていましたが現在、当会も満杯のため、躊躇していました。そんな時、ちばわんさんの愛護センターレポートをみてためらっている場合じゃない、と思う記事がありセッターとポインタ...

post image

セッター(杏)引取り 

何ヶ月ぶりでしょう・・・久しぶりに訪れた千葉県動物愛護センターは、かなり変化がありました。まずは玄関内、そこには保護猫ちゃんたちのケージ(画像左)があり、小さい子、大きい子が新しい飼い主さんを待っていました。そして、その右側には以下の内容が書かれた紙が貼ってありました。  『選定テスト』画像クリックで拡大しますこれらをクリアしセンターから出ることができたのは、セッターのメス、小さな女の子でした。す...

post image

精一杯の思い

5月8日 火曜日。お散歩メンバーの数が減ってしまったため、新しい子をなかなか引き出す事が出来ませんでしたがご縁があって里親様のもとへトライアルに出発した子もいるため久しぶりにセンターへ引き出しに向かいました。この日は茨城へ。茨城のセンターへは初めて行くというメンバー1名とセンター自体が初めてというメンバー2名も一緒です。センターに到着し、車を降りた金子さんの姿を見て収容動物たちのお世話をなさってい...

post image

センターから2頭のセッター

1月31日 千葉県動物愛護センターより2頭のセッターを引き受けました。名前は『かりん』♀3歳~4歳かなり痩せています。触るとふわふわの毛、とてもきれいなセッターです。見ているだけではわかりませんが、触ると骨がしっかりわかります。とても大人しい穏やかな子です。名前は『マシュー』♂5~6歳体はしっかりしています。ケージから出した瞬間、初めて会ったのに『まってたよ!』といわんばかりに甘えてきました。私の顔を見て、...

post image

鉄の扉

1月6日(金曜日)午後、あわてて家を飛び出し センターに向いました。昨年捕獲されたメスのセッター、どうしているだろう・・・元気でいるのか・・。センターに到着し手続きをして、あの子が待つ部屋へ。職員の方がいらして新年のご挨拶をし、セッターがいる部屋を指差し教えてくれました。そして、もう一人職員の方がいらして『もう1頭いたんだよ、遅かったよ、昨日死んじゃったよ・・・』と。どんな子だったんだろう、いい子...

post image

鼓動

おはようございます、ボンです。12月20日、センターにセッターのお迎えに行って来ました。しかも、群馬、千葉、二手に分かれてのお迎えです。群馬は執事さんにご協力いただき千葉には私が・・。千葉県の動物愛護センターに2頭のセッターが収容されていました。1頭は、ビーグルRESCUEで頑張ってくださっているチップママさんが預かってくださりあとの1頭は、まだ収容期限内につき、性格と状態を見てきました。連れ帰った子は、大き...

post image

救える道

   <緊急!> 預かり様募集!!!   預かりをして下さる方を緊急募集いたします。12月15日(木)最終部屋にいて お座りしたままガラス越しにこちらを見ていた子。大柄なMIXと思われますがとても穏やかそうな、人なつこい子です。でも 何かがおかしい。なんだか右前足が短い?骨折しているようです。ぶらぶらした前足を持ち上げているため、正面から見ると短く見えたのでした。痛いだろうに、骨折してぶらぶらしてい...

post image

見えない表情

11月30日 水曜日。マローのお迎え。私とLabさんとで 収容棟へ向かいました。収容部屋のいくつかにステンレスケージが置かれ一頭ずつ入っています。この形になってから、初めてのセンターでしたが犬達も落ち着いており静かでした。さぁ どの部屋のケージだろうか他団体さんのレポートでは ケージの中に入っていたから奥の職員さんに伺って出して頂こう。そう思って廊下を進むと大部屋にこの子の姿が。え?なんで?ケージの...

post image

4日間の命

『ワン!ワン!』犬の声が響き渡り、そしてすぐに静かになりました。茨城県のセンターに到着し、今日引き受け予定の子に会いに収容棟に入ると、みんな大人しく伏せていました。セッターのオス 2~3歳大人しい訳、それはお世話の仕方です。喧嘩になりそうな子は小部屋に・・・部屋には毛布・・スノコ・・・便も落ちていません。小型犬も小部屋です。動きが多い子も一人部屋。いつ行っても本当に感謝の気持ちで一杯になります。そし...

post image

タイミング

10月26日 水曜日。検疫をお願いしていたセッターのお迎えにセンターへと向かいました。他団体さんのブログで見ていると骨と皮だけのようになってしまっていた 白い男の子。収容されていた部屋を覗くと一番廊下に近い窓のところにいますが、うなだれてじっとつっ立ったまま。「 こっち こっちへおいで。  一緒に帰るんだよ。  おいで。」思わずガラス越しに声をかけると、ぼんやりと顔をあげしばらくすると はっとした...

post image

目的とするもの

8月31日 水曜日。さくらさんと、センターへ引き出しに向かいました。まずは この子。最初、部屋を覗いた時は床に寝転がっていましたが私たちに気付くと、入口の前にやってきてお座りして待っていました。小柄な子です。以前引き出したパックくらいでしょうか。男の子ですが、お顔の作りは女の子のようにも見えます。外に出ると、ちょっぴり引き気味。これはこれからコントロール可能だと思います。呼べばこちらにやってきて、...

post image

飼い主現れず・・・

毎日開くセンター情報。このところ、開くたびに猟犬たちが収容されため息ばかりがでてしまう・・・。こんなこと、あっていいのか・・・家庭犬だとしても、猟犬だとしても飼い主が探していないなんて・・・探す方法も知らないなんて・・・捨てた???そんなことってあり?先日、CACIのボランティアさん、私も含め3人でそれぞれ犬を保護。3頭保護し、飼い主が見つかったのは1頭だけ。私が保護した栗太郎(MIX)は全く連絡なし、...

post image

収容動物の末路

8月4日(木)この日、オスのセッターと収容期限がこの日の5時までのメスのセッター2頭をお迎えに行きました。メスのセッターは、感染症に罹りやすく早急な引き出しが、命を繋ぐ最善の方法だと考えています。もし、万が一具合が悪くなっても私達の所であれば、病院にだって連れて行ける。最近では、検疫を待たず、引き出すこともしばしばです。この日の収容部屋の温度は29度。動物には暑すぎます。もちろん人にも空気の流れを...

post image

さよなら・・・

収容情報にでた日、すぐさまセンターへ連絡し飼い主が現れない場合、私のほうで引き受けたいとお伝えした。センターの職員の方から『かなり痩せていて、立ち上がれません。立てないようですがいいですか?』と・・。『ならば、すぐに治療してあげたいので、一旦預かれないですか?』とお願いしたのですがやはり、収容期限までは、このままセンターにと言うことで引き取りはできませんでした。こんな話も過去何回もしています。収容...

post image

タイムリミットの中で

前回、センターを訪れたのは緊急引き出しだったため職員の方とお話しすることもなくザボンちゃんを受け取り、早々帰って来た。そして昨日(20日)セッターをお迎えに行って来ました。いつも犬達のお世話をしてくださる方が2人外にいらして私の顔をみて何か言いたげ・・・『お久しぶりです、どうですか、セッターの子?』の問いかけに『いい子だよ』と。靴を履き替え、収容棟の中に入った時にはすでに、係りの方も部屋の中にいて...

あるセッターのお話

『○○市に収容されているのですが、何とか助けられませんか?』そのようなメールを頂いたのは5月の終わり。千葉県内の収容施設に捕獲されたセッターの男の子。収容されていたことをメールを受け取る前に知っていた。助けられるものならば、情報を見た時にすでにセンターに連絡をし、引取りの申し出をしている。このセッターは、ツイッターやミクシィなどで情報が流され多くの方が話題にしていると助けてほしいと言ってきた方のメー...

post image

愛おしい子

先日引き出したポインターの女の子。愛しいザボン。下瞼が目の中に入り込み、目が傷つけられています。痛いだろうに何も言えず、それでも呼べばそっと体をくっつけてくる可愛い子。大人しくて穏やかで、今は目の手術のため入院しています。私はそんなザボンの命を一度手放しました。お迎えに行った日。隔離された部屋の中をガラス越しに覗き、ザボンの姿を確認してから部屋に入りました。うーーっ と響く低い唸り声。まさかと思い...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。